「On Your Mark」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
1994年8月3日にシングル「[[HEART/NATURAL/On Your Mark]]」の収録曲として発売された<ref>[[月刊カドカワ|別冊カドカワ]] 完全保存版430ページ CHAGE&ASKA『大事なものは変わっていく』(2000年) [[角川書店]] p1-430</ref>{{rp|402}}。
 
当初は「アメリカン・フェスティバル '94」のテーマソングとして制作されたもので、アメリカのかっこよさや、アメリカの大地の雄大さが表現されている<ref name="{{R|CA1994-8" />}}
 
歌詞に登場する「君と僕」は、男女なのか男同士なのかは明らかにされていないが、作詞を行ったASKAは「なんとなくC&Aの15周年を意識してみようと思って」と制作当時のファンクラブ会報誌で語っている。自分たちがやっていることを自然な言葉で表現しようと思いながら書いたという<ref name="CA1994-8">CHAGE and ASKAファンクラブ会報「TUG OF C&A」1994年8月号</ref>。
=== メディアでの使用 ===
* アメリカン・フェスティバル '94 テーマソング。
* [[日本電気]] CMソング<ref group="注">{{Efn2|1998年に使用された。</ref>}}
 
=== 参加ミュージシャン ===
 
=== 解説 ===
CHAGE and ASKAがデビュー15周年に当たる1994年に発表した楽曲「On Your Mark」の[[ミュージック・ビデオ|PV]]を[[スタジオジブリ]]が手掛けたことで、当時話題となった作品である。CHAGE and ASKAのコンサート会場での上演を目的に制作され<ref name="CA2007-5">CHAGE and ASKAファンクラブ会報「TUG OF C&A」2007年5月号</ref>、1995~96年のコンサートツアー「SUPER BEST3 MISSION IMPOSSIBLE」の会場で上映された<ref name="{{R|ghibli"/>}}。宮崎駿が原作、脚本、監督を務めているが、台詞はなく、映像と音楽と効果音のみで構成されている。わずか6分48秒(本編は6分40秒)の短編でありながら、映像作品としての完成度は高く未だに根強い人気がある<ref name="{{R|ghibli"/>}}
 
アニメーションと楽曲のコラボレーションは、コンサート演出用として[[ASKA]]が思いついたものである。ASKAの発案を受けて、[[Chage|CHAGE]](現:Chage)が[[宮崎駿]]への依頼を提案したことから、[[スタジオジブリ]]に企画が持ち込まれることになり<ref name="ASKA_BLOG">{{cite web|url=https://www.fellows.tokyo/blog/?id=338|title=「宮崎駿」さん|author=ASKA |accessdate=2017-06-26}}</ref>、ジブリ側も初めての試みに興味を示して快諾する。当時、宮崎は長編アニメ『[[もののけ姫]]』の制作に取りかかっていたが、順調ではなかったようである。プロデューサーの[[鈴木敏夫]]は、この企画が良い気分転換になるのではないかと考えて引き受けたと後日語っている<ref name="suzuki">{{cite Book|和書|title=天才の思考 高畑勲と宮崎駿|author=[[鈴木敏夫]] |publisher=文藝春秋 |accessdate=2019-05-20}}</ref><ref name="{{R|ghibli"/>}}
 
楽曲「On Your Mark」では、幾度挫折しようとも諦めずに未来へ向かって走る2人が描かれているが<ref group="注">{{Efn2|楽曲については[[#楽曲]]を参照。</ref>}}、宮崎はそれを、放射能で汚染される世紀末後の未来を舞台に、CHAGEとASKAをモデルにした2人の警官が翼の生えた少女を救うストーリーに仕上げている。地表が放射能で汚染され、病気が蔓延するような世界。そこで生きるとはどういうことなのかを考えながら制作したと語っている<ref name="Animage206">{{cite journal|和書|title=[[アニメージュ]]|date =1995-8|issue =206|publisher=[[徳間書店]]}}</ref>。宮崎監督作品としては、『[[天空の城ラピュタ]]』以来の本格[[サイエンス・フィクション|SF]]アクション活劇であり、[[コンピュータグラフィックス|CG]]技術を初めて使用した作品でもある<ref name="{{R|ghibli"/>}}
 
CHAGE and ASKAのコンサート会場で上演されたほか、1995年7月15日、「ジブリ実験劇場」と銘打たれて劇場でも公開される。長編アニメ映画『耳をすませば』の同時上演作品として全国の劇場で上演され、あまりの人気ぶりに当時、長編化の打診もあった<ref name="{{R|ghibli"/>}}
 
=== あらすじ ===
[[オゾン層]]が破壊され危険な[[太陽光]]が降り注ぎ、[[原子力事故]]により地表が[[放射性物質]]で汚染され、[[人類]]が地下に住むようになった世紀末後の未来<ref name="{{R|Animage206" />}}の都市が舞台。
 
{{要出典|範囲=ある[[カルト|カルト教団]]の施設「聖NOVA'S CHURCH」を襲撃、制圧した武装警官隊。その中の警官2人は、教団施設の奥で翼の生えた少女を発見する。2人は彼女を救助するも、研究資料として今度は政府機関の施設に連れ去られてしまった。2人は彼女を空へ帰そうと奮闘する。都市の出口には、「上帝擬視」「注意阳光!」「不保障生命」という警告が示されていたが、それでも自らの犠牲を厭わず突き進んで行った|date=2021年11月}}。
* サングラスをかけた警官(CHAGEがモデル)
* 茶髪の警官(ASKAがモデル)
* 翼の生えた少女{{Refnest|group="注"Efn2|絵コンテには「天使」と記載されているが<ref name="conte">{{cite Book|和書|title=耳をすませば (スタジオジブリ絵コンテ全集 10)|publisher=徳間書店 |accessdate=2001-12-31}}</ref>、作品完成後のインタビューでは「天使だとは言っていないし、鳥の人かもしれない。それはどうでもいいんです」と答えている<ref name="{{R|Animage206" />}}。}}。
 
=== スタッフ ===
{| class="wikitable" style="font-size:smaller;"
|-
|colspan="2"; style="width:15%" |製作||Real Cast Inc.<ref group="注">{{Efn2|制作当時にCHAGE and ASKAが所属していた事務所。</ref>}}
|-
|colspan="2"|原作・脚本・監督||[[宮崎駿]]
 
==== 評価 ====
* 1995年公開当時、反響が大きく長編化の打診も多かったという<ref name="{{R|ghibli"/>}}
* スタジオジブリの[[鈴木敏夫]]は、「僕らにとっても特別な作品」と表している<ref name="{{R|news2014" />}}。本作が転機となって、行き詰っていた『[[もののけ姫]]』の制作がストーリーを全て変更して一気に進むことになったと自身の著書で述べている<ref name="{{R|suzuki" /><ref name="|ghibli" />}}
 
==== 解釈 ====
* 宮崎監督は、「音楽映画だから、見た人の感じたように受け取ってもらってかまわない」としながらも、暗号のようなものはいっぱい入れていると語っている通り、見る度ごとに、様々な異なる解釈が出来る仕組みとなっている<ref name="{{R|Animage206" />}}
 
=== 備考 ===
* 1995年7月15日、長編アニメ映画『耳をすませば』との同時上演で劇場初公開された。
* 2004年、CHAGE and ASKAのコンサートツアー「CHAGE and ASKA CONCERT TOUR 2004 two-five」のアリーナ公演で、「On Your Mark」が歌われる中、ステージバックで映像が流された<ref>[https://www.youtube.com/58o1gIKYx-s CHAGE and ASKA「On Your Mark」(CONCERT TOUR 2004 two-five)] YouTube 2020年5月1日配信, 2021年11月7日閲覧。</ref>。
* {{要出典|範囲=2005年8月26日、『[[天空の城ラピュタ]]』以来のファンタジー物と銘打たれて、『[[金曜ロードショー]]』で地上波初放送|date=2021年11月}}<ref group="注">{{Efn2|メイン放送は『[[猫の恩返し]]』。『ジブリがいっぱいSpecial』の発売告知を兼ねていたことから『[[そらいろのたね]]』もこの時一緒に放送された</ref>。}}
* 2017年1月5日と1月9日、アメリカで初上演。「もののけ姫」の公開20周年を記念した上映イベントで並演される<ref>{{cite web|url=https://natalie.mu/eiga/news/215735|title=「もののけ姫」20周年上映会がアメリカで開催、チャゲアス「On Your Mark」も|work=[[ナタリー (ニュースサイト)|ナタリー]] |accessdate=2017-01-05}}</ref>。
 
==== Blu-ray ====
* 『宮崎駿監督作品集』(2014年7月2日発売)特別ディスク「On Your Mark」(2014年10月27日 - 2015年10月31日配布)
: 『宮崎駿監督作品集』購入者を対象に、期間限定で無償配布された{{Refnest|group="注"Efn2|もともと、『宮崎駿監督作品集』(2014年6月18日発売予定)に収録予定だったもの。ASKAの[[覚醒剤取締法]]違反(所持)容疑での逮捕を受けて急遽中止となっていたが(この影響で、同作品集の発売日は7月2日に延期)<ref>{{cite web|url=http://natalie.mu/music/news/117093|title=ナタリー - チャゲアス映像収録「宮崎駿監督作品集」が発売延期に|accessdate=2014-05-21}}</ref>、同作品集の購入者を対象に、本作品のみを収録した特別ディスクを無償配布するという措置が期間限定で取られる<ref>[http://www.ghibli.jp/10info/009665.html 「On Your Mark」特別ディスクを配布します。] スタジオジブリ 2014年10月27日</ref><ref name="news2014">[http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1410/27/news073.html 「宮崎駿作品集」購入者にチャゲアス「On Your Mark」特別ディスク配布 ジブリ独自の措置] ITmedia 2014年10月27日</ref>。}}。
: 日本語2.0ch、日本語5.1ch、英語2.0ch(「CASTLES IN THE AIR」)収録。
* ジブリがいっぱいSPECIALショートショート 1992-2016(2019年7月17日発売)
 
=== 注釈 ===
{{Notelist2}}
{{Reflist|group="注"}}
 
=== 出典 ===