「佐藤友昭」の版間の差分

(調整)
 
== 来歴・人物 ==
[[愛知県]]出身。[[享栄高等学校]]では[[近藤真市|近藤真一]]、[[長谷部裕]]のバッテリーを擁し、[[一塁手]]、三番打者として[[1986年]]に春夏の甲子園に出場。[[第58回選抜高等学校野球大会|春の選抜]]は1回戦で[[富山県立新湊高等学校|新湊高]]のエース[[酒井盛政]]([[伏木海陸運送硬式野球部|伏木海運]])に完封負け。[[第68回全国高等学校野球選手権大会|夏の選手権]]は3回戦に進むが、[[高知市立高知商業高等学校|高知商]]の[[岡林洋一]]に抑えられ惜敗。[[中央大学硬式野球部|中央大学]]に進学。[[東都大学野球連盟|東都大学野球リーグ]]では優勝に届かず、[[1989年]]秋季リーグに二部転落降格。[[1987年]]秋季リーグでベストナイン(一塁手)に選出されている。2年上に[[笘篠賢治]]がいた
 
大学卒業後の[[1991年]]には[[プリンスホテル]]に入社し、[[都市対抗野球大会|都市対抗]]などで活躍。[[1992年]]には[[第19回社会人野球日本選手権大会|社会人野球日本選手権]]で決勝に進出。[[東芝硬式野球部|東芝]]に大差で敗れ準優勝にとどまるが、同大会の敢闘賞、優秀選手賞を獲得。同年の[[社会人ベストナイン]](外野手)にも選出された。[[1993年アジア野球選手権大会]]、[[1994年]]の[[IBAFワールドカップ|ワールドカップ]]、[[1995年]]の[[IBAFインターコンチネンタルカップ|インターコンチネンタルカップ]]日本代表となる。[[1996年]]には[[1996年アトランタオリンピックの野球競技・日本代表|アトランタオリンピック]]日本代表に選出され、日本の銀メダル獲得の原動力となった。その後も活躍を続け、[[1997年]]の[[アジア野球選手権大会|アジア選手権]]日本代表も経験。