「Scikit-learn」の版間の差分

→‎概要: 「ナイーブベイズ分類器」へのリンク作成
(リンクの追加)
(→‎概要: 「ナイーブベイズ分類器」へのリンク作成)
タグ: 2017年版ソースエディター
 
Scikit-learnプロジェクトはDavid Cournapeauによる[[Google Summer of Code]]プロジェクト、scikits.learnとして始まった。名前は「Scikit」 (SciPy Toolkit) つまり独立して開発・配布されるScipyのサードパーティ拡張であることを示している<ref><span class="citation web">Dreijer, Janto. [https://scikits.appspot.com/scikit-learn "scikit-learn"].</span></ref> 。オリジナルのコードベースは他の開発者に後に書き換えられた。様々なScipy Toolkitのうち、scikit-learnと{{仮リンク|scikit-image|en|scikit-image}}は2012年11月に「well-mantained and popular (よくメンテナンスされており、広く使われている)」と評されている<ref><span class="citation book">Eli Bressert (2012). </span></ref>。
 
2015年以降、scikit-learnは活発に開発されており、[[フランス国立情報学自動制御研究所|INRIA]]、{{仮リンク|Telecom ParisTech|en|Télécom Paris}}、そして (Google Summer of Codeを通して) 部分的に[[Google]]の援助を受けている<ref><span class="citation web">[http://scikit-learn.org/0.13/about.html#funding "About Us"]. http://scikit-learn.org.</span></ref> 。[[Evernote]]はscikit-learnを使用しており、ライブラリの[[ナイーブベイズ分類器]]でユーザーの投稿から食べ物のレシピであるものを判別している<ref><span class="citation web">Mark Ayzenshtat (22 January 2013). </span></ref> 。また[[Mendeley]]はscikit-learnの[[確率的勾配降下法|SGD回帰アルゴリズム]]を用いて[[レコメンダシステム|推薦システム]]を構築している<ref><span class="citation conference">Mark Levy (2013). </span></ref>。
 
scikit-learnの[[アプリケーションプログラミングインタフェース|API]]は、wiseRFと呼ばれる[[プロプライエタリソフトウェア|非フリー]]な[[ランダムフォレスト]]実装を提供するwise.ioに採用されている<ref><span class="citation web">[http://about.wise.io/wiserf/ "wiserf"]. wise.io.</span></ref><ref><span class="citation conference">Buitinck, Lars, Gilles Louppe, Mathieu Blondel, Fabian Pedregosa, Andreas Mueller, Olivier Grisel, Vlad Niculae et al. (2013). </span></ref> 。wise.ioのビジネスパートナーであるContinuum IOは、データスループットがscikit-learn実装の7.5倍に上昇したと述べている<ref><span class="citation web">Joseph W. Richards (27 November 2012). [http://continuum.io/blog/wiserf-use-cases-and-benchmarks "wiseRF Use Cases and Benchmarks"]. </span></ref> 。これを受けてscikit-learnの開発者らはメモリ使用以外の部分で、wise.ioに並ぶよう実装を最適化したと主張している<ref><span class="citation web">Gaël Varoquaux (8 August 2013). </span></ref>。