「SKE48」の版間の差分

3,187 バイト除去 、 3 か月前
編集の要約なし
((エラー: #time の呼び出しが多すぎます。) エラー: #time の呼び出しが多すぎます。の修正。)
編集の要約なし
|Years_active = [[2008年]] -
|Label = [[ランティス|Lantis]]<br />(2009年6月 - 12月)<br />[[日本クラウン|CROWN GOLD]]<br />(2010年1月 - 2011年5月)<br />[[avex trax]]<br />(2011年6月 - )<ref name="nat110528">「[http://natalie.mu/music/news/50274 SKE48、エイベックス移籍を東京&名古屋公演で同時発表]」[[ナタリー (ニュースサイト)|ナタリー]]、2011年5月28日、同日閲覧</ref>
|Production = [[ピタゴラス・プロモーション]]<br />(2008年 - 2011年10月)<br />[[Vernalossom|AKS]]<br />(2011年11月 - 2019年2月)<br />[[ゼスト (芸能事務所)|ゼスト]]<ref group="注">{{Efn2|2019年6月までの商号は「株式会社SKE」。</ref>}}<!--<ref name="{{R|key_ske" />}}--><br />(2019年3月 - )
|Associated_acts = [[秋元康]]<br>[[AKB48グループ]]
|URL = [https://ske48.co.jp/ SKE48 OFFICIAL WEB SITE]
|Past_members = [[#元メンバー|元メンバー]]を参照
}}
'''SKE48'''(エスケーイー フォーティーエイト)は<ref name="{{R|egg080607" />}}、[[日本]]の[[アイドル|女性アイドルグループ]]。専用劇場を[[名古屋市]]・[[栄 (名古屋市)|栄]]に有し、そこを拠点として[[中京圏]]を中心に活動している。[[秋元康]]が総合プロデュースを手掛ける[[AKB48グループ]]の1つで、[[2008年]]に誕生した。運営会社および所属事務所は[[KeyHolder]]傘下の[[ゼスト (芸能事務所)|ゼスト]]、所属レーベルは[[avex trax]]([[エイベックス・エンタテインメント]])である。
 
== 概要 ==
AKB48自体も含めて日本国内に6組、国外を含めると10組あるAKB48の「姉妹グループ」の1つで、AKB48最初の姉妹グループとして2008年7月に結成<ref group="注">{{Efn2|2008年7月30日に第1期生が決定していて、公式サイトでは「2008年7月に誕生した」とされている。なお、2009年の結成1周年記念公演は7月30日に行われた。</ref>}}、同年8月23日にお披露目された<ref name="{{R|oricon111208" /><ref name="|web080822" />}}。活動の拠点である名古屋市[[中区 (名古屋市)|中区]]の[[栄 (名古屋市)|栄]](さかえ)に専用劇場の『[[サンシャイン栄#2F|SKE48劇場]]』を置いている。グループ名のアルファベット部分の"SKE"は、栄のローマ字表記('''S'''A'''K'''A'''E''')に由来する<ref name="{{R|webwhats"/>}}<ref name="egg090805">「[https://www.scramble-egg.com/artist/ske48/11tenka1.htm SKE48結成1周年記念公演『天下を取るぜ!!』記者会見]」スクランブルエッグ、2009年8月5日付、2013年1月3日閲覧</ref><ref name="{{R|web080731" />}}
 
他の姉妹グループと同様に「AKB48グループ」(「48プロジェクト」)の一翼を担っていて、「会いに行けるアイドル」という基本コンセプト、劇場公演や握手会などの基本フォーマットは共通している。また、「AKB48」名義で開催される握手会(全国握手会)やコンサートなどのイベントにも参加するほか、一部のメンバーはグループ間の兼任や移籍を行っている。さらに、「SKE48」名義のシングルとは別に、SKE48のメンバーが「AKB48」名義のシングルの歌唱メンバー(選抜メンバー)に選出されAKB48として活動を行う場合もある<ref name="{{R|webwhats" /><ref name="|handshake" /><ref name="|handshakea" /><ref name="|handshakeb" /><ref name="|handshakec" /><ref name="|handshaked" /><ref name="|handshakee" /><ref name="|handshakef" /><ref name="|handshakeg" /><ref name="|web081009" />}}
 
約半年から2年間隔でメンバーの募集を行っており、2019年までに計10回のオーディションを行い、現在は第10期生までが活動を行っている。また、AKB48・[[HKT48]]のオーディションで採用され移籍してきたメンバー、合同オーディションである『AKB48グループ ドラフト会議』でSKE48各チームに指名されたドラフト1 - 3期生も一緒に活動を行っている<!--<ref>「[https://www.ske48.co.jp/audition/ オーディション]」公式サイト、2015年9月5日閲覧</ref>-->。
 
構成はグループ名「SKE」から1文字ずつ取った「チームS」「チームKII」<ref group="注" {{Efn2|name="roma2">|単に「チームK」ではAKB48の「チームK」と区別ができないので「II」が追加されている。「II」は[[ローマ数字]]の2。読みは「チーム ケーツー」。</ref>}}「チームE」の3つのチームと、チームに所属していない「研究生」からなる。2008年10月の劇場公演開始から定員16人のチーム制を導入していたが、2014年4月に開始した新体制からは各チームの定員が20名程度に増加し、劇場公演時のみ16名出演という制度になった。メンバーは2022年1月15日時点で、チームS 19名、チームKII 19名、チームE 20名の計58名である<ref name="{{R|webwhats" />}}<ref name="profile">「[https://www.ske48.co.jp/profile/list.php プロフィール]」公式サイト</ref>。
 
2009年8月5日に1stシングル「[[強き者よ]]」をリリースし[[ランティス]](現・[[バンダイナムコアーツ]])から[[メジャー・デビュー (音楽家)|メジャー・デビュー]]<ref name="nat090608">「[http://natalie.mu/music/news/17350 SKE48「真マジンガー」テーマソングでメジャーデビュー]」ナタリー、2009年6月8日、2013年1月16日閲覧</ref><ref group="注">{{Efn2|[[ランティス]]は会社自体はインディーズだが、(この発売時点で)流通を[[キングレコード]]に委託していたためメジャー扱い。</ref>}}、翌2010年3月の2ndシングル「[[青空片想い]]」より[[日本クラウン]]へ移籍し、2011年3月には5thシングル「[[バンザイVenus]]」で初の[[オリコンチャート|オリコンウィークリーチャート]]1位を獲得<ref name="oricon110315">「[https://www.oricon.co.jp/news/85710/full/ SKE48、デビュー以来初首位 自己最高の初週21万枚]」オリコン、2011年3月15日、2013年1月3日閲覧</ref>。その後2012年7月の6thシングル「[[パレオはエメラルド]]」よりレーベルを[[avex trax]]に移し<ref name="{{R|nat110528" />}}、22ndシングル「[[ソーユートコあるよね?]]」まで18作連続でオリコン初週1位を継続している(2020年10月時点)<ref name="oricon20130723">「[https://www.oricon.co.jp/news/2026860/full/ 【オリコン】SKE48、3作連続初週50万枚突破 女性歌手2組目の快挙]」オリコン、2013年07月23日、2013年8月1日閲覧</ref><ref>{{Cite news|title=【オリコン】SKE48、自己最高初動64万枚で13作連続1位 NMB48が2位|newspaper=ORICON STYLE|date=2015-04-07|url=http://www.oricon.co.jp/news/2051210/full/|accessdate=2015-04-07}}</ref><ref>{{Cite news|url=http://www.oricon.co.jp/news/2069621/full/|title=【オリコン】SKE48、シングル15作連続1位 女性グループ歴代2位キープ|newspaper=ORICON STYLE|publisher=oricon ME|date=2016-04-05|accessdate=2016-05-26}}</ref><ref>{{Cite news|url=https://music-book.jp/music/news/news/123053|title=SKE48がシングル16作連続首位、連続獲得数女性グループ2位の座をキープ|newspaper=music.jpニュース|publisher=エムティーアイ|date=2016-08-23|accessdate=2016-08-27}}</ref>。なお、楽曲の作詞は全て、AKB48などの姉妹グループ同様に[[プロデューサー|総合プロデューサー]]の秋元康が担当している{{refnest|group=注Efn2|「[[未来とは?]]」に収録された「僕らの絆」はメンバーの佐藤実絵子が作詞を担当<ref>{{Cite news|url=http://nikkan-spa.jp/610072|title=「駆け抜けた5年間」SKE48向田茉夏が卒業|newspaper=日刊SPA!|publisher=扶桑社|date=2014-03-26|accessdate=2016-05-26}}</ref>。}}<ref name="{{R|webwhats" />}}
 
地元ライブでは、2009年5月の名古屋[[ボトムライン]]を初演に<ref name="{{R|web090420" />}}、同年7月に[[CLUB DIAMOND HALL|ダイアモンドホール]]<ref name="{{R|egg090805"/>}}、同年12月に[[Zepp|Zepp Nagoya]]<ref name="0912zepp">「[http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201001040000 SKE48、初のZepp公演を笑顔で終える]」チケットぴあ ニュース、2010年1月4日付、2013年1月3日閲覧</ref>、2010年11月に[[愛知県芸術劇場]]大ホール<ref name="1011aah">「[https://web.archive.org/web/20210417014142/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1290771858&select=stage SKE48「1!2!3!4!ヨロシク!勝負は、これからだ!」詳細最新(11.27@愛知県芸術劇場大ホール)]」公式サイト、2010年11月26日付、2013年1月3日閲覧</ref>、2012年に[[名古屋市総合体育館|日本ガイシホール]]<ref name="{{R|nat120927"/>}} と開催規模を拡大し、2014年2月には[[ナゴヤドーム]]で単独2日連続コンサート(2日間で観客66,000人)、2015年8月には[[豊田スタジアム]]で最大規模のコンサート(観客最大45,000人)を開催した<ref name="natalie109066">ナタリー [http://natalie.mu/music/news/109039 結成から5年半、SKE48が地元名古屋でついに“神々の領域”に] 2014年2月2日, [http://natalie.mu/music/news/109066 SKE48ナゴヤドーム2DAYS完遂「世界一になれるように」] 2014年2月3日</ref>。ツアーでも、2010年10月には3都市<ref name="{{R|web100907" />}}、2011年6-7月には6都市<ref name="{{R|web110626" />}}、2013年10月-2014年2月にも3都市を巡っている<ref name="{{R|natalie109066" />}}。2012年にはSKE48単独として初めて『[[第63回NHK紅白歌合戦]]』に出場した<ref name="mantan121231">「[http://www.oricon.co.jp/news/2020267/full/ 【紅白】SKE48、研究生がバク転&バック宙3連発! 珠理奈「こう、迫力のあるステージに」]」オリコン、2012年12月31日付、2013年1月3日閲覧</ref>。2014年11月からは姉妹グループ初の47都道府県ツアー「SKE48 47都道府県全国ツアー〜機は熟した。全国へ行こう!〜」を開始し、2016年4月までに22道府県を巡っている<ref>{{Cite web|url=https://www.ske48.co.jp/tour/schedule/|title=「SKE48 47都道府県全国ツアー〜機は熟した。全国へ行こう!〜」特設サイト SCHEDULE|work=SKE48オフィシャルサイト|publisher=AKS|accessdate=2016-05-26}}</ref>。
 
== 特徴 ==
=== 活動方針 ===
AKB48が掲げる基本コンセプトである「会いにいけるアイドル」を踏襲し、劇場公演、握手会などの[[ファン]]サービスを行う<ref name="{{R|press090421"/>}}。メンバー間およびメンバー以外との恋愛禁止なども共通している。一方で、2013年初め頃まで茶髪禁止のルールが設けられているなど、イメージ面でAKB48などとの差別化を図っていた部分もある<ref>フジテレビ『[[SMAP×SMAP]]』内「[[BISTRO SMAP]]」 2012年12月3日放送分より</ref><ref>「[http://www.rbbtoday.com/article/2013/05/14/107855.html SKE48の茶髪解禁にファン賛否……メンバーは“黒髪至上主義”に苦言も 「保守的すぎる」]」 - RBB TODAY、2013年5月14日</ref>。ロゴなどに使用されるグループカラーは {{Color sample|#ffc020}} [[橙色]](オレンジ色)。
 
=== 誕生の経緯 ===
発足以来、劇場が入居するサンシャイン栄ではSKE48関連のコラボレーションが実施されている。ビル内には、SKE48関連のポスターやフラッグが掲げられているほか、SKE48デビュー時には観覧車「スカイボート」のゴンドラにメンバーがラッピングされ、メンバーがアナウンス音声(収録)を担当していた<ref>「[https://web.archive.org/web/20210417014242/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1223099197&select=etc SUNSHINE SAKAEがSKE48色に!]」公式サイト、2008年10月4日付、2013年1月3日閲覧</ref>。また、企画イベントが行われることがあるほか<ref>「[https://web.archive.org/web/20210417014206/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1233397198&select=etc SKE48 Valentine'09]」公式サイト、2009年1月31日付、2013年1月3日閲覧</ref>、地下1階では公演の映像中継が行われることがある<ref>「[https://web.archive.org/web/20210417014316/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1223181929&select=event SUNSHINE SAKAE B1Fでの映像中継開催!]」公式サイト、2008年10月5日付、2013年1月3日閲覧</ref>。結果として、同ビルの来館者数は2007年から2011年にかけて3割増加している。
 
2011年に運営会社は[[AKS]]に移るが、同時期に[[京楽産業.]]からAKSへ出資や役員の輩出を行うなど資本関係が維持されている<ref name="{{R|egg080607"/><ref name="|toyo120507"/>}}。2019年3月には[[KeyHolder]]が新設した関連会社「株式会社SKE」がAKSよりSKE48事業を承継した<ref name="keyholder">{{cite news|url=https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/11/13/kiji/20181113s00041000388000c.html|title=上場企業KeyHolderがAKSから「SKE48」事業承継へ|newspaper=Sponichi Annex|publisher=スポーツニッポン新聞社|date=2018-11-13|accessdate=2018-11-14}}</ref><ref name="key_ske">{{Cite press release |title= 【お知らせ】アイドルグループSKE48事業開始のご案内 |publisher= 株式会社SKE |date= 2019-03-01 |url= http://www.keyholder.co.jp/dl/20190301_SKE_Notice.pdf?s.5c78ed777bd7121jnc1e |accessdate=2019-06-08 }}</ref>。同年7月1日、「株式会社SKE」が「株式会社ゼスト」に名称変更<ref name="nikkansports20190606">{{Cite news|url= https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201906060000441.html |title= SKE48運営会社が「株式会社ゼスト」に名称変更 |newspaper= 日刊スポーツ |publisher= 日刊スポーツ新聞社 |date= 2019-06-06 |accessdate= 2019-06-08 }}</ref>。
 
2008年6月5日のプロジェクト発足の記者会見において秋元は名古屋の特徴として「若者が集まりやすい」「エネルギーに満ちている」「名古屋の女の子はファッショナブルで自己主張がはっきりしている」ことなどを挙げた<ref name="{{R|egg080607"/>}}。また、全国展開として名古屋を選んだ理由について秋元は「名古屋は火が付くのが遅いかもしれないが、本当に認められれば長くファンに愛される(入口は狭いが、気に入ったらずっと応援してくれる)」という旨のことを名古屋の知人に言われたからと会見で述べている<ref name="egg090219">岡田隆志「[https://www.scramble-egg.com/artist/ske48/02tewotsunagi1.htm SKE48『手をつなぎながら』公演記者会見]」スクランブルエッグ、2009年2月19日更新版、2013年1月3日閲覧</ref><ref name="egg090615">岡田隆志「[https://www.scramble-egg.com/artist/ske48/07aitakatta1.htm SKE48チームKII『会いたかった』公演記者会見]」スクランブルエッグ、2009年6月15日更新版、2013年1月3日閲覧</ref>。
 
===SKE48劇場公演===
[[File:Sunshine Sakae 001.JPG|thumb|250px|SKE48劇場が入居するサンシャイン栄]]
[[ファイル:SKE48 theater entrance.JPG|thumb|250px|SKE48劇場の入口ゲート]]
専用劇場の『SKE48劇場』は、[[名古屋市営地下鉄]][[栄駅 (愛知県)|栄駅]]に直結する複合ビル「[[サンシャイン栄]]」の2階にある。2008年10月5日に初公演を行った。通常ほぼ毎日のペースで定期的に行われている「劇場公演」は、3つの正規チームや研究生などがそれぞれに割り当てられた演目を交代で上演するもので、約2時間の歌・ダンス・トークからなる<ref name="webwhats">「[https://www.ske48.co.jp/whatsSKE48/ SKE48とは?]」公式サイト、2013年1月2日閲覧</ref><ref name="{{R|egg081008" />}}。現在の劇場は3か月余りの改装期間を経て2012年12月9日にオープンした専用劇場である。2012年8月までは複合スタジオ『SUNSHINE STUDIO』であり、SKE48の公演以外でも利用されていた<ref name="{{R|web120727" /><ref name="|web121209" />}}。このことが、2012年春のコンサートのタイトル『SKE専用劇場は秋までにできるのか?』に採用されたという経緯もある<ref name="{{R|nat120927" />}}
 
===ファンコミュニティ===
メンバー個人に与えられているファンとのコミュニケーションツールとして、下記のものがある。
* SKE48公式[[ブログ]] - 全メンバーが対象。過去記事の閲覧に限り会員制<ref group="注">{{Efn2|チームに所属する「正規メンバー」は個別のブログだが、研究生は4〜5名で1つのブログを共有し、持ち回りで更新する。正規メンバーの記事はSKE48 Mobile会員は制限なし、非会員は最新記事のみ全文・過去記事は冒頭のみ閲覧でき、研究生の記事は会員・非会員ともに制限なしで閲覧できるシステム。</ref>}}<ref name="contents">「[https://www.ske48.co.jp/blog/list.php メンバーブログ]」公式サイト、2021年5月4日閲覧</ref>。
* SKE48オフィシャルブログ powered by [[アメーバブログ|Ameba]] - 従来はシングル歌唱メンバー(選抜メンバー)のみが対象であったが、全メンバー参加による27thシングル『[[恋落ちフラグ]]』のリリースに伴い全メンバーがブログの対象となったのを機に、28thシングル『[[あの頃の君を見つけた]]』以降も全メンバーを対象とする様改められた<ref group="注">{{Efn2|ユニットシングル「[[コップの中の木漏れ日]]」発売時は、カップリングを含むユニット参加メンバー全員が対象となった。</ref><ref name="}}{{R|contents"/>}}<ref>[https://ameblo.jp/ske48official/entry-12690404002.html ☆中坂美祐☆重大発表あり!?あの頃の君を見つけた!] - SKE48オフィシャルブログ Powered by Ameba</ref>。
* SKE48 Mail - 全メンバーが対象。登録したメンバーのメッセージを[[電子メール|メール]]で配信する会員制の「プライベートメール」<ref>「[https://www.ske48.co.jp/special/ske48mail/ SKE48 公式メールサイト SKE48 Mail 遂にOPEN!]」公式サイト、2013年1月3日閲覧</ref>。
* [[755 (アプリケーション)|755]] - SNSの一種。参加は任意。
* [[Twitter]] - SNSの一種。2022年1月15日現在、10期生までの正規メンバー{{refnest|group="注"Efn2|杉山歩南、林美澪は現在個人アカウントを開設せずに、「旧:SKE48 10期研究生」のアカウントを使用する。}}が個人アカウントを開設している<ref group="注">{{Efn2|なお、2016年1月時点でAKS以外の事務所に所属していたメンバーは、AKS所属メンバーのTwitter開始以前からアカウントを開設していた。</ref>}}
* [[SHOWROOM (ストリーミングサービス)|SHOWROOM]] - [[ストリーミング|ストリーミングサービス]]の一種。日本国内のAKB48グループ、および[[JKT48]]のメンバー全員が対象。個人での生配信が可能。但し年齢により配信時間に制限が設けられている<ref>[https://campaign.showroom-live.com/akb48_sr/#/ AKB48グループ × SHOWROOMメンバー個人配信] - SHOWROOM</ref><ref>[https://campaign.showroom-live.com/akb48_sr/#/rooms/ske48/0 ルーム一覧] - SHOWROOM</ref>。
* [[Instagram]] - 画像共有をメインとするSNSの一種。参加は任意<ref>[https://web.archive.org/web/20210417014252/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1482591635&select=web SKE48 | ニュース | 【改定】公式Instagramアカウント開設に関しまして]</ref> だが研究生はアカウントを開設出来ない。
ブログに関しては、選抜と関係なく限られたメンバーのみブログを持つAKB48とは制度が異なる。
 
[[YouTube]]では2021年5月現在、日高優月が個人としての公式チャンネル『ドラ女ゆづきのスクイズTV』<ref>[https://web.archive.org/web/20200628200323/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1592470578 SKE48 | ニュース | 公式 YouTubeチャンネル「ドラ女ゆづきのスクイズTV」開設のお知らせ] - 公式サイト、2020年7月19日閲覧</ref> を開設している他、青木詩織と荒井優希がユニット『おしゆき』として共同で公式チャンネル『おしゆきチャンネル』を開設している<ref group="注">{{Efn2|現役メンバー以外では松井玲奈、松井珠理奈、平松可奈子、松村香織、岩永亞美、北川綾巴、小畑優奈らがYouTubeにチャンネルを開設している。</ref>}}
 
[[TikTok]]では2020年8月現在、倉島杏実が唯一個人としての公式アカウントを開設している<ref>[https://web.archive.org/web/20200719152532/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1593234517&select=member SKE48 | ニュース | SKE48 メンバー公式SNSアカウント開設に関しまして] - 公式サイト、2020年7月19日閲覧</ref> 他、青木詩織と荒井優希がユニット『おしゆき』として共同でアカウントを開設している。それ以外はメンバー個人ではなくチーム毎(S・KII・E・研究生)に公式アカウントが開設されている。
 
=== パフォーマンス・音楽性 ===
AKB48と比較した印象や特徴として、総合プロデューサーの秋元康は、SKE48の魅力は「がむしゃらさ」ではないかとしている。その要因は、ダンス自体は"一般的にはまだまだ"であるものの、一生懸命さからきているであろう、指先あるいは足の爪先やかかとまで神経が行き届いた動きであり、それが「ダンスのキレのいいSKE48」というイメージを作っているのではないかと語っている<ref name="Utatube2012">NHK名古屋放送局『Uta-Tube』2012年8月24日放送分「Uta-Tubeスペシャル SKE48全チーム大集合!」内、秋元康へのインタビューより</ref>{{出典無効|date=2015-09-21}}。また、歌詞を書く上でメンバーにあった歌詞をつけることはしているが、SKE48に「特別な色をつけようというのはなかった」、違いは「ファンの方が決めてくれればいい」と述べている<ref name="{{R|offi2012"/>}}。このほか、曲調のアクティブさ、「汗の量はハンパじゃない」というコンサートのタイトルにもなったようなダンスの激しさやダイナミックさ、[[ストイック]]さなどが、特徴と評されることもある<ref name="{{R|jiji2013senkyo"/><ref name="|nikkeient121029"/>}}<ref>[http://artist.cdjournal.com/d/-/4114010466 SKE48 / 未来とは?(TYPE-A) ミニ・レビュー] - CDJournal</ref>。
 
発足時のレッスンから劇場公演[[チームS 2nd Stage「手をつなぎながら」|「手をつなぎながら」]][[チームS 3rd Stage「制服の芽」|「制服の芽」]]、6thまでのシングルの振り付け等を担当している[[牧野アンナ]]も、SKE48はダンスを長所としていて、メンバーも振りにこだわりを持っていると語っている<ref name="{{R|offi2012"/>}}
 
AKB48グループのサウンドディレクターを担当する田中博信も、SKE48の音楽性の特徴として激しいダンスを挙げており、2ndシングル「青空片想い」の頃からそれを考えた楽曲構成になっていったと語っている。リズム感を止めずに勢いを出すことに重点を置き、「全力を出しやすい曲」や「抜けが良く振り切った曲」、例えば「[[バンザイVenus]]」「[[パレオはエメラルド]]」のような楽曲に「らしさ」が出やすいという<ref name="nikkeient121029">「AKB48の最大のライバル、SKE48はブレイクするか [http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2100L_R21C12A0000000/ 1], [http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2100L_R21C12A0000000/?df=3 3], [http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2100L_R21C12A0000000/?df=4 4]」日本経済新聞電子版(日経エンタテインメント!)、2012年10月29日、2013年1月14日閲覧</ref>。また、「[[鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの|Escape]]」のようにダンスの難易度が高いと評される曲もある<ref>[http://natalie.mu/music/news/105135 SKE48、横浜アリーナで最高難易度の「ESCAPE」初披露] - ナタリー、2013年12月6日 10:36</ref>。
 
=== 目標と方向性の変化 ===
初期のレッスンは、AKB48に「憧れる」のではなく初めから「勝つ」ことを意識して行った特に厳しいもので、指導した牧野アンナは「短期間で仕上げる為に力技で行くしかなかった」「今考えるとかわいそうだった」とも回想している。最初のレッスンで牧野は「同じことをやるならAKBの方が良いに決まってる」「AKBに無いものって何なんだ」「アイドルなのに汗だくになってる姿が、唯一SKEがAKBに勝てる道じゃないか」という話をしたという。このストイックなレッスンの様子は、当時のメンバー(卒業生含む)のインタビューを交えて、シンプルでありながら感情に訴えかけるシーンとして、2015年のドキュメンタリー映画に収められている<ref name="real2646">香月孝史 [http://realsound.jp/2015/03/post-2646_3.html SKE48のドキュメンタリーが映す「涙」の意味とは? 現役メンバーと卒業メンバーが描いた物語] - リアルサウンド、2015年3月6日</ref>。このレッスンを原点とする「目の前の事に常に全力で挑む、勝ちに行く」考え方<ref group="注">{{Efn2|主に雑誌『[[ブブカ (雑誌)|BUBKA]]』等では「SKEイズム」「アンナイズム」と呼ばれている。</ref> }}は、特に初期のメンバーを中心に浸透しているという<ref name="BUBKA2010年10月号">白夜書房『BUBKA』2010年10月号、「AKB48 AKB&SKEダンス革命の振付師・牧野アンナ独占インタビュー「ここまで喋って大丈夫かな(笑)」」より{{要ページ番号|date=2015年9月}}</ref>。
 
一方、AKB48に勝つ、AKB48を超えるといった当初の目標意識がそのまま継続されているわけではない。後に多数の姉妹グループが誕生し交流していく中で、一緒に48グループを盛り上げつつも頭一つ抜けた存在になりたい、という気持ちに変わってきているという<ref name="real2541">中村拓海 『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』公開記念インタビュー [http://realsound.jp/2015/02/post-2541.html SKE48松井玲奈と大矢真那が語る、激動の6年間とこれからの課題「今はグループを立て直す時」] - リアルサウンド、2015年2月23日</ref>。
 
5年間にわたりシングルのセンターを担うなどグループの先頭に立っている松井珠理奈と松井玲奈について、秋元康は2012年のインタビューで、「二人の違うキャラクターが、グループの中の良い意味での"光と影"になっている」とも語っている<ref name="{{R|Utatube2012"/>}}。一方、2014年冬のシングルで行われた初のセンター交代や2015年春の1期生2人らの卒業などから、「次世代の育成」が進められているとの批評も見受けられる<ref>香月孝史が各グループの動きを分析 [http://realsound.jp/2015/01/post-2167.html 2015年のAKB48グループはどこへ向かう? 世代交代が進む各グループの現状と課題] - リアルサウンド、2015年1月5日</ref>。メンバー自身としても、様々な変化を契機として、自分よりも周りのメンバーを支え育てていくことを意識しているメンバーもいるという<ref name="{{R|real2541"/>}}
 
またSKE48は2015年春までに通算60人以上が卒業しているが、2015年のドキュメンタリー映画では、卒業したメンバーの現在の姿を見せることで、SKE48の活動が各々の人生の一部分であったという相対的な視点が与えられている。ライターの香月孝史によればそれは「若い時期の試行錯誤の一環」であり、ファンが未練を持つのは道理であるものの、アイドルの活動をどこまで続けるかを決めるのは、「責任を持ってその人生を背負い続ける彼女たち自身でしかありえない」と指摘している。そして、グループが成長していく過程の一瞬一瞬の尊さと同時に、在籍者・卒業生各々の人生の尊さが描かれ、SKE48での活動から繋がった人生を歩んでくれていることは実はファンにとって嬉しいことなんだと語られている<ref name="{{R|real2646"/>}}
 
=== 地域性 ===
[[ファイル:Hazu Shrine haiden 121027.jpg|thumb|250px|「羽豆岬」のPVに登場する羽豆神社。CDの発売以降は参拝や絵馬奉納に訪れるSKE48のファンが増加した<ref>日刊SPA! - [http://nikkan-spa.jp/491730 SKE48の聖地「羽豆岬」を盛り立てた人々の思い]、2013.08.14付</ref>。]]
 
地域貢献をテーマの一つとして掲げる<ref name="{{R|webwhats"/>}}。栄での[[ボランティア|清掃ボランティア活動]]、地域の祭りなどのイベントに参加したり、地元を中心に[[広報大使]]などの公益活動を委嘱されている<ref name="{{R|toyo120507"/>}}。しかし、公演倍率が上昇するなど人気が高まったことで地域イベントへの参加は難しくなってきている<ref name="{{R|toyo120507"/>}} 一方、結成6周年となる2014年7月に[[円頓寺商店街]]でゲリラライブを行うなど原点回帰の動きも起こりつつある<ref name="{{R|oricon140730"/>}}。SKE48発足以降愛知県内で複数の[[ローカルアイドル]]が誕生するなど、この地域のアイドル文化を活性させるきっかけになったとの見方もある<ref name="{{R|toyo120507"/>}}
 
コンサートの面でも地元名古屋での開催を積み重ねてきている。劇場外初のコンサートは2009年5月の名古屋[[ボトムライン]]だった<ref name="{{R|web090420"/>}}。その後名古屋の会場で規模を拡大していき、2012年・2013年には春コンサートを2年連続で[[名古屋市総合体育館|日本ガイシホール]]で開催した<ref name="{{R|nat120927"/>}}
 
そして、初のガイシホール公演の頃から、1期生を中心に当初からの目標の1つであった「[[ナゴヤドーム]]公演」が多くのメンバーの目標として共有されるようになる<ref name="cnp140210">「SKE48ナゴヤドーム公演 感激の夢舞台 ファンも結束」、『中日新聞』2014年2月10日付朝刊{{要ページ番号|date=2015年9月}}</ref>。後の2013年8月に「AKB48グループ」としてナゴヤドーム公演を行う事が決まるが、これによって「次はSKE48単独で」という気持ちを強くしたという<ref>ザ・テレビジョン「[https://thetv.jp/news/detail/44243/ SKE48悲願のナゴヤドーム単独コンサート2DAYSをリポート!!(2)]」、2014年2月6日</ref>。なお、この「AKB48グループ」としてのナゴヤドーム公演2日目終盤で、SKE48単独のナゴヤドーム公演を翌年に開催することが発表される。ナゴヤドーム単独コンサートは2014年2月に2日連続で開催され、合わせて66,000人の観客を動員した<ref name="{{R|natalie109066"/>}}。また、2013年・2014年・2015年には愛知県美浜町で開催される「美浜海遊祭」で3年連続で単独野外ライブを行った。
 
NMB48が2012年に[[近畿]]地方で、HKT48が2014年に[[九州]]地方でコンサートツアーを行っているが、SKE48は東海地方あるいは中部地方での地元ツアーの開催歴がない。一方で2014年秋から、姉妹グループでは初めての47都道府県ツアーを開始した。
 
3rdシングルのc/wで歌った「[[ごめんね、SUMMER#羽豆岬|羽豆岬]]」はいわゆる[[ご当地ソング]]で、その効果でPVの[[ロケーション撮影|ロケ地]]となった[[愛知県]][[南知多町]]・[[羽豆岬]]を[[巡礼 (通俗)|訪れる]]ファンが増えていて、[[地域おこし]]の効果を期待する声があり<ref name="{{R|toyo120507"/>}}、2013年7月には地元観光協会の手により[[歌碑]]も建立された<ref>[http://natalie.mu/music/news/94350 SKE48名曲「羽豆岬」歌碑除幕式で大矢「誇りに思う」] - ナタリー 2013年7月5日 0:00、[http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013070401056&g=etm 「羽豆岬」に歌碑=SKE48ヒット曲の舞台] - 時事ドットコム 2013/07/05-00:00</ref>。
 
メンバーに関しても、2014年4月時点では、愛知県出身者が過半数を占め、[[三重県]]、[[岐阜県]]、[[静岡県]]出身者を入れると多くのメンバーが[[東海地方]]出身である。東海地方以外の出身は、2013年1月時点では6名と全体の1割程度に過ぎなかった。しかし、2013年10月のドラフト会議と2014年2月の「大組閣」と称するチーム再編を経て、新体制が発足した2014年4月には21名と約3割を占めるまでになり、変容しつつある<ref name="{{R|profile" />}}
 
[[東京]]のAKB48に対して「[[地方]]」の姉妹グループであるSKE48(名古屋)、NMB48([[大阪市|大阪]])、HKT48([[福岡市|福岡]])は地域性がグループの特色の一つになっていて、各グループのファンの間でも競争意識がみられることがある。総合プロデューサーの秋元康は、こうした姉妹グループ間の競争を「[[日本プロ野球|球団]]同士の争いのようになってきている」と例えており、「メンバーを入れ替えようとすると激しい反発を受ける」とも述べている<ref>BS-TBS『久米宏の「ニッポン百年物語」〜流行歌の100年〜「未来に残すべきニッポンの歌」』、2014年1月</ref>{{出典無効|date=2015-09-21}}。
* メジャー・デビューは初お披露目から11か月後でAKB48や[[NMB48]]とほぼ同じだが<ref>「[https://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/DF/Akb48/DFCL-1308/ 会いたかった【通常盤】]」ソニーミュージック、2013年1月14日閲覧</ref><ref>「[https://www.oricon.co.jp/news/2000139/ 【オリコン】NMB48、女性歌手史上最高デビュー 初週売上21.8万枚で首位]」オリコン、2011年7月26日、2013年1月14日閲覧</ref>、オリコン1位獲得は1年6か月後でAKB48(3年10か月)より早くNMB48(9か月)より遅い<ref>「[https://www.oricon.co.jp/news/70103/full/ AKB48初のシングル首位、17.9万枚で09年女性アーティスト初動売上トップに]」オリコン、2009年10月27日、2013年1月14日閲覧</ref>。
* 各チームのまとめ役を担うメンバーは「リーダー」、それを補佐するメンバーは「副リーダー」と呼ばれており、それぞれの役割を「キャプテン」「副キャプテン」と呼ぶAKB48・NMB48・HKT48・NGT48とは異なる。
* 一部のメンバーを除くと、全員がSKE(2011年10月31日まではピタゴラス・プロモーション、2011年11月1日から2019年2月28日まではAKS)に所属している<ref group="注">{{Efn2|AKB48も当初はメンバー全員が[[オフィスフォーティエイト|office48]]に所属していた。</ref>}}。SKE以外の事務所に所属するのは、大場美奈、山内鈴蘭、高柳明音、松井珠理奈、須田亜香里、谷真理佳。
* 5thシングル以降、シングルのジャケットに入るタイトルロゴは、毎回メンバーのデザインの中から選ばれたものを原案に作成されていた時期があった<!--18thシングルまで-->。
* メンバーが自ら立ち上げた二次元同好会やアイドル研究会など多数のサークルが存在する。複数のサークルに加入しているメンバーもおり、中でも二次元同好会はインターネットラジオ「[[K'z Station]]」で(過去には[[ニコニコ動画]]でも)配信されている。これらのサークルには、SKE48以外の姉妹グループのメンバーが参加しているものもある。
* SKE48の公演では、AKB48・NMB48・HKT48と違い冒頭の「[[オーバーチュア|overture]]」の際にファンはMIX(合いの手)を打たないとされる<ref>『SKE48×プレイボーイ2012』集英社、2012</ref>。
* ファンが使用する[[ケミカルライト|サイリウム]]・[[ペンライト]]は、メンバーごとに色の組み合わせが決まっているため応援するメンバーの色を使うことが多い。これはファンの間では「推しサイリウム」「推しサイ」(=推しているメンバーのサイリウム)と呼ばれている。ただし、2012年のリクエストアワーでは1位になった「羽豆岬」に合わせて青色<ref>「[http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20121012-1031703.html SKEリクエストアワー1位は「羽豆岬」] - ニッカンスポーツ、2012年10月12日</ref>、2014年にナゴヤドームで開催されたコンサートでは2日目アンコールの際にオレンジ色(両者とも有志のファンによる立案で、特にナゴヤドームのものは『[[未来とは?]]』のMVにも収録された)など<ref>[http://www.girlsnews.tv/unit/133327 SKE48 オレンジのサイリウムで包まれた充実のナゴド公演千秋楽!] - GirlsNews、2014年02月03日</ref>、イベントでは場面に応じて統一カラーが使われることがある。推しサイは、AKB48グループではSKE48が始めた独自の文化であったが、他のグループでも一部使われるようになっている。
* 選抜総選挙、じゃんけん大会、[[ミーツポート|TOKYO DOME CITY HALL]]公演(各グループの劇場公演を集中的に行うイベント。過去「見逃した君たちへ」「思い出せる君たちへ」のタイトルがつけられている)、ユニット祭りは、全ての姉妹グループが総参加(完全な平等ではなく、じゃんけん大会におけるAKB48メンバーの優先などがある)する形で年1回行われる。一方、リクエストアワー、シングル、コンサート、握手会に関しては、2015年時点ではAKB48名義のものの多くにSKE48やNMB48・HKT48のメンバーが参加する一方、SKE48やNMB48・HKT48のリクエストアワー(HKT48除く)、シングル、コンサート、握手会にAKB48のメンバーが参加することはない(兼任メンバーを除く)<ref group="注">{{Efn2|このような構造やグループの誕生順などから、一部では俗に、AKB48を「本店」、SKE48やNMB48・HKT48などの姉妹グループを「支店」と呼ぶ向きがあるが、揶揄する意味合いを持つ場合があることから好んでは用いられない。</ref>}}<ref name="jiji2013senkyo">指原1位、世代交代の行方は〜AKB48総選挙〜 [https://web.archive.org/web/20140301115749/http://www.jiji.com/jc/v4f?id=2013akb48_senkyo0001 1], [https://web.archive.org/web/20140730110225/http://www.jiji.com/jc/v4f?id=2013akb48_senkyo0003 3], [https://web.archive.org/web/20140730122102/http://www.jiji.com/jc/v4f?id=2013akb48_senkyo0004 4] - 時事ドットコム</ref><ref>[https://news.mynavi.jp/article/20121126-akb/3 「AKB48白熱論争 延長戦」- 小林よしのりら4人の論客がAKB48とメディアに鋭く切り込む] - マイナビニュース、2012年11月26日</ref>。
* 1stから15thシングルまでの約5年間、表題曲のセンターポジションは[[松井珠理奈]]単独、あるいは松井珠理奈と[[松井玲奈]]の2人<ref group="注">{{Efn2|メディア等では二人を合わせて、名字から「ダブル松井」、名前から「じゅりれな」、名前のイニシャルから「JR」などと呼ぶことが多い。</ref> }}で、長い期間センター交代を経験していなかった。
* NMB48・HKT48と同様、2014年春までシングルの選抜人数は基本的に(4th - 14thシングルは16人に)固定されていて、毎回変動するAKB48とは異なっていた<ref name="{{R|discography"/>}}
* 旧劇場『SUNSHINE STUDIO』時代の公演では、ステージが狭かったため、各メンバーの立ち位置の間隔が60センチメートルと狭かった(他の姉妹グループは90センチメートル)<ref>『BUBKA』2011年3月号、コアマガジン{{要ページ番号|date=2015年9月}}</ref>。
* SKE48名義で発売されるCDの劇場盤の販売は1stシングルから5thシングルまで[[キャラアニ|キャラアニ・チャンス]]で扱われていたが、6thシングルから[[avex trax]]レーベルになるとともに[[ミュゥモ|mu-moショップ]]に変更された。
* 5月30日、AKB48オフィシャルブログにて、AKB48の名古屋進出として名古屋・栄に「SKE48」を創設することを発表<ref>「[https://ameblo.jp/akihabara48/entry-10101506536.html AKB48が名古屋・栄に進出!『SKE48』プロジェクト発足記者会見のお知らせ]」AKB48オフィシャルブログ、2008年5月30日付、2013年1月3日閲覧</ref>。
* 6月1日、第1期生オーディションの受付を開始。7月12日締切<ref name="egg080607">岡田隆志「[https://www.scramble-egg.com/artist/event08/sunshine_sakae.htm SUNSHINE SAKAEプレス発表会およびSKE48プロジェクト発表]」スクランブルエッグ、2008年6月7日更新版、2013年1月3日閲覧</ref><ref>「[https://web.archive.org/web/20110218013752/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1222222484&select=audition 『SKE48』オーディション 応募締め切りのお知らせ]」公式サイト、2008年7月13日付、2013年1月2日閲覧 [https://megalodon.jp/2013-0102-2352-33/www.ske48.co.jp/news/list.php?page=225 2013年1月2日時点の版] にてアーカイブ。</ref>。
* 6月5日、サンシャイン栄のリニューアルオープン会見に併せてSKE48プロジェクトの記者会見が行われ、「AKB48およびSKE48総合プロデューサー」として秋元康がプロジェクトおよびオーディションの概要、同ビル2階の「SUNSHINE STUDIO」を拠点として活動していくこと、10月上旬にデビュー予定であることなどを発表<ref name="{{R|egg080607"/>}}<ref>「[https://web.archive.org/web/20210417014309/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1222081515&select=event 『SKE48』プロジェクト、いよいよ本格始動!]」「[https://web.archive.org/web/20210417014152/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1222221237&select=event 今秋からSKE48の活動拠点となる 『SUNSHINE SAKAE』がリニューアルオープン]」公式サイト、2008年6月6日付、2013年1月3日閲覧</ref>。
* 7月30日、第1期生22名が決定<ref name="{{R|web080731"/>}}
* 8月23日、日比谷野外大音楽堂で行われた『ライブDVDは出るだろうけど、やっぱり生に限るぜ! AKB48夏祭り』に特別出演、お披露目ライブとなった<ref name="web080822">「[https://web.archive.org/web/20150924102547/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1222241215&select=event 23日『AKB48夏祭り』にSKE48が登場!]」2008年8月22日付、「[https://web.archive.org/web/20130927215107/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1222241576&select=event SKE48お披露目ライブ終了!]」2008年8月23日付、公式サイト、2013年1月3日閲覧</ref>。また、同ライブにおいてAKB48研究生であった[[中西優香]]のSKE48への移籍を発表<ref name="akbblog080824">「[https://ameblo.jp/akihabara48/entry-10131145227.html 中西優香より]」AKB48オフィシャルブログ、2008年8月24日付、2013年1月3日閲覧</ref>。
* 10月2日、オフィシャルサイト上にて、劇場公演を行う16名の選抜メンバー(後のチームS)が決定したことを報告<ref name="web081002">「[https://web.archive.org/web/20110218021414/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1222924195&select=member 選抜メンバー16名が決定!]」公式サイト、2008年10月2日付、2013年1月3日閲覧</ref>。
=== 2009年 ===
* 2月1日、第2期生オーディションの受付を開始。3月12日締切<ref>「[https://web.archive.org/web/20110218013846/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1237192435&select=audition SKE48第2期生オーディション応募受付終了のお知らせ]」公式サイト、2009年3月15日付、2013年1月3日閲覧</ref>。
* 2月14日、初のSKE48オリジナル公演『[[チームS 2nd Stage「手をつなぎながら」|手をつなぎながら]]』を選抜メンバー(後のチームS)で開始<ref name="{{R|egg090219"/>}}
* 3月、選抜メンバーによりチームSを結成<ref name="{{R|offi2012"/>}}
* 4月26日、日本国外では初となる[[香港]]にて、ライブ『C3 in Hong Kong 2009』を開催<ref name="press090421">「[http://www.atpress.ne.jp/view/10741 名古屋・栄発アイドルグループ「SKE48」世界進出]」ピタゴラス・プロモーション・SKE48運営事務局、2009年4月21日、2013年1月3日閲覧</ref>。
* 5月24日、劇場以外では初の単独コンサート『初めての課外授業』を開催<ref name="{{R|web090420"/>}}
* 5月25日、第2期合格者と昇格した研究生により「チームKII」を結成。
* 6月13日、チームKIIが劇場公演『[[チームA 2nd Stage「会いたかった」#SKE48 チームKII 1st Stage「会いたかった」公演|会いたかった]]』を開始<ref name="{{R|egg090615"/>}}
* 7月8日(6月23日から投票)、『[[AKB48 13thシングル 選抜総選挙|AKB48 13thシングル 選抜総選挙「神様に誓ってガチです」]]』(第1回選抜総選挙)で、松井珠理奈が19位となり選抜入り、松井玲奈が29位でアンダーガールズ入り<ref name="ele09">「[https://ameblo.jp/akihabara48/entry-10295990045.html AKB48 13thシングル選抜総選挙 結果発表]」AKB48オフィシャルブログ、2009年7月8日付、2013年1月3日閲覧</ref>。
* 8月5日、1stシングル「[[強き者よ]]」でCDデビュー<ref name="{{R|nat090608"/>}}
* 9月1日、第3期生オーディションの受付を開始。9月30日締切<ref>「[https://web.archive.org/web/20110218013931/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1254377169&select=audition SKE48第3期生オーディション応募受付終了のお知らせ]」公式サイト、2009年10月1日付、2013年1月3日閲覧</ref>。
* 9月19日、初の冠番組『[[SKE48学園]]』([[衛星放送|衛星(CS)放送]])が放送開始<ref name="nat090919">「[http://natalie.mu/music/news/21427 SKE48初の冠番組で個性光る学園バラエティに挑戦]」ナタリー、2009年9月19日付、「[http://pigoo.jp/pigoohd/ske48/ SKE48学園]」PigooHD、2013年1月17日閲覧</ref>。
* 6月9日(5月25日から投票)、『[[AKB48 17thシングル 選抜総選挙|AKB48 17thシングル 選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」]]』(第2回選抜総選挙)で、松井珠理奈が当時SKE48歴代最高の10位となり、松井玲奈(11位)ともにSKE48から初のメディア選抜入り。また、[[大矢真那]](24位)、高柳明音(35位)、矢神久美(38位)がアンダーガールズ入り<ref name="ele10">「[https://ameblo.jp/akihabara48/entry-10558537022.html AKB48 選抜総選挙 結果]」AKB48オフィシャルブログ、2010年6月9日付、2013年1月3日閲覧</ref>。
* 7月20日、第4期生オーディションの受付を開始。8月20日締切<ref>「[https://web.archive.org/web/20110218014322/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1279107146&select=audition SKE48第4期生オーディション開催のお知らせ]」公式サイト、2010年7月14日付、2013年1月3日閲覧</ref>。
* 7月31日、SKE48としては初めて、ファン投票により楽曲の人気投票を行う「リクエストアワー」として、『SKE48 リクエストアワーセットリストベスト30 2010〜神曲はどれだ?〜』を開催<ref name="{{R|web100311"/>}}
* 10月3日 - 17日、初めて愛知県外の会場を含む単独ツアーコンサート『汗の量はハンパじゃない』を開催<ref name="{{R|web100907"/>}}
* 12月6日、昇格した研究生16人により「チームE」を結成<ref name="web101206">「[https://web.archive.org/web/20110218021224/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1291641062&select=member 新teamKII、teamE結成のお知らせ]」公式サイト、2010年12月6日付、2013年1月3日閲覧</ref>。
 
=== 2011年 ===
* 1月16日、チームEが劇場公演『[[チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」#SKE48 チームE 1st Stage「パジャマドライブ」公演|パジャマドライブ]]』を開始<ref>「[https://web.archive.org/web/20110218092430/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1293880272&select=stage teamKII 3rd、teamE 1st 公演初日決定のお知らせ]」公式サイト、2011年1月1日付、2013年1月3日閲覧</ref>。
* 3月9日、5thシングル「[[バンザイVenus]]」をリリース。初の[[オリコンチャート|オリコンウィークリーチャート]]1位となる<ref name="{{R|oricon110315"/>}}
* 6月9日(5月24日から投票)、『[[AKB48 22ndシングル 選抜総選挙|AKB48 22ndシングル 選抜総選挙「今年もガチです」]]』(第3回選抜総選挙) で、松井玲奈が当時SKE48歴代最高順位に並ぶ10位となり、14位の松井珠理奈とともに選抜入り。また、高柳明音(23位)、大矢真那(30位)、[[秦佐和子]](33位)、[[須田亜香里]](36位)がアンダーガールズ入り<ref name="ele11">「[https://ameblo.jp/akihabara48/entry-10918551053.html AKB48 22ndシングル選抜総選挙結果]」AKB48オフィシャルブログ、2011年6月10日付、2013年1月3日閲覧</ref>。
* 6月27日 - 7月10日、初の全国ツアーコンサート『真夏の上方修正』を開催<ref name="{{R|web110626"/>}}
* 9月5日、第5期生オーディションの受付を開始。9月30日締切<ref>「[https://web.archive.org/web/20120608051036/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1314771245&select=audition SKE48第5期生オーディション開催のお知らせ]」公式サイト、2011年8月31日付、2013年1月3日閲覧</ref>。
* 9月20日、[[日本武道館]]で『[[AKB48 24thシングル選抜じゃんけん大会]]』が開催され、SKE48からは[[桑原みずき]]が選抜入り<ref>「[https://ameblo.jp/akihabara48/entry-11024136395.html AKB48 24th シングル じゃんけん選抜決定!&1位〜8位発表!]」AKB48オフィシャルブログ、2011年9月20日、2013年1月3日閲覧</ref>。
=== 2012年 ===
* 1月27日、8thシングル「[[片想いFinally]]」で[[テレビ朝日]]系列『[[ミュージックステーション]]』にSKE48として初出演。48プロジェクトのAKB以外の姉妹グループとしては初めてとなる<ref>「[http://listen.jp/store/musicnews_37168_all.htm SKE48 新曲「片想いFinally」を引っさげ今夜Mステ初出演]」リッスンジャパン、2012年1月27日、2013年1月3日閲覧</ref>。
* 3月1日、中国・[[南京市]]で文化交流イベント『南京ジャパンウイーク』に出演する計画があったが、イベント自体が中止となっていたことが報道された<ref group="注">{{Efn2|[[南京事件 (代表的なトピック)|南京事件]]に絡んだ名古屋市長・[[河村たかし]]の発言の影響により、日中当事者間の関係が悪化したことや安全確保が難しくなったことが理由と報じられている。</ref>}}<ref>「[http://opi-rina.chunichi.co.jp/topic/20120302-1.html SKE48南京公演、取りやめ]」中日新聞 Opi-rina、2012年3月2日、2012年1月3日閲覧</ref><ref>「[http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012030101001670.html 南京のSKE48公演取りやめ 虐殺否定で日本週間中止]」共同通信=重慶、2012年3月1日、2013年1月3日閲覧</ref>。
* 3月19日、SKE48チケットセンターがオープン<ref>「[https://web.archive.org/web/20120608054044/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1331976113&select=etc SKE48チケットセンターOPENのお知らせ]」公式サイト、2012年3月17日、2013年1月3日閲覧</ref>。
* 3月24日、コンサート『業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』にて、松井珠理奈のAKB48チームKとの期間限定兼任を発表<ref>「[https://ameblo.jp/akihabara48/entry-11202594506.html ご報告]」AKB48オフィシャルブログ、2012年3月24日、2013年1月3日閲覧</ref>。SKE48のメンバーによる他のグループとの兼任は初となった。
* 3月25日、コンサート『業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』にて、松井玲奈、矢神久美、高柳明音がSKE48メンバーとしては初めて事務所移籍を打診されたことが発表<ref>「[http://natalie.mu/music/news/66679 AKB48、さいたまSA最終日に前田卒業&総選挙開催発表]」ナタリー、2012年3月26日、2013年1月3日閲覧</ref>。
* 4月14日 - 15日、日本ガイシホールにおいてコンサート『SKE専用劇場は秋までにできるのか?』を開催、2日間で自己最多の1万6千人を動員<ref name="{{R|nat120927"/>}}
* 5月14日、チームEが劇場公演『[[チームK 5th Stage「逆上がり」#SKE48 チームE 2nd Stage「逆上がり」公演|逆上がり]]』を開始<ref>「[http://www.youtube.com/watch?v=xfhhfUOEz4w&feature=youtube_gdata SKE48 teamE 2nd.「逆上がり」公演 teamEメンバー メッセージ映像]」SKE48 Official Channel!、2012年4月27日付、2013年3月12日閲覧</ref>。
* 6月6日(5月22日から投票)、『[[AKB48 27thシングル 選抜総選挙|AKB48 27thシングル 選抜総選挙〜ファンが選ぶ64議席〜]]』(第4回選抜総選挙)で、松井珠理奈が当時SKE48歴代最高の9位となり、10位の松井玲奈とともに選抜入り。また、8名がアンダーガールズ入りしたほか、新設されたネクストガールズに3名が、フューチャーガールズに2名が入り、SKE48からは計15名が選出<ref name="ele12">「[https://ameblo.jp/akihabara48/entry-11270743041.html AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果]」AKB48オフィシャルブログ、2012年6月6日付、2013年1月3日閲覧</ref><ref>「[http://natalie.mu/music/news/70637 AKB48第4回総選挙、大島優子が2年ぶり2回目のトップに]」ナタリー、2012年6月6日、2013年1月3日閲覧</ref>。
* 8月15日、第6期生オーディションの受付を開始。9月30日締切<ref>「[https://web.archive.org/web/20130314131556/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1344742883&select=audition SKE48 6期生オーディション開催のお知らせ]」公式サイト、2012年8月12日付、2013年1月3日閲覧</ref>。
* 8月24日、[[東京ドーム]]でのコンサート『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チームKIIの[[石田安奈]]のAKB48チームBとの兼任、AKB48チームBの[[北原里英]]のチームSとの兼任を発表<ref name="web120825">「[https://web.archive.org/web/20130314125500/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1345821642&select=member AKB48 組閣後新体制に関して]」公式サイト、2012年8月25日付、2013年1月2日閲覧</ref>。AKB48のメンバーがSKE48との掛け持ちで籍を置くのは初の例となった。
* 8月29日、SKE48劇場改修前最終特別公演を実施<ref name="{{R|web120829"/>}}
* 9月18日、日本武道館で『[[AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会]]』が開催され、SKE48からは[[木本花音]]と上野圭澄が選抜入り<ref>「[http://natalie.mu/music/news/76721 次世代エース島崎遥香、AKBじゃんけん選抜で初センター獲得]」ナタリー、2012年9月18日、2013年1月3日閲覧</ref>。
* 9月19日、1stアルバム『[[この日のチャイムを忘れない]]』と10thシングル「[[キスだって左利き]]」を同時リリース<ref>「[http://natalie.mu/music/news/73877 SKE48、ベスト盤的1stアルバム&10thシングル同時発売]」ナタリー、2012年8月1日付、2013年1月3日閲覧</ref>。シングルは初動売上が51.1万枚を記録し、2007年以降にシングル初動50万以上を記録した歌手としては[[嵐 (グループ)|嵐]]、AKB48に続く3組目となった<ref>「[https://www.oricon.co.jp/news/2017070/full/ 【オリコン】SKE48初の大台、初動50万枚突破 おニャン子に並ぶ6作連続首位]」オリコン、2012年9月25日、2013年1月14日閲覧</ref>。
* 12月9日、改修工事中だったSKE48専用劇場がオープン初日を迎え、全メンバー出演による特別公演を開催<ref name="web121209">「[https://web.archive.org/web/20121229144546/https://www.ske48.co.jp/schedule/?id=1354762506 「SKE48専用劇場オープン日」初日特別公演]」公式サイト、2012年12月9日付、2013年1月3日閲覧</ref>。
* 12月31日、「[[パレオはエメラルド]]」で『[[第63回NHK紅白歌合戦]]』にSKE48として単独で、研究生を含む総勢62名で出演。曲中に[[体操競技|器械体操]]や[[クラシックバレエ]]、[[ラインダンス]]のパフォーマンスを取り入れた。SKE48としての単独出場は、AKB48の姉妹グループとしては初となった<ref name="{{R|mantan121231"/>}}<ref>「[http://www9.nhk.or.jp/kouhaku/artists/ 第63回NHK紅白歌合戦出場歌手]」NHK、2012年11月26日閲覧</ref><ref>「[http://mantan-web.jp/2012/11/26/20121126dog00m200021000c.html 第63回紅白歌合戦 : 初出場にももクロ、きゃりぱみゅ、SKE48、YUIら12組]」まんたんウェブ(毎日新聞デジタル)、2012年11月26日付、2013年1月3日閲覧</ref>。
 
=== 2013年 ===
* 6月8日(5月21日から投票)、『[[AKB48 32ndシングル 選抜総選挙|AKB48 32ndシングル 選抜総選挙〜夢は一人じゃ見られない〜]]』(第5回選抜総選挙)で、松井珠理奈がSKE48歴代最高の6位となり、7位の松井玲奈、16位の須田亜香里とともに選抜入り。他に7名がアンダーガールズに、5名がネクストガールズに、3名がフューチャーガールズにそれぞれ入り、SKE48からは過去最多となる計18名が選出<ref name="ele13">[https://ameblo.jp/akihabara48/entry-11547853572.html AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果] - AKB48オフィシャルブログ(2013年6月8日)</ref>。
* 6月13日 - 15日、「SKE48 新チーム公演 セレクション投票」と題して、既存のAKB48グループの公演からメンバーが選んだ各チーム3つずつの候補の中からファン投票で新チームの公演を選ぶイベントを開催<ref>[http://www.ske48.co.jp/20130613_new_team_vote/ SKE48 新チーム公演 セレクション投票] - SKE48オフィシャルウェブサイト</ref>。
* 7月17日、新チーム体制に移行開始。および、12thシングル「[[美しい稲妻]]」発売。シングルは初動売り上げ約51万1000枚で、女性アーティストではAKB48に続く2組目となる3作品連続初動売り上げ50万枚超えとなったほか<ref name="{{R|oricon20130723"/>}}、2週目も約9万5000枚でAKB48グループでは初めて2週連続1位を記録した<ref>[https://news.mynavi.jp/article/20130730-a015/ AKB48グループ初! SKE48の12thシングル「美しい稲妻」、2週連続首位を獲得!] - マイナビニュース(2013年7月30日)</ref>。
* 7月23日、新体制のチームSが劇場公演『[[チームK 6th Stage「RESET」#SKE48 チームS 4th Stage「RESET」公演|RESET]]』を開始<ref name="{{R|reset"/>}}
* 7月24日、新体制のチームEが劇場公演『[[ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」#SKE48 チームE 3rd Stage「僕の太陽」公演|僕の太陽]]』を開始<ref name="{{R|himawari"/>}}
* 7月25日、新体制のチームKIIが劇場公演『[[チームB 5th Stage「シアターの女神」#SKE48 チームKII 4th Stage「シアターの女神」公演|シアターの女神]]』を開始<ref name="{{R|megami"/>}}
* 8月2日、愛知県[[美浜町 (愛知県)|美浜町]]小野浦海岸で行われる「美浜海遊祭」において、SKE48単独では初の野外ライブを開催<ref>[http://nikkan-spa.jp/486853 SKE48地元・美浜町で水着姿も披露【初の単独野外LIVEフォトレポート】] - 日刊SPA!、2013年08月06日</ref>。
* 10月26日、SKE48単独ツアー第1弾『SKE党決起集会。「箱で推せ!」』([[ワールド記念ホール|神戸ワールド記念ホール]])開催。
* 6月18日(5月31日から投票)、『[[AKB48 45thシングル 選抜総選挙|AKB48 45thシングル 選抜総選挙 〜僕たちは誰について行けばいい〜]]』(第8回選抜総選挙)で、松井珠理奈が3位、須田亜香里が7位となり2名が選抜入り。他に5名がアンダーガールズに、1名がネクストガールズに、5名がフューチャーガールズに、7名がアップカミングガールズにそれぞれ入った<ref name="ele16">{{Cite web|url=https://ameblo.jp/akihabara48/entry-12172060200.html|title=「AKB48 45thシングル 選抜総選挙」開票結果|work=AKB48オフィシャルブログ|date=2016-06-18|accessdate=2016-08-27}}</ref>。80名の枠にSKE48から計20名が選出された<ref>{{Cite news|url=http://www.oricon.co.jp/news/2073657/full/|title=【第8回AKB総選挙】AKB48が第一党返り咲き HKT旋風も続く|newspaper=ORICON STYLE|publisher=oricon ME|date=2016-06-18|accessdate=2016-08-27}}</ref>。
* 8月10日、第8期生オーディションの受付を開始。9月9日締切。
* 11月19日 - 20日、愛知県芸術劇場で『みんなが主役!SKE48 59人のソロコンサート〜未来のセンターは誰だ?〜』を開催<ref name="solocon">{{Cite news|url=https://www.barks.jp/news/?id=1000135263|title=SKE48、史上初の“1人10分”ソロコンサート大盛況で終了。DVD&Blu-ray化も決定|newspaper=BARKS|publisher=ジャパンミュージックネットワーク|date=2016-11-21|accessdate=2016-11-30}}</ref>。全体を4ブロックに分け、1人あたり10分の持ち時間でソロコンサートを行うという企画だった<ref name="{{R|solocon" />}}
 
=== 2017年 ===
* 1月10日、22ndシングル「[[無意識の色]]」を発売<ref>{{Cite news|title=SKE48「無意識の色」発売日はZepp Nagoyaへ、2部制ミニライブ実施|newspaper=natalie.mu|date=2017-12-12|url=https://natalie.mu/music/news/262392|accessdate=2017-12-12|publisher=音楽ナタリー}}</ref>。
* 7月4日、23rdシングル「[[いきなりパンチライン]]」を発売<ref>{{Cite news|title=SKE48、“熱い”新作「いきなりパンチライン」収録内容&アートワーク公開|newspaper=natalie.mu|date=2018-06-12|url=https://natalie.mu/music/news/286424|accessdate=2018-11-03|publisher=音楽ナタリー}}</ref>。
* 11月13日、AKSのSKE48事業が[[Jトラスト|Jトラストグループ]]の[[KeyHolder|株式会社KeyHolder]]に承継されることが発表される<ref name="{{R|keyholder" />}}
* 12月12日、24thシングル「[[Stand by you]]」を発売<ref>{{Cite news|title=SKE48が12月にニューシングル、センターは2作連続の松井珠理奈|newspaper=natalie.mu|date=2018-11-03|url=https://natalie.mu/music/news/306495|accessdate=2018-11-03|publisher=音楽ナタリー}}</ref>。
 
=== 2019年 ===
* 3月1日、KeyHolderの関連会社として新設された「株式会社SKE」がSKE48事業をAKSより承継<ref name="{{R|key_ske" />}}
* 7月1日、運営会社「株式会社SKE」が「[[ゼスト (芸能事務所)|株式会社ゼスト]]」に名称変更<ref name="{{R|nikkansports20190606"/>}}
* 7月5日、キャプテンの[[斉藤真木子]]が湯浅洋の[[JKT48]]スペシャルアドバイザー就任に伴い、劇場支配人を兼務することを発表。
* 7月24日、25thシングル「[[FRUSTRATION (曲)|FRUSTRATION]]」を発売<ref>{{Cite news|title=SKE48 新シングルタイトルは『FRUSTRATION』 衣装も発表|newspaper=natalie.mu|date=2019-06-27|url=https://www.excite.co.jp/news/article/Entamenext_2495/|accessdate=2019-06-27|publisher=エキサイトニュース}}</ref>。
* 10月3日・4日・5日、12th Anniversary Fes 2020 〜12公演一挙披露祭〜が行われると発表<ref>{{Cite web|url=https://web.archive.org/web/20210416075817/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1598951160&select=event|title=SKE48 12th Anniversary Fes 2020 〜12公演一挙披露祭〜 開催決定!チケット販売スタート!|website=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|publisher=ゼスト|date=2020-09-01|accessdate=2020-09-01}}</ref>。
* 10月26日、2月25日以来8か月ぶりに劇場での有観客公演を再開<ref>[https://web.archive.org/web/20201024230058/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1602407852 SKE48劇場有観客公演再開についてのお知らせ] - SKE48 OFFICIAL WEB SITE 2020年10月11日</ref>。
* 12月27日、福士奈央の[[2019新型コロナウイルス|新型コロナウイルス]]への感染が公表される<ref name="sponichi20201227">{{Cite news|url= https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/12/27/kiji/20201227s00041000482000c.html |title= SKE48福士奈央がコロナ感染 メンバー15人が濃厚接触者に該当 年内公演は全て中止 |newspaper= Sponichi Annex |publisher= スポーツニッポン新聞社 |date= 2020-12-27 |accessdate= 2020-12-27 }}</ref>。メンバー15人(赤堀君江、杉山愛佳、竹内ななみ、都築里佳、野村実代、松本慈子、太田彩夏、大場美奈、白井友紀乃、藤本冬香、池田楓、佐藤佳穂、末永桜花、谷真理佳、深井ねがい)が濃厚接触者に該当し、年内の公演が全て中止となる<ref name="{{R|sponichi20201227"/>}}
 
=== 2021年 ===
* 2月3日、27thシングル「[[恋落ちフラグ]]」を発売<ref>{{Cite web|url=https://web.archive.org/web/20201123110043/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1606122828|title=SKE48 27thシングルリリースのお知らせ|website=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|publisher=ゼスト|date=2020-11-23|accessdate=2020-11-23}}</ref>。
* 8月23日、9月25・26日に日本ガイシホールで開催を予定していたグループ13周年記念の『SKE48 13th Anniversary Festival 2021』を、新型コロナウイルスに対する「万全な感染対策の構築は現況下では非常に困難」であるとして中止することが発表される<ref>{{Cite news|url= https://www.oricon.co.jp/news/2204517/full/ |title= SKE48、13周年記念コンサート中止「万全な感染対策の構築は非常に困難」 |newspaper= ORICON NEWS |publisher= oricon ME |date= 2021-08-23 |accessdate= 2021-08-23 }}</ref>。
* 8月27日、荒井優希・江籠裕奈・岡本彩夏・日高優月・林美澪(研究生)の新型コロナウイルス感染を公表<ref name="sponichi20210827">{{Cite news|url= https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/08/27/kiji/20210827s00041000382000c.html |title= SKEメンバー5人が新型コロナ感染 劇場公演は当面休止 オンラインイベント延期 今月10人目 |newspaper= Sponichi Annex |publisher= スポーツニッポン新聞社 |date= 2021-08-27 |accessdate= 2021-08-27 }}</ref>。メンバーの経過観察とSKE48劇場、レッスン場などの消毒・除菌対応のため、劇場公演は当面休止となり、8月30日に予定されていたカミングフレーバー2021 Tour「かみふれ!」ボトムライン名古屋公演は延期となった<ref name="{{R|sponichi20210827"/>}}
* 9月1日、28thシングル「[[あの頃の君を見つけた]]」を発売<ref>{{Cite web|url=https://web.archive.org/web/20210625010224/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1624527983|title=SKE48 28thシングル「あの頃の君を見つけた」リリースのお知らせ|website=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|publisher=ゼスト|date=2021-06-25|accessdate=2021-06-25}}</ref>。
* 9月7日、林美澪、青木詩織、荒井優希、伊藤実希、入内嶋涼、江籠裕奈、岡本彩夏、西井美桜、古畑奈和、相川暖花が活動再開<ref>{{Cite news|url= https://www.oricon.co.jp/news/2206051/full/ |title= SKE48、新型コロナ感染&濃厚接触者の10人が7日から活動再開 新センターの林美澪ら |newspaper= ORICON NEWS |publisher= oricon ME |date= 2021-09-06 |accessdate= 2021-09-06 }}</ref>。
* 9月10日、浅井裕華、鎌田菜月、日高優月、藤本冬香が活動再開<ref>{{Cite news|url= https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/202109090000699.html |title= SKE48鎌田菜月ら4人が10日から活動再開 先月末にコロナ感染 |newspaper= 日刊スポーツ |publisher= 日刊スポーツ新聞社 |date= 2021-09-09 |accessdate= 2021-09-09 }}</ref>。
* 9月15日、SKE48劇場での公演を無観客・配信の形式で再開<ref name="sponichi20210915">{{Cite news|url= https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/09/15/kiji/20210915s00041000286000c.html |title= SKE48 新型コロナ感染の川嶋美晴が回復し、活動を再開 劇場での無観客配信公演も再開 |newspaper= Sponichi Annex |publisher= スポーツニッポン新聞社 |date= 2021-09-15 |accessdate= 2021-09-15 }}</ref>。同日、川嶋美晴が活動再開<ref name="{{R|sponichi20210915"/>}}
* 9月29日 - 10月5日、SKE48 13周年ウィークが行われると発表<ref>{{Cite web|url=https://web.archive.org/web/20210922194903/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1632287307|title=「SKE48 13周年ウィーク」開催のお知らせ|website=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|publisher=ゼスト|date=2021-09-22|accessdate=2021-09-22}}</ref>。
 
=== 2022年 ===
* 1月7日に青海ひな乃<ref>{{Cite news|url= https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/202201070000442.html |title= SKE青海ひな乃がコロナ感染 熱もなく体調も安定 今後の日程は後日発表 |newspaper= 日刊スポーツ |publisher= 日刊スポーツ新聞社 |date= 2022-01-07 |accessdate= 2022-01-08 }}</ref>、8日に鈴木愛菜の新型コロナウイルス感染が公表された<ref name="natalie20220108">{{Cite news|url= https://natalie.mu/music/news/460902 |title= SKE48青海ひな乃と鈴木愛菜が新型コロナウイルス感染、18日まで劇場公演中止 |newspaper= 音楽ナタリー |publisher= ナターシャ |date= 2022-01-08 |accessdate= 2022-01-08 }}</ref>。8日にSKE48劇場で開催を予定していた「2022年SKE48新成人メンバーイベント」、および18日までの劇場公演は中止または延期となった<ref name="{{R|natalie20220108"/>}}
* 1月14日に佐藤佳穂、菅原茉椰の新型コロナウイルス感染が公表された<ref>{{Cite web|url=https://ske48.co.jp/news/detail/40128|title=SKE48佐藤佳穂、菅原茉椰に関してのご報告|work=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|publisher=ゼスト|date=2022-01-14|accessdate=2022-01-14}}</ref>。
* 3月2日、29thシングル「タイトル未定」を発売予定<ref>{{Cite web|url=https://ske48.co.jp/news/detail/40098|title=SKE48 29thシングルリリースのお知らせ|website=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|publisher=ゼスト|date=2022-01-11|accessdate=2022-01-11}}</ref>。
 
; SKE48発足 - 2013年7月
: 2008年7月30日(結成時)の第1期生オーディション合格者は、まずオリジナルメンバーとして活動を開始し、8月23日からはAKB48研究生から移籍した中西優香が加わって、合わせて1期生となった。そして2008年10月5日からの公演([[チームA 1st Stage「PARTYが始まるよ」#SKE48 チームS 1st Stage「PARTYが始まるよ」公演|S1st]])開始に際して、オリジナルメンバーから選ばれた16名で「''選抜メンバー''」(後のチームSの母体)が発足。同時に選ばれなかったメンバーが「研究生」となり、その後は随時正規メンバーへ昇格する形をとった<ref name="{{R|audition"/>}}
: 2009年3月29日の第2期生オーディション合格者(2期生)は、まずチームKII候補生として活動を開始し、その後チームKIIの発足によりチームKII発足メンバーと研究生に分かれ、その後随時正規メンバーへ昇格する形をとった<ref name="{{R|audition"/>}}
: 2009年11月上旬の第3期生オーディション合格者(3期生)以降は、全員研究生として活動を開始し、その後随時正規メンバーへ昇格する形をとっている<ref name="{{R|audition"/>}}
: チームE以降は新しいチームは発足していない。正規メンバーの卒業や降格があれば、研究生を適宜昇格させるシステムだった。チームEが4期生が活動を開始した後に発足したため、結果として、チームSは1期生中心、チームKIIは2期生中心、チームEは4期生中心となり、3期生は3つのチームに分散した。
: この体制ではリーダーが必置ではなく、チームSとチームKIIは途中でリーダーを決定したほか、チームSは2012年11月に平田璃香子が卒業して以降リーダー不在の期間があった。
:* '''初代チームS''' - 2009年2月14日からの「[[チームS 2nd Stage「手をつなぎながら」]]公演」開始後の同年3月中、選抜メンバーを一部入れ替えて選ばれた16名で発足<ref name="{{R|offi2012"/>}}。2013年7月10日の「[[チームS 3rd Stage「制服の芽」]]公演」千秋楽で終了。
:* '''初代チームKII''' - 2009年6月13日からの「[[チームA 2nd Stage「会いたかった」#SKE48 チームKII 1st Stage「会いたかった」公演|チームKII 1st Stage「会いたかった」]]公演」に際して同年5月25日、チームKII候補生と研究生(1期生)から昇格した16名で発足。2013年7月12日の「[[チームKII 3rd Stage「ラムネの飲み方」]]公演」千秋楽で終了。
:* '''初代チームE''' - 2011年1月16日からの「[[チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」#SKE48 チームE 1st Stage「パジャマドライブ」公演|チームE 1st Stage「パジャマドライブ」]]公演」に際して2010年12月6日、研究生から昇格した16名で発足<ref name="{{R|web101206"/>}}。2013年7月11日の「[[チームK 5th Stage「逆上がり」#SKE48 チームE 2nd Stage「逆上がり」公演|チームE 2nd Stage「逆上がり」]]公演」千秋楽で終了。
; 2013年7月 - 2014年4月
: 2013年1月に発表された9人の同時卒業を契機として、2013年4月13日の日本ガイシホールでのコンサート『SKE48春コン2013「変わらないこと。ずっと仲間なこと」』にて『組閣』を発表。在籍メンバーの所属予定が発表された<ref name="{{R|新チーム初日"/>}}。その後9人を含めた13名が卒業・辞退、AKB48からの兼任メンバーが北原里英から大場美奈に入れ替わった後、新体制に移行した。
: この体制から必置のリーダー制となり、中西優香がチームSリーダー兼SKE48キャプテンを務めた。またこの体制から、松村香織がSKE48終身名誉研究生となった。
:* '''中西チームS''' - 各初代チームの正規メンバーと研究生からの昇格者16名で発足。2013年7月23日の「[[チームK 6th Stage「RESET」#SKE48 チームS 4th Stage「RESET」公演|チームS 4th Stage「RESET」]]公演」初日から2014年4月21日の同公演千秋楽まで。
; 2014年4月 -
: 2014年2月24日にZepp DiverCity TOKYOで行われた「AKB48グループ 大組閣祭り 〜時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!〜」にて、グループ間の移籍と兼任の増加を伴う新体制を発表。
: この体制から副リーダー制度<ref group="注">{{Efn2|他の姉妹グループでは副キャプテンと呼ぶが、SKE48では副リーダーと呼ぶ。</ref> }}が導入された。また、各チーム2 - 5名が他グループとの兼任となり、特に松井玲奈は乃木坂46との兼任によりAKB48グループ史上初めてのAKB48グループ以外のグループへの兼任となった。
:* '''宮澤チームS''' - 各チームの正規メンバーと他グループからの移籍・兼任、研究生からの昇格者、ドラフト生からなる17名で発足。なお、『大組閣』発表時の予定メンバーは21名。2014年4月25日の「[[チームS 3rd Stage「制服の芽」#SKE48 チームS 5th Stage「制服の芽」公演|チームS 5th Stage「制服の芽」]]公演」初日から開始。
:*'''矢方チームS''' - 2016年3月の宮澤佐江卒業により、リーダーが交代。
 
現メンバーのプロフィールは、注記がない項目については以下の出典を参照。
* 名前・よみ・生年月日<ref name="{{R|profile" />}}
* 加入期<ref name="{{R|profile" />}}<ref name="offi2012mem">2012年11月30日現在。[[#offi2012|『SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中』]]、2012年、31-34頁</ref>
* 昇格日<ref name="guide2012">『AKB48選抜総選挙 公式ガイドブック2012』講談社、''ムック''、2012年。ISBN 978-4063896671</ref>
* 総選挙最高順位(第10回終了時点)<ref name="{{R|ele09" /><ref name="|ele10" /><ref name="|ele11" /><ref name="|ele12" /><ref name="|ele13" /><ref name="|ele14" /><ref name="|ele15" /><ref name="|ele16" />}}
 
=== 正規メンバー ===
|倉島杏実||くらしま あみ||{{生年月日と年齢|2005|06|28}}||8期||2018年5月1日||ゼスト|| ||-
|-
|[[斉藤真木子]]||さいとう まきこ||{{生年月日と年齢|1994|6|28}}||2期||2012年8月29日||ゼスト||'''SKE48劇場支配人'''<br/>'''SKE48キャプテン'''<br/>元チームKII(初代途中)<br/>元チームS(中西)<br />2010年12月6日研究生降格<ref name="{{R|b101206"/>}}||42位
|-
|[[佐藤佳穂]]||さとう かほ||{{生年月日と年齢|1997|05|16}}||8期||2017年10月5日||ゼスト|| ||-
|田辺美月||たなべ みづき||{{生年月日と年齢|2001|01|02}}||9期||2020年3月1日||ゼスト|| ||-
|-
|[[谷真理佳]]||たに まりか||{{生年月日と年齢|1996|1|5}}||-||-||[[ワタナベエンターテインメント]]<ref group="注">{{Efn2|同社の名古屋事業本部所属。</ref>}}||元HKT48<br/>2014年4月25日移籍加入<ref group="注">{{Efn2|チームKIVに配属予定だったが実施されず移籍。</ref>}}||23位
|-
|林美澪||はやし みれい||{{生年月日と年齢|2009|03|10}}||10期||2022年1月15日||ゼスト||SKE48最年少||-
!名前<!--卒業時の芸名を表記、本名・現芸名などは備考欄へ。卒業後の改名も備考へ。-->||よみ||生年月日||加入期||最終在籍日||最終<br />所属||現所属事務所||備考||総選挙<br />最高<br />順位
|-
|鈴木きらら||すずき きらら||{{生年月日と年齢|1993|7|31}}||1期||2008年11月24日||S||<ref group="注">{{Efn2|事務所は所属していないが、2014年4月〜9月までJ:COMチャンネル『夕なび 湘南〜横浜』の番組で、火曜日のお天気キャスターを務めた。</ref>}}||<ref name="web081102">「[https://web.archive.org/web/20110218020902/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1225632307&select=member 鈴木きららからのご報告]」公式サイト、2008年11月2日付、2013年1月3日閲覧</ref>||-
|-
|[[高井つき奈]]||たかい つきな||{{生年月日と年齢|1995|7|6}}||1期||2009年8月31日||S||-||<ref name="{{R|web090730"/>}}||-
|-
|[[手束真知子|前田栄子]]||まえだ えいこ||{{生年月日と年齢|1986|2|25}}||2期||2009年11月29日||KII||-||[[SDN48]]へ移籍<ref name="web091129">「[https://web.archive.org/web/20110218021534/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1259490614&select=member 前田栄子(SKE48 team KII)、SDN48に移籍のご報告]」公式サイト、2009年11月29日付、2013年1月3日閲覧</ref><br />現芸名:手束真知子||-
|山下もえ||やました もえ||{{生年月日と年齢|1992|10|27}}||1期||2009年12月25日||S||-<!--バースエンターテインメント-->||<ref name="web091208">「[https://web.archive.org/web/20110218020936/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1260271306&select=member 山下もえ卒業のお知らせ]」公式サイト、2009年12月8日付、2013年1月3日閲覧</ref><br />元[[CAMOUFLAGE]]メンバー<br>元バースエンターテインメント所属||-
|-
|新海里奈||しんかい りな||{{生年月日と年齢|1992|8|1}}||1期||rowspan=2|2010年5月8日||研||-||元チームS(初代途中)<br />2010年4月1日に研究生降格<ref name="web100330">「[https://web.archive.org/web/20110218021553/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1269960671&select=member 新海里奈(チームS)、森紗雪(チームS)の今後の活動について]」公式サイト、2010年4月1日付、2013年1月3日閲覧</ref><ref name="{{R|web100508"/>}}||-
|-
|森紗雪||もり さゆき||{{生年月日と年齢|1996|11|3}}||1期||研||-||元チームS(初代途中)<br />2010年4月1日に研究生降格<ref name="{{R|web100330"/><ref name="|web100508"/>}}||-
|-
|[[松下唯]]||まつした ゆい||{{生年月日と年齢|1988|7|25}}||1期||2011年9月30日||S||-||<ref name="web110825">「[https://web.archive.org/web/20120608052939/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1314274519&select=member 松下唯卒業のご報告]」公式サイト、2011年8月25日付、2013年1月3日閲覧</ref>||-
|間野春香||まの はるか||{{生年月日と年齢|1995|4|27}}||2期||E||-||<ref name="web120308">「[https://web.archive.org/web/20120608053137/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1331207723&select=member 卒業メンバーのご報告]」公式サイト、2012年3月8日付、2013年1月3日閲覧</ref><ref name="g120308">「[https://plus.google.com/103959130721189812017/posts/Pj17HCiaKRs 本日のチームE公演で、間野と山田の卒業発表をさせて頂きました。]」湯浅洋、Google+、2012年3月8日付、2013年1月3日閲覧</ref>||-
|-
|[[山田恵里伽]]||やまだ えりか||{{生年月日と年齢|1995|12|26}}||3期||E||-<!--尾関 昌也 Project レーベル Bassarat BRAVO'NO-->||<ref name="{{R|web120308"/><ref name="|g120308"/>}}||-
|-
|[[若林倫香]]||わかばやし ともか||{{生年月日と年齢|1996|4|23}}||2期||2012年7月31日||KII||AZクリエイティブ<ref>{{Cite web|url=http://az-creative.com/agentoffice/profile/pg385.html|title=若林倫香プロフィール - AZ creative agent office -|accessdate=2018-04-14|website=AZ Creative|language=ja-JP}}</ref>||<ref name="web091030">「[https://web.archive.org/web/20160624192452/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1259574101&select=stage 昇格メンバーのお知らせ]」公式サイト、2009年10月30日付、2013年1月3日閲覧</ref><ref name="web120702">「[https://web.archive.org/web/20130314125410/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1341234244&select=member 若林倫香卒業のご報告]」公式サイト、2012年7月2日付、2013年1月3日閲覧</ref>||-
|-
|[[平田璃香子]]||ひらた りかこ||{{生年月日と年齢|1989|8|7}}||1期||2012年11月30日||S||[[Mousa]]||<ref name="{{R|offi2012mem"/>}}<ref name="web121024">「[https://web.archive.org/web/20130314125908/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1354212107&select=member 平田璃香子卒業のお知らせ]」11月30日付、公式サイト、2013年1月3日閲覧</ref><br />元チームSリーダー<br />現芸名:璃香子||-
|-
|[[北原里英]]||きたはら りえ||{{生年月日と年齢|1991|6|24}}||-||2013年4月28日||S||[[太田プロダクション]]||在籍時はAKB48チームK兼任<ref group="注">{{Efn2|チームKIIへの異動が発表されていたが実施されず兼任解除。</ref>}}||13位
|-
|[[桑原みずき]]||くわばら みずき||{{生年月日と年齢|1992|2|19}}||1期||rowspan=10|2013年5月6日||S||-<!--[[ビッグ・パパ]] 公式サイトに所属として名前がない-->||本名:桑原瑞希||-
|[[原望奈美]]||はら みなみ||{{生年月日と年齢|1995|12|24}}||4期||E||-||現芸名:原田乃叶美<ref>{{Cite news|url=https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202009110000353.html|title=元SKE48原望奈美が「原田乃叶美」に改名を報告|newspaper=日刊スポーツ|date=2020-09-11|accessdate=2020-09-11}}</ref>||-
|-
|藤本美月||ふじもと みつき||{{生年月日と年齢|1995|9|21}}||5期||<ref group="注">{{Efn2|2013年7月17日に施行された新チーム体制でチームKIIに所属する予定だった。</ref>}}||-||辞退<ref name="2013.04.20">{{cite web|url=http://www.ske48.co.jp/news/?id=1366373912|archiveurl=https://web.archive.org/web/20130420051912/http://www.ske48.co.jp/news/?id=1366373912|title=荻野利沙の活動再開 及び、藤本美月の活動辞退、ご報告|archivedate=2013-04-20|accessdate=2016-07-11|publisher=公式サイト|date=2013-04-20}}</ref>||-
|-
|新土居沙也加||にいどい さやか||{{生年月日と年齢|1994|2|21}}||5期||2013年11月30日||S||-||<ref>{{Cite web |date=2013-11-22 |url=https://web.archive.org/web/20140810072438/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1385111674&select=member |title=SKE48チームS 新土居沙也加 活動辞退による卒業のご報告 |publisher=公式サイト |accessdate=2013-11-22}}</ref><br>元チームS(中西)||-
|[[出口陽]]||でぐち あき||{{生年月日と年齢|1988|3|14}}||1期||rowspan=5|2014年4月29日||S||フローエンタテイメント(業務提携)||<ref>{{Cite web |date=2014-03-13 |url=https://web.archive.org/web/20140810045151/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1394716789&select=member |title=SKE48 チームS 出口陽 活動辞退による卒業のご報告 |publisher=公式サイト |accessdate=2014-03-13}}</ref><br>元チームS(初代・中西)<br />元AKB48研究生(4期)<br />歌手としては「aki」名義でも活動||-
|-
|井口栞里||いぐち しおり||{{生年月日と年齢|1995|3|29}}||2期||E||スターエンジェリカプロダクション<ref>{{Twitter status|iguuuchhi|907427252253605889|井口栞里 2017年9月12日 11:14(JST)のツイート}} - [[Twitter]]</ref>||<ref>{{Cite web |date=2014-04-08 |url=https://web.archive.org/web/20140409012255/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1396951761&select=member|title=SKE48 チームE 井口栞里 活動辞退による卒業のご報告 |publisher=公式サイト |accessdate=2014-04-08}}</ref><br/>2010年12月6日研究生降格<ref name="{{R|b101206"/>}}<br/>元チームKII(初代)<br/>元チームE(松井)||-
|-
|[[三上悠亜|鬼頭桃菜]]||きとう ももな||{{生年月日と年齢|1993|8|16}}||2期||E<br/><ref group="注" {{Efn2|name="transfersteams">|2014年4月25日に施行された新チーム体制でチームSへ異動する予定だった。</ref>}}|| One’s Double ||<ref name="web140323">{{Cite web |date=2014-03-23 |url=https://web.archive.org/web/20140323202645/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1395563089&select=member |title=SKE48 チームE 鬼頭桃菜 今後の活動に関して |work=SKE48 OFFICIAL WEB SITE |accessdate=2014-03-23}}</ref><br/>元チームKII(初代)<br/>元チームS(初代)<br/>元チームE(松井)<br/>2010年12月6日研究生降格<ref name="{{R|b101206"/>}}<br />現芸名:三上悠亜||-
|-
|[[松本梨奈]]||まつもと りな||{{生年月日と年齢|1993|9|3}}||2期||KII||-||<ref>{{Cite web |date=2014-02-20 |url=https://web.archive.org/web/20140810042315/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1392900232&select=member |title=SKE48 チームKII 松本梨奈 活動辞退による卒業のご報告 |work=SKE48 OFFICIAL WEB SITE |accessdate=2014-02-20}}</ref><br>元チームKII(初代・高柳)||41位
|-
|[[金子栞]]||かねこ しおり||{{生年月日と年齢|1995|6|13}}||4期||E<br/><ref group="注" {{Efn2|name="transfersteams"/>}}||-||<ref>{{Cite web |date=2014-04-08 |url=https://web.archive.org/web/20140409043505/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1396951889&select=member|title=SKE48 チームE 金子栞 活動辞退による卒業のご報告 |work=SKE48 OFFICIAL WEB SITE |accessdate=2014-04-08}}</ref><br>元チームE(初代・松井)||63位
|-
|大脇有紗||おおわき ありさ||{{生年月日と年齢|1999|4|1}}||5期||2014年7月30日||E||-||<ref>[https://web.archive.org/web/20140717045456/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1405173835&select=member SKE48 チームE 大脇有紗 今後の活動に関して] 2014年7月12日、SKE48公式サイト</ref><br>元チームE(須田)||-
|水埜帆乃香||みずの ほのか||{{生年月日と年齢|1995|9|1}}||4期||KII||[[プラチナムプロダクション]]||<ref>{{Cite web |date=2014-10-07 |url=https://web.archive.org/web/20150219074907/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1412685183&select=member |title=SKE48 チームKII 水埜帆乃香 活動辞退による卒業のご報告|work=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|accessdate=2014-10-07}}</ref><br />元チームE(松井)<br>元チームKII(古川)<br />現芸名:honoka<br/>旧芸名:帆乃香(フィット所属時)<br/>元[[スターレイプロダクション]]所属<br>元[[フィット (芸能プロダクション)|フィット]]所属||-
|-
|山田みずほ||やまだ みずほ||{{生年月日と年齢|1997|5|25}}||5期||2015年1月31日||KII||-||<ref name="{{R|2015-01-07"/>}}<br>元チームKII(高柳・古川)||54位
|-
|岩永亞美||いわなが つぐみ||{{生年月日と年齢|1994|5|10}}||5期||2015年2月28日||E||-||<ref>{{Cite web |date=2015-01-09 |url=https://web.archive.org/web/20150219075200/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1420810307&select=member |title=SKE48 チームE 岩永亞美 活動辞退による卒業のご報告 |work=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|accessdate=2015-01-09}}</ref><br>元チームE(松井・須田)||46位
|[[佐藤実絵子]]||さとう みえこ||{{生年月日と年齢|1986|6|24}}||1期||rowspan=4|2015年3月31日||S||[[セントラルジャパン]]||<ref name="news20141224">{{Cite web |date=2014-12-24 |url=https://web.archive.org/web/20150219075154/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1419432063&select=member |title=SKE48 チームS 佐藤実絵子、中西優香 活動辞退による卒業のご報告|work=SKE48 OFFICIAL WEB SITE |accessdate=2015-01-09}}</ref><br />元チームKII(初代・高柳)<br>元チームS(宮澤)<br />元チームS副リーダー<br />2009年2月14日研究生降格<ref name="web090210">「[https://web.archive.org/web/20210417014151/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1234257636&select=stage 『手をつなぎながら』公演選抜メンバーのお知らせ]」公式サイト、2009年2月10日、2013年1月3日閲覧</ref>||-
|-
|[[中西優香]]||なかにし ゆうか||{{生年月日と年齢|1989|1|24}}||1期||S||[[スタイルキューブ|ソリッド・キューブ]]||<ref name="{{R|news20141224" />}}<br>元チームS(初代・中西・宮澤)<br />元SKE48キャプテン<br />元チームSリーダー<br />元AKB48研究生(4期)||63位
|-
|[[古川愛李]]||ふるかわ あいり||{{生年月日と年齢|1989|12|13}}||2期||KII||Mousa||<ref>{{Cite web |date=2015-02-01 |url=https://web.archive.org/web/20150219074917/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1422793574&select=member |title=SKE48 チームKll 古川愛李 活動辞退による卒業のご報告 |work=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|accessdate=2015-02-01}}</ref><br>元チームKII(初代・高柳・古川)<br/>元チームKIIリーダー<br />旧芸名:春川瑠花||27位
|[[宮前杏実]]||みやまえ あみ||{{生年月日と年齢|1997|9|9}}||5期||2016年9月30日||S||スリー・エス・スタイルプロ<ref>{{Twitter status|miyamae_ami|837586344683560960|宮前杏実Twitter}} - 2017年3月3日 17:52(JST)</ref>||<ref>{{Cite news |title=SKE宮前杏実が卒業、女優目指し事務所移籍も発表 |newspaper=日刊スポーツ|date=2016-03-07 |url=http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1613862.html |accessdate=2016-03-07}}</ref><ref>[https://web.archive.org/web/20160914114804/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1457352266&select=member SKE48 チームS 宮前杏実 卒業のご報告] SKE48公式サイトニュース(2016年3月7日)2016年3月7日閲覧。</ref><ref>[https://web.archive.org/web/20160914112929/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1473075204&select=member SKE48 チームS 宮前杏実の今後の活動に関して] SKE48公式サイトニュース(2016年9月4日)2016年9月4日閲覧。</ref><br />元チームE(松井)<br>元チームS(宮澤・矢方)||45位
|-
|[[矢方美紀]]||やかた みき||{{生年月日と年齢|1992|6|29}}||3期||rowspan=2|2017年2月28日||S||ワンダースペース|{{R|<ref name="news20170125"/>}}<ref>[https://web.archive.org/web/20210417014228/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1485427486&select=member SKE48 チームS 矢方美紀 卒業のご報告] SKE48公式サイトニュース(2017年1月26日)2017年1月27日閲覧。</ref><br />元チームKII(初代)<br>元チームS(宮澤・矢方)<br />元チームSリーダー<br />元チームS(宮澤)副リーダー||62位
|-
|野口由芽||のぐち ゆめ||{{生年月日と年齢|1998|4|17}}||6期||S||-||<ref name="news20170125">{{Cite news |title=SKE矢方美紀と野口由芽、2月末での卒業発表|newspaper=日刊スポーツ|date=2017-01-25 |url=http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1770105.html |accessdate=2017-01-25}}</ref><ref>[https://web.archive.org/web/20210417014224/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1485427536&select=member SKE48 チームS 野口由芽 卒業のご報告] SKE48公式サイトニュース(2017年1月26日)2017年1月27日閲覧。</ref><br>元チームS(宮澤・矢方)||85位
|[[犬塚あさな]]||いぬづか あさな||{{生年月日と年齢|1994|3|19}}||4期||2018年7月1日||S||[[舞夢プロ]]||<ref>「[https://web.archive.org/web/20180617192643/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1526386300&select=member SKE48 チームS 犬塚あさな卒業のご報告]」公式サイト、2018年5月15日付、2018年5月15日閲覧。</ref><ref>[https://web.archive.org/web/20180617192851/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1528706325&select=stage 犬塚あさな劇場最終公演日程のお知らせ] - SKE48 OFFICIAL WEB SITE (2018年6月11日)</ref><br>元チームS(宮澤・矢方・北川)<br />元チームS(北川)副リーダー<br />2012年9月1日 - 9月21日謹慎<ref>「[https://web.archive.org/web/20130314125531/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1346500959&select=member 犬塚あさなの活動について]」公式サイト、2012年9月1日付</ref><ref>「[https://web.archive.org/web/20130314125421/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1348209319&select=member SKE48研究生 犬塚あさなについてのご報告]」公式サイト、2012年9月21日付</ref>||-
|-
|矢作有紀奈||やはぎ ゆきな||{{生年月日と年齢|1995|3|13}}||8期||2018年11月10日||KII||-||<ref>{{Cite web|url=https://web.archive.org/web/20181021190828/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1539855532&select=member|title=あらためまして SKE48 チームKII 矢作有紀奈 握手会含めた最終活動のご報告|work=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|date=2018-10-18|accessdate=2021-09-30}}</ref><br>元チームKII(大場)<br />妹は[[矢作萌夏]](元AKB48)<ref>「[https://www.sanspo.com/article/20180121-HU6BKNORXVJZDGJ4M36APSCXEE/ AKBドラフトで1巡目では埼玉県出身の矢作萌夏さんに競合 SKE・矢作の妹]」SANSPO.COM(サンスポ)、2018年1月21日付、2018年3月4日閲覧</ref><br />旧芸名:矢作ゆきな<ref name="yahagi">{{Cite web|url=http://www.cattleya-pro.com/talent/talent0018.html|title=矢作ゆきな|publisher=カトレアプロモーション|accessdate=2016-11-20|archiveurl=https://web.archive.org/web/20160817105932/http://www.cattleya-pro.com/talent/talent0018.html|archivedate=2016-08-17}}</ref><br />元カトレアプロモーション所属<ref name="{{R|yahagi" />}}<br />元Le Petite Fleurie<ref>{{Cite web|url=https://www.showroom-live.com/room/profile?room_id=70461|title=矢作姉妹(矢作ゆきな.矢作萌花.ルプティフルリエ) - プロフィール|work=SHOWROOM|accessdate=2016-11-20}}</ref>||-
|-
|町音葉||まち おとは||{{生年月日と年齢|2001|11|6}}||7期||2018年11月30日||S||-||<ref>{{cite news|url=https://web.archive.org/web/20181113210618/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1541591667&select=member|title=SKE48 チームS 町音葉卒業のご報告|work=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|publisher=AKS|date=2018-11-07|accessdate=2018-11-07}}</ref><br>元チームS(矢方・北川)||-
|稲垣ほなみ||いながき ほなみ||{{生年月日と年齢|1989|3|25}}||1期||rowspan=2|2009年4月30日||-||<ref name="web090423">{{cite web|url=http://www.ske48.co.jp/news/?id=1240484140|archiveurl=https://web.archive.org/web/20110218071102/http://www.ske48.co.jp/news/?id=1240484140|title=メンバー卒業のお知らせ|archivedate=2011-02-18|accessdate=2016-07-11|publisher=公式サイト|date=2009-04-23}}</ref>
|-
|尾関きはる||おぜき きはる||{{生年月日と年齢|1994|12|24}}||1期||-||<ref name="{{R|web090423"/>}} 本名:備前希日
|-
|齋藤優菜||さいとう ゆな||{{生年月日と年齢|1992|9|9}}||2期候補||2009年5月25日以前||-||辞退<br>元[[トヨタオフィス]]所属
|大島風薫||おおしま ふうか||{{生年月日と年齢|1995|12|2}}||2期||rowspan=3|2009年9月30日||-||<ref name="web090930">{{cite web|url=http://www.ske48.co.jp/news/?id=1254303130|archiveurl=https://web.archive.org/web/20091003234253/http://www.ske48.co.jp/news/?id=1254303130|title=メンバー卒業のご報告|archivedate=2009-10-03|accessdate=2016-07-11|publisher=公式サイト|date=2009-09-30}} {{cite web|url=http://www.ske48.co.jp/news/?id=1254308931|archiveurl=https://web.archive.org/web/20091005000244/http://www.ske48.co.jp/news/?id=1254308931|title=前川愛佳 卒業のご挨拶について(10月6日)|archivedate=2009-10-05|accessdate=2016-07-11|publisher=公式サイト|date=2009-09-30}}</ref>
|-
|林星香||はやし せいか||{{生年月日と年齢|1996|11|21}}||2期||-||<ref name="{{R|web090930"/>}}
|-
|前川愛佳||まえかわ あいか||{{生年月日と年齢|1997|3|11}}||1期||-||10月6日挨拶<ref name="{{R|web090930"/>}}
|-
|橋本あゆみ||はしもと あゆみ||{{生年月日と年齢|1989|2|5}}||2期||2009年11月30日||-||<ref name="{{R|web091127"/>}}<br>2013年にプロマラソン選手(当時)の[[大迫傑]]と結婚し、
夫の姓である「大迫あゆみ」として活動。
|-
|小林絵未梨||こばやし えみり||{{生年月日と年齢|1994|4|14}}||4期||2013年5月6日||-||
|-
|伊藤茜||いとう あかね||{{生年月日と年齢|1997|11|4}}||6期||2013年5月9日||-||辞退<ref name="{{R|2013.05.09" />}}
|-
|日置実希||ひおき みき||{{生年月日と年齢|1992|10|14}}||5期||2013年6月1日||-||辞退<ref name="2013.05.09">{{cite web|url=http://www.ske48.co.jp/news/?id=1368087351|archiveurl=https://web.archive.org/web/20130512164606/http://www.ske48.co.jp/news/?id=1368087351|title=SKE48研究生 日置実希、6期生伊藤茜 活動辞退のご報告|archivedate=2013-05-12|accessdate=2016-07-11|publisher=公式サイト}}</ref>
|後藤真由子||ごとう まゆこ||{{生年月日と年齢|1996|5|31}}||6期||2014年7月29日||[[みらいくーる]]||<ref>{{cite web|url=http://www.ske48.co.jp/news/?id=1405173973|archiveurl=https://web.archive.org/web/20140714162730/http://www.ske48.co.jp/news/?id=1405173973|title=SKE48 研究生 後藤真由子 活動辞退による卒業のご報告|archivedate=2014-07-14|accessdate=2016-07-11|publisher=公式サイト|date=2014-07-12}}</ref>
|-
|佐々木柚香||ささき ゆか||{{生年月日と年齢|1996|9|3}}||6期||2015年2月28日||-||<ref name="{{R|2015-02-04"/>}}
|-
|荻野利沙||おぎの りさ||{{生年月日と年齢|1996|1|28}}||5期||2015年3月31日||-||<ref name="2015-02-04">{{cite web|url=http://www.ske48.co.jp/news/?id=1423057218|archiveurl=https://web.archive.org/web/20150204170257/http://www.ske48.co.jp/news/?id=1423057218|title=SKE48 研究生 荻野利沙 佐々木柚香 活動辞退による卒業のご報告|archivedate=2015-02-04|accessdate=2016-07-11|publisher=公式サイト|date=2015-02-04}}</ref>
|石川咲姫||いしかわ さき||{{生年月日と年齢|2001|05|05}}||8期||rowspan=2|2018年6月26日||-||<ref name="ishikawa_kouzuma">{{Cite web|url=https://web.archive.org/web/20180627144946/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1530012651&select=member|title=SKE48 研究生 石川咲姫・上妻ほの香 卒業のご報告|accessdate=2018-06-26|website=SKE48 OFFICIAL WEB SITE}}</ref>
|-
|上妻ほの香||こうづま ほのか||{{生年月日と年齢|2004|11|19}}||ドラフト3期||-||<ref name="{{R|ishikawa_kouzuma" />}}<ref>{{Cite web|url=https://web.archive.org/web/20180627144803/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1530012571&select=member|title=SKE48 チームS ドラフト3期研究生 上妻ほの香よりファンの皆様へ|accessdate=2018-06-26|website=SKE48 OFFICIAL WEB SITE}}</ref><br />第3回ドラフト会議チームS 1位指名<br>元チームS(北川)ドラフト研究生<br>元イロハサクラのメンバー
|-
|渥美彩羽||あつみ あやは||{{生年月日と年齢|2002|03|19}}||8期||2018年7月31日||-||<ref>{{Cite web|url=https://web.archive.org/web/20180731153711/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1533029923&select=member|title=SKE48 研究生 渥美彩羽 卒業のご報告|accessdate=2018-07-31|website=SKE48 OFFICIAL WEB SITE}}</ref>
!colspan="10" style="background:#efefef;"|2008年
|-
|7月30日||第1期生オーディションで22名を選出<ref name="{{R|web080731"/>}}||+22||22||||colspan=4| ||1期生22人
|-
|8月23日||SKE48お披露目<br />中西優香 AKB48より移籍<ref name="{{R|akbblog080824"/>}}||+1||23||||colspan=4| ||style="white-space:nowrap;"|1期生22人→23人
|-
|10月5日||1st公演初日<ref name="{{R|web081002"/>}}|| ||23||16||16||colspan=2| ||7||
|-
|style="white-space:nowrap;"|11月24日||1st選抜 鈴木きらら 卒業<ref name="{{R|web081102"/>}}||-1||22||15||15||colspan=2| ||7||1期生23人→22人
|-
|11月29日||平松可奈子 選抜昇格|| ||22||16||16||colspan=2| ||6||
!colspan="3" style="background:#efefef;"|2009年||全||正||S||KII||E||研||
|-
|2月14日||2nd公演初日<br />森紗雪 選抜昇格<br />佐藤実絵子 降格<ref name="{{R|web090210"/>}}|| ||22||16||16||colspan=2| ||6||
|-
|3月||選抜メンバーをチームSへ移行|| ||22||16||16||colspan=2| ||6||
|-
|4月25日||チームKII候補生(2期生)お披露目<ref>「[https://web.archive.org/web/20210417014245/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1239966852&select=etc SKE48チームKII初お披露目のお知らせ]」公式サイト、2009年4月17日付、2013年1月3日閲覧</ref>||+24||46||16||16||24<ref group="注" {{Efn2|name="KIIKOUHO">|5月25日にKIIメンバーが発表されるまでは候補生としての準備期間。</ref>}}||||6||2期生24人
|-
|4月26日||2期生 若生純奈 辞退||-1||45||16||16||23<ref group="注" {{Efn2|name="KIIKOUHO" />}}||||6||2期生24人→23人
|-
|4月30日||研究生 稲垣ほなみ・尾関きはる 卒業<ref name="{{R|web090423"/>}}||-2||43||16||16||23<ref group="注" {{Efn2|name="KIIKOUHO" />}}|| ||4||1期生22人→20人
|-
|5月25日||チームKII結成<br />佐藤実絵子・佐藤聖羅 チームKII昇格<br />2期生 齋藤優菜 辞退||-1||42||32||16||16||||10||2期生23人→22人
|-
|8月17日||研究生 柴木愛子 卒業<ref name="{{R|web090818"/>}}||-1||41||32||16||16||||9||1期生20人→19人
|-
|8月31日||チームS 高井つき奈 卒業<ref name="web090730">「[https://web.archive.org/web/20110218021727/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1248965122&select=member 高井つき奈 卒業のお知らせ]」公式サイト、2009年7月30日付、2013年1月3日閲覧</ref>||-1||40||31||15||16||||9||1期生19人→18人
|-
|9月30日||研究生 大島風薫・林星香・前川愛佳 卒業<ref name="{{R|web090930"/>}}||-3||37||31||15||16|| ||6||1期生18人→17人<br />2期生22人→20人
|-
|11月14日||第3期研究生 お披露目<ref name="{{R|web091103"/>}}||+13||50||31||15||16||||19||3期生13人
|-
|11月29日||チームKII 前田栄子(手束真知子) 卒業(SDN48へ移籍)<ref name="{{R|web091129"/>}}||-1||49||30||15||15|| ||19||2期生20人→19人
|-
|11月30日||チームKII 市原佑梨・研究生 橋本あゆみ 卒業<ref name="{{R|web091127"/>}}||-2||47||29||15||14|| ||18||2期生19人→17人
|-
|12月6日||若林倫香 チームKII昇格|| ||47||30||15||15|| ||17||
|-
|12月9日||研究生 柳瀬愛子 契約解除<ref name="{{R|web091209"/>}}||-1||46||30||15||15|| ||16||3期生13人→12人
|-
|12月25日||チームS 山下もえ 卒業<ref name="{{R|web091208"/>}}||-1||45||29||14||15|| ||16||1期生17人→16人
|-
!colspan="3" style="background:#efefef;"|2010年||全||正||S||KII||E||研||
|4月1日||チームS 新海里奈・森紗雪 研究生に降格|| ||45||30||14||16|| ||15||
|-
|5月8日||研究生 新海里奈・半田礼音・森紗雪 卒業<ref name="{{R|web100330"/><ref name="|web100508"/>}}||-3||42||30||14||16|| ||12||style="white-space:nowrap;"|1期生16人→14人<br />3期生12人→11人
|-
|6月23日||木﨑ゆりあ チームS昇格|| ||42||31||15||16|| ||11||
|10月5日||第4期研究生 お披露目<ref>「[http://natalie.mu/music/news/38715 SKE48、地元・名古屋ライブで第4期生16名をお披露目]」ナタリー、2010年10月6日付、2013年1月17日閲覧</ref>||+16||58||32||16||16||||26||4期生16人
|-
|12月6日||チームE結成<ref name="{{R|web101206"/>}}<br />研究生 阿比留李帆・後藤理沙子・秦佐和子・矢方美紀 チームKII昇格<br />チームKII 井口栞里・内山命・鬼頭桃菜・斉藤真木子 研究生に降格<ref name="{{R|b101206"/>}}|| ||58||48||16||16||16||10||
|-
!colspan="3" style="background:#efefef;"|2011年||全||正||S||KII||E||研||
|-
|2月23日||研究生 野々山茉琳 卒業<ref name="{{R|web110223"/>}}||-1||57||48||16||16||16||9||4期生16人→15人
|-
|9月30日||チームS 松下唯 卒業<ref name="{{R|web110825"/>}}||-1||56||47||15||16||16||9||1期生14人→13人
|-
|11月26日||第5期研究生 お披露目<ref>「[http://natalie.mu/music/news/60299 SKE48、2度目のリクエストアワーで第5期生デビュー]」ナタリー、2011年11月28日付、2013年1月17日閲覧</ref>||+13||69||47||15||16||16||22||5期生13人
|-
|12月31日||チームE 中村優花 卒業<ref name="{{R|web111128"/>}}||-1||68||46||15||16||15||22||4期生15人→14人
|-
!colspan="3" style="background:#efefef;"|2012年||全||正||S||KII||E||研||
|-
|3月31日||チームS 小野晴香・チームE 間野春香・山田恵里伽 卒業<ref name="{{R|web120304"/><ref name="|web120308"/>}}||-3||65||43||14||16||13||22||1期生13人→12人<br />2期生17人→16人<br />3期生11人→10人
|-
|5月31日||研究生 今出舞 卒業<ref name="{{R|web120423"/>}}||-1||64||43||14||16||13||21||3期生10人→9人
|-
|7月31日||チームKII 若林倫香 卒業<ref name="{{R|web120702"/>}}||-1||63||42||14||15||13||21||2期生16人→15人
|-
|8月24日||北原里英 AKB48との兼任で加入(チームは未定)||+1||64||43||14||15||13||21||
|8月29日||研究生 鬼頭桃菜・菅なな子 チームS昇格<br />研究生 井口栞里 チームKII昇格<br />研究生 内山命・斉藤真木子・古畑奈和 チームE昇格<br /><ref name="web120829">「[https://web.archive.org/web/20130314125834/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1346245048&select=member 昇格メンバーのお知らせ]」公式サイト、2012年8月29日付、2013年1月3日閲覧</ref>|| ||64||49||16||16||16||15||
|-
|11月30日||チームS 平田璃香子 卒業<ref name="{{R|web121024"/>}}||-1||63||48||15||16||16||15||1期生12人→11人
|-
!colspan="3" style="background:#efefef;"|2013年||全||正||S||KII||E||研||
|3月15日||第7期研究生 合格者発表||+15||75||53||19||17||17||22||7期生15人
|-
|3月31日||チームS 佐藤実絵子・中西優香、チームKII 古川愛李、チームE 小林亜実 卒業<br />研究生 荻野利沙 卒業<br />終身名誉研究生 松村香織 昇格<ref group="注">{{Efn2|3月26日に昇格が発表され、この日、松村が受諾し正式に昇格した。</ref>}}<br />研究生 青木詩織、井田玲音名、鎌田菜月、竹内彩姫、山田樹奈 昇格||-5||70||55||18||19||18||15||1期生5人→3人<br />2期生8人→7人<br />4期生10人→9人<br />5期生6人→5人
|-
|4月3日||チームKII 山田菜々 NMB48卒業に伴い兼任終了<ref group="注">{{Efn2|兼任元卒業に伴う兼任終了は48グループ初。</ref>}}||-1||69||54||18||18||18||15||
|-
|4月30日||チームKII 阿比留李帆 卒業||-1||68||53||18||17||18||15||2期生7人→6人
----
{{リスト|平松可奈子 ■|森紗雪 ▼|木下有希子|須田亜香里|木﨑ゆりあ|加藤るみ|鬼頭桃菜|菅なな子|北原里英 ▲}}
|style="text-align:left; vertical-align:top"|{{リスト|'''赤枝里々奈 ■|井口栞里 ▼<ref group="注">{{Efn2|研究生降格後に同チームに昇格し、チーム活動終了まで在籍。</ref>}}|石田安奈|市原佑梨 ■|内山命 ▼|加藤智子|鬼頭桃菜 ▼|斉藤真木子 ▼|佐藤聖羅|佐藤実絵子|高柳明音 (L)|古川愛李|前田栄子 ▲|松本梨奈|向田茉夏|山田澪花'''}}
----
{{リスト|若林倫香 ■|小木曽汐莉 ■|阿比留李帆|後藤理沙子|秦佐和子 ■|矢方美紀}}
 
=== カップリング曲のメンバー ===
当初はAKB48と同様にシングルのカップリング曲を歌うために、選抜に準じた「アンダーガールズ」が結成されていたが、4thシングル以降はSKE48独自の「白組」「紅組」が結成され、白組はTYPE-Aの、紅組はTYPE-Bのカップリング曲を担当している(9thのみそれぞれTYPE-B、TYPE-Cを担当)。当初は選抜メンバーも「白組」「紅組」に入っていたが、5thからは松井珠理奈と松井玲奈以外の表題曲の選抜メンバーが除かれ、さらに9thから松井珠理奈、10thから松井玲奈がそれぞれ除かれて、10th以降は完全に表題曲の選抜に入らなかったメンバーで構成されている<ref name="{{R|discography"/>}}
 
選抜と同様にメンバーはその都度選ばれ、人数も一定ではない。各シングルにおけるメンバーについては当該項目を参照。
 
{| class="wikitable" style="font-size:90%; line-height:1.2em;"
|+ カップリング曲構成の推移<ref name="{{R|discography"/>}}
|-
! ||タイトル||アンダーガールズA||アンダーガールズB||セレクション8||チーム||全員||その他
 
{{hidden begin
|title = デコシューズ総選挙<ref group="注">{{Efn2|SKE48と[[名古屋市]]に本社を構える靴メーカー、[[ジーフット|ASBee]]とのコラボレーション企画。12チームに分かれて、デコシューズをプロデュース。各チームを投票された中から、デコシューズを抽選で1名(合計12名)にプレゼントする。結果発表は2010年12月16日に行われ、1位はTeam ざ・まついれなに決まった。</ref>}}<ref>[https://web.archive.org/web/20101210031251/http://www.asbee-ske48.com/votedecoshoes/index03.html ASBee×SKE48 - SKE48デコシューズ総選挙! 投票結果]</ref>
}}
{|class="wikitable" style="text-align:left;font-size:small;line-height:1.2em;"
|-
|'''青空片想い'''
|[[TBSテレビ]]『[[笑撃!ワンフレーズ]]』3月・4月度エンディング・テーマ<ref name="{{R|cdj182189"/>}}
|rowspan=2|2ndシングル「[[青空片想い]]」
|-
|-
|'''ごめんね、SUMMER'''
|TBSテレビ『[[ウンナンのラフな感じで。]]』6月・7月度エンディング・テーマ<ref name="{{R|cdj182189"/>}}
|3rdシングル「[[ごめんね、SUMMER]]」
|-
|'''1!2!3!4! ヨロシク!'''
|CM:[[日本マイクロソフト]]『[[Kinect]]』<ref name="{{R|cdj182189" />}}<br />[[東海テレビ放送|東海テレビ]] ドラマ『[[モウソウ刑事!]]』主題歌<br />CM:アジアル [[びっくりドンキー]]「SKE48篇」
|rowspan=2|4thシングル「[[1!2!3!4! ヨロシク!]]」
|-
|-
|'''バンザイVenus'''
|CM:[[日本ケンタッキー・フライド・チキン]]<!--当時--> [[ピザハット]]『SKE48×ピザハット』「ハットバリュー新登場!」篇<ref name="{{R|cdj182189"/>}}<br />CM:[[モビリティランド]]「[[鈴鹿サーキット|鈴鹿]]に一番のり!篇」<br />CM:[[ジーフット]] ASBee
|rowspan=2|5thシングル「[[バンザイVenus]]」
|-
|-
|'''パレオはエメラルド'''
|[[テレビ朝日]]『[[お願い!ランキング]]』7月度エンディング・テーマ<ref name="{{R|cdj182189"/>}}<br />CM:ジーフット ASBee『ASBee×SKE48』「SUMMER SALE篇」
|6thシングル「[[パレオはエメラルド]]」
|-
|-
|'''歌おうよ、僕たちの校歌'''
|映画:『[[ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-]]』主題歌<ref name="{{R|cdj182189"/>}}
|-
|'''片想いFinally'''
=== 劇場公演 ===
==== SKE48劇場 ====
2012年8月までは旧SUNSHINE STUDIO、2012年12月以降はSKE48劇場がオープンし公演を行っている<ref>[https://www.livewalker.com/web/detail/15175 SKE48劇場] LiveWalker 2021年7月13日閲覧。</ref>。2012年4月時点で、人気のある公演ではチケットの倍率が50倍程度に達している<ref name="{{R|toyo120507"/>}}
 
初代のチーム体制での公演は、初期はAKB48のチームKやBと同様、既存のAKB48の公演を用いた「お下がり」公演を行った後適宜「オリジナル」公演に移行する形だった。チームS(初代)は初公演から半年でオリジナル公演を開始している。これに対し、チームKII(初代)は初公演から2年3か月経過後の開始となった<ref group="注">{{Efn2|チームKIIの「ラムネの飲み方」公演は再三にわたって延期となっていて、2011年6月の[[AKB48 22ndシングル選抜総選挙|選抜総選挙]]開票イベントの際にリーダーの高柳明音が「直訴」したことが契機となって同年10月にオリジナル公演が開始したというエピソードがある。</ref>}}<ref>[http://natalie.mu/music/news/57417 SKE48チームKII初のオリジナル公演、ついにスタート] - ナタリー、2011年10月3日 19:56</ref> ほか、チームE(初代)は初公演から2年半のチーム体制の間1度もオリジナル公演が行われなかった。チームS(初代)の「制服の芽」公演はAKB48グループでは最長の3年9か月間にわたる長期公演となった。公演長期化や新公演の遅れはAKB48グループに共通する傾向で、2010年頃から現れており、背景として、グループ内で姉妹グループ・派生ユニット・ソロなどの提供楽曲数が急増して秋元康ら制作陣が繁忙となったことが挙げられている<ref>NHK BSプレミアム「密着!秋元康2160時間〜エンターテインメントは眠らない〜」2013年2月11日放送分より</ref>{{出典無効|date=2015-09-21}}。
 
2013年7月からのチーム体制での公演は、最初の公演については、既存のAKB48グループ全公演からメンバーやスタッフが各チーム3公演に絞りこんだ後、ファンの投票で決定したものを行っている<ref name="{{R|新チーム初日"/>}}。同年8月23日に開催された「AKB48・2013真夏のドームツアー〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜」にて次の新公演の初日が発表されており、チームSが2013年11月30日、チームEが2014年5月28日、チームKIIが2014年6月25日から開始する予定<ref name="New Set List">{{Cite news|url=https://web.archive.org/web/20210417014236/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1377262107&select=stage |title=AKB48グループ新公演のお知らせ|publisher=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|accessdate=2013-08-24}}</ref><ref name="Schedule change">{{Cite web |date=2013-09-19 |url=https://web.archive.org/web/20210417014314/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1379592415&select=release |title=AKB48 33rdシングル「ハート・エレキ」2013年12月1日(日)劇場盤発売記念 大握手会 SKE48 チームSメンバー 参加とユーザー抽選購入申込みのお知らせ |publisher=SKE48 OFFICIAL WEB SITE |accessdate=2013-09-20}}</ref> となっていた。しかし、制作上の遅れから各チーム公演の初日が延期されており、新たにチームSは2014年2月27日開始予定、KIIとEに関しては日程調整のため開始日未定<ref name="New Set List delay">{{Cite web |date=2013-12-04 |url=https://web.archive.org/web/20210417014201/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1386151800&select=stage |title=お知らせ|publisher=SKE48 OFFICIAL WEB SITE |accessdate=2013-12-05}}</ref> となったが、大組閣祭り開催のためチームSの新公演は2度目の延期が発表された<ref name="Team S New Set List delay">{{Cite web |date=2014-02-06 |url=https://web.archive.org/web/20140329034256/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1391680216&select=stage |title=チームS 5th公演 延期のお知らせ|publisher=SKE48 OFFICIAL WEB SITE |accessdate=2014-02-07}}</ref>。2016年9月現在、各チームとも既存の楽曲によるセットリストの公演が行われており、オリジナル楽曲による新公演については未定。
 
;チームS
* チームS(初代)
# [[チームA 1st Stage「PARTYが始まるよ」#SKE48 チームS 1st Stage「PARTYが始まるよ」公演|PARTYが始まるよ]]:2008年10月5日 - 2009年2月8日<ref name="offi2012set">2012年11月30日現在。[[#offi2012|『SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中』]]、2012年、187頁</ref>(34公演)
# [[チームS 2nd Stage「手をつなぎながら」|手をつなぎながら]]:2009年2月14日 - 10月16日<ref name="{{R|offi2012set"/>}}(97公演)
# [[チームS 3rd Stage「制服の芽」|制服の芽]]:2009年10月25日<ref name="{{R|offi2012set"/>}} - 2013年7月10日<ref name="New Team">{{Cite web |date=2013-06-24 |url=https://web.archive.org/web/20130629153738/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1372055714&select=stage |title=千秋楽公演・初日公演 日程のお知らせ |publisher=SKE48 OFFICIAL WEB SITE |accessdate=2013-06-24}}</ref>(244公演)
* チームS(中西)
<ol start="4">
;チームKII
* チームKII(初代)
# [[チームA 2nd Stage「会いたかった」#SKE48 チームKII 1st Stage「会いたかった」公演|会いたかった]]:2009年6月13日 - 11月29日<ref name="{{R|offi2012set"/>}}(61公演)
#* リバイバル公演:2011年2月13日(1公演)<ref name="{{R|offi2012set"/>}}
# [[チームS 2nd Stage「手をつなぎながら」#SKE48 チームKII 2nd Stage「手をつなぎながら」公演|手をつなぎながら]]:2009年12月6日 - 2010年9月22日<ref name="{{R|offi2012set"/>}}(84公演)
#* リバイバル公演:2011年4月5日 - 2011年9月1日<ref name="{{R|offi2012set"/>}}(23公演)
# [[チームKII 3rd Stage「ラムネの飲み方」|ラムネの飲み方]]:2011年10月1日<ref name="{{R|offi2012set"/>}} - 2013年7月12日<ref name="{{R|New Team"/>}}(115公演)
* チームKII(高柳)
<ol start="4">
;チームE
* チームE(初代)
# [[チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」#SKE48 チームE 1st Stage「パジャマドライブ」公演|パジャマドライブ]]:2011年1月16日 - 2012年3月28日<ref name="{{R|offi2012set"/>}}(78公演)
# [[チームK 5th Stage「逆上がり」#SKE48 チームE 2nd Stage「逆上がり」公演|逆上がり]]:2012年5月14日<ref name="{{R|offi2012set"/>}} - 2013年7月11日<ref name="{{R|New Team"/>}}(84公演)
* チームE(松井)
<ol start="3">
<ol start="4">
<li> [[チームS 2nd Stage「手をつなぎながら」#SKE48 チームE 4th Stage「手をつなぎながら」公演|手をつなぎながら]]:2014年5月2日 - 2016年9月1日(184公演)<ref name="e4-5">{{Cite web|url=https://web.archive.org/web/20160828140556/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1471437156&select=stage|title=チームE「手をつなぎながら」公演千秋楽、チームE新公演初日のお知らせ|work=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|publisher=AKS|date=2016-08-17|accessdate=2016-08-27}}</ref>
<li> [[チームE 5th Stage「SKEフェスティバル」|SKEフェスティバル]]:2016年9月9日<ref name="{{R|e4-5" />}}<ref>{{Cite news|url=https://news.dwango.jp/idol/17924-1609|title=SKE48新公演で前田敦子彷彿とさせるスピーチ、須田亜香里は感激の涙|newspaper=ドワンゴジェイピーnews|publisher=ドワンゴ|date=2016-09-09|accessdate=2016-09-11}}</ref> -
</ol>
; 研究生
# [[チームA 1st Stage「PARTYが始まるよ」#SKE48 研究生公演「PARTYが始まるよ」|PARTYが始まるよ]]:2010年2月16日<ref name="{{R|offi2012set"/>}} - 2012年8月12日、2015年7月6日<ref>{{Cite web |date=2015-06-22 |url=https://web.archive.org/web/20210417014205/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1434972696&select=stage |title=「研究生公演開催のお知らせ」 |publisher=公式サイト |accessdate=2015-06-23}}</ref> - 2017年4月8日
# [[チームA 2nd Stage「会いたかった」#SKE48 研究生公演「会いたかった」|会いたかった]]:2012年2月27日<ref name="{{R|offi2012set"/>}} - 2013年12月23日
# [[チームS 3rd Stage「制服の芽」#SKE48 研究生公演「制服の芽」|制服の芽]]:2014年1月5日 - 2014年4月19日
# SKE48 アップカミング公演
==== 2021年年末特別公演 ====
* ユニット曲特別公演:2021年11月26日 - 12月8日<ref>{{Cite web|url=https://web.archive.org/web/20211102135059/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1635852882|title=「SKE48 ユニット曲特別公演 対抗戦」のお知らせ|website=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|publisher=ゼスト|date=2021-11-02|accessdate=2021-11-04}}</ref><ref name="unit song">{{Cite web|url=https://web.archive.org/web/20211104125638/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1635936402|title=SKE48 ユニット曲特別公演 対抗戦 公演日程のお知らせ|website=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|publisher=ゼスト|date=2021-11-04|accessdate=2021-11-04}}</ref>。
** チーム青木詩織:2021年12月8日<ref name="{{R|unit song" />}} -
** チーム北野瑠華:2021年12月2日<ref name="{{R|unit song" />}} -
** チーム日高優月:2021年12月4日<ref name="{{R|unit song" />}} -
** チーム井田玲音名:2021年11月29日<ref name="{{R|unit song" />}} -
** チーム鎌田菜月:2021年11月26日<ref name="{{R|unit song" />}} -
** チーム熊崎晴香:2021年12月6日<ref name="{{R|unit song" />}} -
 
==== 出張公演 ====
<!--セットリストで行う公演。コンサート・ライブイベントは別項-->
'''[[AKB48劇場]]'''(東京都千代田区)
* SKE48 「PARTYが始まるよ」(2008年11月22日・12月19日)<ref>「[https://web.archive.org/web/20210417014056/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1226334586&select=stage AKB48劇場でのSKE48公演開催決定!]」2011年11月11日、「[https://web.archive.org/web/20210417014218/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1229138306&select=stage AKB48劇場でのSKE48公演開催決定!]」12月13日、公式サイト、2013年1月3日閲覧</ref><ref name="{{R|web081112"/>}}
* TeamS 「手をつなぎながら」(2009年6月6日・7日)<ref>「[https://web.archive.org/web/20210417014257/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1241932924&select=event 東京・秋葉原のAKB48劇場にてSKE48『手をつなぎながら』公演の開催決定]」公式サイト、2009年5月10日付、2013年1月3日閲覧</ref>
* TeamKII 「手をつなぎながら」(2010年6月8日)
* TeamKII 「ラムネの飲み方」(2012年2月7日・8日)
* TeamE 「逆上がり」(2012年9月23日)<ref name="web120916">「[https://web.archive.org/web/20210417014214/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1347700559&select=stage SKE48出張公演開催のお知らせ]」公式サイト、2012年9月16日、2013年1月3日閲覧</ref>
* TeamS 「制服の芽」(2012年9月27日)<ref name="{{R|web120916"/>}}
* TeamKII 「ラムネの飲み方」(2012年9月28日)<ref name="{{R|web120916"/>}}
* AKB48 研究生公演「パジャマドライブ」へのサプライズ出演<ref group="注">{{Efn2|内山がサプライズ出演。</ref>}}(2013年5月12日)
* TeamS 「RESET」(2013年12月21日)<ref>{{Cite web |date=2013-11-29 |url=https://web.archive.org/web/20210417014237/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1385712949&select=release |title=AKB48 33rdシングル「ハート・エレキ」2013年12月1日(日)劇場盤発売記念 大握手会 SKE48 チームSメンバー AKB48劇場 出張公演 について |publisher=公式サイト |accessdate=2013-11-29}}</ref>
* TeamS 「制服の芽」(2014年6月14日)<ref>{{Cite web |date=2014-05-20 |url=https://web.archive.org/web/20160304132908/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1400576790&select=stage |title=AKB48劇場 SKE48 チームS 出張公演(「ハート・エレキ」劇場盤 抽選招待公演)について|publisher=公式サイト |accessdate=2014-05-20}}</ref>
'''[[NMB48劇場]]'''(大阪市中央区)
* TeamS 「制服の芽」(2012年2月15日)<ref name="web120208">「[https://web.archive.org/web/20210417014133/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1328669474&select=stage SKE48出張公演(NMB48劇場)のお知らせ]」公式サイト、2012年2月8日、2013年1月3日閲覧</ref>
* TeamKII 「ラムネの飲み方」(2012年2月16日)<ref name="{{R|web120208"/>}}
* SKE48 研究生 「会いたかった」(2012年8月5日)<ref name="{{R|web120728"/>}}
* TeamE 「逆上がり」(2012年9月29日)<ref name="{{R|web120916"/>}}
 
'''[[HKT48#HKT48劇場|HKT48劇場]]'''(福岡市中央区)
* TeamS 「手をつなぎながら」(2012年2月21日)<ref name="web120215">「[https://web.archive.org/web/20210417014223/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1329311062&select=stage SKE48出張公演(HKT48劇場)開催のお知らせ]」公式サイト、2012年2月15日、2013年1月3日閲覧</ref>
* TeamS 「制服の芽」(2012年2月22日)<ref name="{{R|web120215"/>}}
* SKE48 研究生 「会いたかった」(2012年8月4日)<ref name="web120728">「[https://web.archive.org/web/20210417014202/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1343453599&select=stage SKE48研究生出張公演決定のお知らせ]」公式サイト、2012年7月28日、2013年1月3日閲覧</ref>
* [[HKT48]] TeamH「手をつなぎながら」公演へのサプライズ出演<ref group="注">{{Efn2|。9月4日・5日・6日 - 鬼頭・井口・斉藤、10日 - 井口・後藤理、11日 - 阿比留・井口、12日 - 加藤る・阿比留・後藤理、13日 - 加藤る・内山・斉藤、17日 - 井口・後藤理、19日・20日 - 石田・木下、22日・23日 - 加藤る・鬼頭、24日・25日 - 阿比留・柴田、26日・27日 - 梅本・金子・小林亜、28日 - 大矢、須田。</ref>}}(2012年9月4日 - 9月28日)
 
'''東京 [[Shibuya O-EAST#DUO MUSIC EXCHANGE|Shibuya DUO MUSIC EXCHANGE]]'''(東京都渋谷区)
'''名古屋 [[CLUB DIAMOND HALL|ダイアモンドホール]]'''(名古屋市中区)
* TeamE 「逆上がり」(2012年10月22日)<ref name="web121015">「[https://web.archive.org/web/20210417014154/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1350299479&select=stage SKE48出張公演開催のお知らせ]」公式サイト、2012年10月15日、2013年1月3日閲覧</ref>
* TeamS 「制服の芽」(2012年10月23日)<ref name="{{R|web121015"/>}}
* TeamKII 「ラムネの飲み方」(2012年10月24日)<ref name="{{R|web121015"/>}}
* SKE48 研究生 「会いたかった」(2012年10月25日)<ref name="{{R|web121015"/>}}
 
'''東京 [[ミーツポート#TOKYO DOME CITY HALL|TOKYO DOME CITY HALL]]'''「見逃した君たちへ」「思い出せる君たちへ」(東京都文京区)
7月30日 [[CLUB DIAMOND HALL|名古屋ダイアモンドホール]]
{{hidden end}}
| <ref name="{{R|egg090805"/>}}
|-
| {{fontsize|110%|「名古屋一揆 supported by LAWSON」}}
12月25日 [[Zepp|Zepp Nagoya]]
{{hidden end}}
| <ref name="{{R|0912zepp"/>}}<ref>「[https://web.archive.org/web/20210417014102/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1258154820&select=etc 「名古屋一揆 supported by LAWSON」チケット先行抽選販売情報(最新)]」公式サイト、2009年11月14日付、2013年1月3日閲覧</ref>
|-
!rowspan="3"| 2010年
11月27日(昼・夜) [[愛知県芸術劇場|愛知県芸術劇場大ホール]]
{{hidden end}}
| <ref name="{{R|1011aah"/>}}
|-
!rowspan="2"| 2011年
4月4日 [[さいたまスーパーアリーナ]]
{{hidden end}}
| <ref name="{{R|ske48.co.jp"/>}}
|-
! 2014-2017年
11月19日(昼・夜) 愛知県芸術劇場大ホール<br />11月20日(昼・夜) 愛知県芸術劇場大ホール
{{hidden end}}
| <ref name="{{R|solocon" />}}
|-
!rowspan="2"| 2017年
|-
| {{fontsize|110%|SKE48 松村香織 卒業コンサート〜これで終わると思うなよ?〜}}
|<ref name="{{R|SKE48松村香織、欅坂46完コピに息切れ「今日のピーク」"/>}}<ref name="matsumurag">{{cite news|url=https://entamenext.com/articles/detail/1960|title=落とし穴に粉まみれ "らしさ"に溢れたSKE48松村香織卒業コンサート夜公演|newspaper=ENTAME next|publisher=徳間書店|date=2019-02-05|accessdate=2019-02-07}}</ref>
|-
| {{fontsize|110%|SKEBINGO! PRESENTS SKE48コンサート 炎の関東ツアー2019〜みなさん長らくお待たせしました〜}}
| 7月31日 名古屋国際会議場センチュリーホール
| 1.「[[チームS 3rd Stage「制服の芽」|枯葉のステーション]]」<br/>2.「[[青空片想い]]」<br/>3.「[[チームA 1st Stage「PARTYが始まるよ」#SKE48 チームS 1st Stage「PARTYが始まるよ」公演|あなたとクリスマスイブ]]」
| <ref name="web100311">「[https://web.archive.org/web/20210417014243/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1268222167&select=event 「SKE48リクエストアワー セットリストベスト30 2010〜神曲はどれだ?〜」開催決定のお知らせ]」公式サイト、2010年3月11日付、2013年1月3日閲覧</ref><ref name="{{R|skereqh"/>}}
|-
! 2011年
| 11月26日 名古屋国際会議場センチュリーホール<br/>11月27日 名古屋国際会議場センチュリーホール
| 1.「枯葉のステーション」<br/>2.「[[チームKII 3rd Stage「ラムネの飲み方」|お待たせSet list]]」<br/>3.「[[パレオはエメラルド]]」
| <ref name="{{R|skereqh"/>}}<ref>「[https://web.archive.org/web/20210417014110/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1319775243&select=stage 「SKE48リクエストアワー セットリストベスト50 2011 〜〜」チケット販売スケジュールのお知らせ]」公式サイト、2011年10月28日付、2013年1月3日閲覧</ref>
|-
! 2012年
| 10月11日 Zepp Nagoya<br/>10月12日 Zepp Nagoya
| 1.「[[ごめんね、SUMMER|羽豆岬]]」<br/>2.「[[チームS 3rd Stage「制服の芽」|思い出以上]]」<br/>3.「枯葉のステーション」
| <ref name="{{R|web120909"/><ref name="|skereqh"/>}}
|-
! 2013年
| 11月29日:昼 名古屋国際会議場センチュリーホール
| 1.「虫のバラード」<br/>2.「思い出以上」<br/>3.「[[チームKII 3rd Stage「ラムネの飲み方」|クロス]]」
|rowspan="2"| <ref group="注">{{Efn2|『SKE48冬コン2015名古屋再始動。〜珠理奈が帰って来た〜』2日目の演目として開催。</ref><ref name="}}{{R|2015w" />}}
|-
| {{fontsize|110%|〜シングル曲・シングルカップリング曲・アルバム収録曲・その他楽曲ベスト30〜}}
==== AKB48・AKB48グループ名義 ====
'''2008年'''
* ライブDVDは出るだろうけど、やっぱり生に限るぜ! AKB48夏祭り(2008年8月23日、[[日比谷野外音楽堂#大音楽堂|日比谷野外大音楽堂]]) - 特別出演<ref name="{{R|web080822"/>}}(中西はAKB48研究生としても出演)
* AKB48 まさか、このコンサートの音源は流出しないよね?(2008年11月23日、[[NHKホール]]) - AKB48 with SKE48名義<ref name="NHKホールコンサートにSKE48が出演!">「[https://web.archive.org/web/20140312015647/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1222088404&select=event NHKホールコンサートにSKE48が出演!]」公式サイト、2008年9月22日付、2013年1月3日閲覧</ref>(高井除く)
* 年忘れ感謝祭 シャッフルするぜ、AKB! SKEもよろしくね(2008年12月20日、[[ミーツポート#TOKYO DOME CITY HALL|JCBホール]]) - AKB48 with SKE48名義(高井除く)<ref name="web081112">「[https://web.archive.org/web/20210417014112/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1226416460&select=event 12月20日コンサート開催決定!]」2008年11月12日、「[https://web.archive.org/web/20210417014214/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1229418422&select=stage メンバー休演のお知らせ]」12月16日、公式サイト、2008年9月22日付、2013年1月3日閲覧</ref>
'''2009年'''
* AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2009(2009年1月18日 - 21日、SHIBUYA-AX) - AKB48 with SKE48<ref>「[https://ameblo.jp/akihabara48/entry-10203037595.html NHKコンサート詳細決定!!]」AKB48オフィシャルブログ、2009年2月4日付、2013年1月3日閲覧</ref> - 20日:大矢・尾関・小野・桑原・佐藤実・新海・高田・出口・中西・平田・平松・前川・松井珠・松下・森紗・矢神 21日:松井珠・松井玲
* 「神公演予定」*諸般の事情により、神公演にならない場合もありますので、ご了承ください。(2009年4月25日・26日、NHKホール) - AKB48 with SKE48名義<ref name="{{R|NHKホールコンサートにSKE48が出演!"/>}} - 25日:チームS・稲垣・佐藤実・佐藤聖・チームKII 26日:桑原・中西・松井珠・松井玲・松下・山下も
* AKB48 分身の術ツアー 大阪 / 名古屋公演(2009年8月11日・12日、[[湊町リバープレイス#なんばHatch|なんばHatch]]・Zepp Nagoya) - 両日共通:桑原・新海・高田・中西・平田・松井珠・松井玲・矢神・石田・井口・斉藤・高柳・古川・松本・向田・山田澪<ref>「[https://web.archive.org/web/20210417014253/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1249969962&select=event AKB48「分身の術」ツアー(大阪・名古屋)SKE48参加メンバー]」公式サイト、2009年8月11日付、2013年1月3日閲覧</ref>
* AKB104選抜メンバー組閣祭り(2009年8月22日・23日(23日は2回公演)、[[日本武道館]]) - AKB48 with SKE48・SDN48名義(チームSのみ。また、松井珠は22日のみ)
* AKB48ユニット祭り2014(2014年1月27日、TOKYO DOME CITY HALL) - 木﨑・松井珠・大場・柴田・高柳・古川・木本・古畑・松井玲・北川綾・熊崎・松村
* AKB48グループ 大組閣祭り〜時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!〜(2014年2月24日、[[Zepp|Zepp DiverCity TOKYO]])
* AKB48単独&グループ 春コン in 国立競技場〜思い出は全部ここに捨てていけ!〜(2014年3月29日、[[国立霞ヶ丘競技場陸上競技場|国立競技場]]) - 木﨑・松井珠・大場・須田・木本・古畑・松井玲・北川綾<ref {{Efn2|name="Concert suspended" group="注">|3月30日にAKB48グループ総出演公演を開催予定であったが、悪天候のため6月8日に延期となった。</ref>}}
* 大島優子 卒業コンサート in 味の素スタジアム〜6月8日の降水確率56%(5月16日現在)、てるてる坊主は本当に効果があるのか?〜 (6月8日、[[東京スタジアム (多目的スタジアム)|味の素スタジアム]])<ref {{Efn2|name="Concert suspended" group="注"/>}}
* AKB48グループ東京ドームコンサート〜するなよ?するなよ?絶対卒業発表するなよ?〜(8月19日・20日、東京ドーム)
* 第4回 AKB48 紅白対抗歌合戦(2015年12月16日、TOKYO DOME CITY HALL) - 東・北川綾・松井珠・宮澤・宮前・山内・渡辺・内山・江籠・大場・高柳・古川・古畑・山下ゆ・木本・佐藤す・柴田・須田・谷・松井玲・松村
* スマホラー劇場「ロストソウル」(2014年3月31日、[[BS-TBS]]・[[スマートフォン]]連動) - 柴田・高柳・古川
* [[マジすか学園4]](2015年1月20日 - 3月31日、[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]) - 須田・谷・松村・渡辺
* [[マジすか学園5]](2015年8月25日、日本テレビ)<ref group="注" {{Efn2|name="majisuka5">|日本テレビで2話まで放送、以降Huluにて順次配信、全12話 <ref>[http://news.livedoor.com/article/detail/10358897/ テレビドガッチ(2015年7月17日)][https://www.ntv.co.jp/majisuka5/ 日本テレビ 「マジすか学園5」公式HP]</ref>。}} - 松井珠・須田・谷・松村・古畑
* [[AKBホラーナイト アドレナリンの夜]](2015年10月8日 - 2016年3月17日、[[テレビ朝日]]・ビデオパス・[[テレ朝動画]]) - 大場美・柴田・須田・高柳・古畑・松井珠<ref>{{Cite news|url=http://natalie.mu/music/news/160330|title=AKB48グループ、ホラードラマでメンバー40人が演技対決|newspaper=音楽ナタリー|publisher=ナターシャ|date=2015-09-17|accessdate=2016-03-18}}</ref>
* [[AKBラブナイト 恋工場]](2016年4月21日 - 9月29日、テレビ朝日・ビデオパス・テレ朝動画) - 江籠・大場美・須田・惣田・高柳・古畑・松井珠<ref>{{Cite news|url=http://natalie.mu/music/news/181209|title=AKB恋愛解禁?連ドラ主演かけて必死に恋する|newspaper=音楽ナタリー|publisher=ナターシャ|date=2016-03-26|accessdate=2016-04-29}}</ref>
* [[キャバすか学園]](2016年10月30日 - 2017年1月15日、日本テレビ) - 二村・松井珠・惣田・高柳・古畑・松村・須田<ref group="注" {{Efn2|name="kyabasuka">|2話以降、Huluにて1週間先行配信 <ref>[https://mdpr.jp/news/detail/1622523 モデルプレス(2016年10月10日)][https://www.ntv.co.jp/kyabasuka/ 日本テレビ 「キャバすか学園」公式HP]</ref>。}}
* 金の殿〜バック・トゥ・ザ・NAGOYA〜 第1話(2017年1月14日、[[CBCテレビ]]) - 高柳・日高・竹内彩・江籠・北野・松本慈・小畑・菅原・髙寺・一色(NGYガールズ 役)<ref>{{cite web2|url=https://avex.jp/akane-takayanagi/index.php?a=news_detail&id=1044351|title=「CBCテレビ開局60周年記念ドラマ金の殿〜バック・トゥ・ザ・NAGOYA〜」|work=高柳明音オフィシャルサイト|publisher=エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ|date=2016-12-21|accessdate=2017-03-06}}<br />{{cite web2|url=https://web.archive.org/web/20170306131352/https://www.ske48.co.jp/schedule/?id=1482758855&y=2017&m=01|title=2017.01.13 CBCテレビ「CBCテレビ開局60周年記念ドラマ 金の殿〜バック・トゥ・ザ・NAGOYAN<!--原文ママ-->〜」|work=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|publisher=AKS|accessdate=2017-03-06}}</ref>
* [[豆腐プロレス]](2017年1月22日 - 7月2日、テレビ朝日) - 松井珠・高柳・古畑・松村・須田<ref name="toufu">{{cite news|url=http://www.oricon.co.jp/news/2083098/full/|title=AKB48×プロレス! テレ朝新枠ドラマで体当たりチャレンジ|newspaper=ORICON NEWS|publisher=oricon ME|date=2016-12-15|accessdate=2017-01-22}}</ref>
=== 特別番組 ===
'''過去の出演番組'''
* [[第60回NHK紅白歌合戦]](2009年12月31日、[[NHK総合テレビジョン|NHK総合]]) - AKB48として出演。松井珠・松井玲・矢神<ref name="{{R|web091231"/>}}
* [[24時間テレビ 「愛は地球を救う」|24時間テレビ 「愛は地球を救う」『ありがとう〜今、あの人に伝えたい〜』]](2010年8月28日・29日、[[中京テレビ放送|中京テレビ]]) - 中京地区サポートメンバー
* [[第61回NHK紅白歌合戦]](2010年12月31日、NHK総合) - AKB48として48名が友情出演<ref>「[https://web.archive.org/web/20110218023548/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1293653111&select=media 「第61回NHK紅白歌合戦」SKE48出演のお知らせ]」公式サイト、2010年12月30日付、2013年1月3日閲覧</ref>
* [[第62回NHK紅白歌合戦]](2011年12月31日、NHK総合) - AKB48として48名が友情出演
* [[歌でつなごう 〜被災者のみなさんへ〜#『震災から1年 "明日へ"コンサート』|震災から1年 "明日へ"コンサート]](2012年3月10日、[[NHK BSプレミアム]]・NHK総合)
* [[第63回NHK紅白歌合戦]](2012年12月31日、NHK総合) - 単独出場。研究生含む62名が出演<ref name="{{R|mantan121231"/>}}
* [[歌でつなごう 〜被災者のみなさんへ〜#『震災から2年 "明日へ"コンサート』|震災から2年 "明日へ"コンサート]](2013年3月9日、NHK BSプレミアム・NHK総合)
* [[第64回NHK紅白歌合戦]](2013年12月31日、NHK総合) - 単独出場。研究生含む54名が出演<ref group="注">{{Efn2|20:00以降の出演だったため、中学生以下のメンバー(江籠・市野・大脇・井田・折戸・北川綾・北野・空・竹内彩・野口・山田樹)は不参加。</ref>}}
* [[歌でつなごう 〜被災者のみなさんへ〜#『震災から3年 "明日へ"コンサート』|震災から3年 "明日へ"コンサート]](2014年3月10日、NHK BSプレミアム・NHK総合) - 木﨑・松井珠・須田・高柳・木本・古畑・松井玲
* [[第65回NHK紅白歌合戦]](2014年12月31日、NHK総合) - 単独出場。研究生含む63名<ref group="注">{{Efn2|山田菜・渡辺は除く。両名はNMB48で出演。</ref>}} が出演
* [[第66回NHK紅白歌合戦]](2015年12月31日、NHK総合) - AKB48として3名(北川綾・松井珠・宮澤)が出演
* [[第67回NHK紅白歌合戦]](2016年12月31日、NHK総合) - AKB48 夢の紅白選抜として8名(北川綾・松井珠・大場美・惣田・高柳・古畑・松村・須田)が出演<ref>{{cite news|url=http://www.oricon.co.jp/news/2083986/full/|title=【紅白】AKB48紅白選抜センターは山本彩 一般投票1位に「震えが止まらない」|newspaper=ORICON NEWS|publisher=oricon ME|date=2016-12-31|accessdate=2017-02-24}}</ref>
'''現在のレギュラー番組'''<!--単独出演不要-->
* [[AKB48 ネ申テレビ]](2009年8月28日 - 不定期出演、[[ファミリー劇場]])
* [[SKE48学園]](2009年10月3日 -、[[アイドル専門チャンネルPigoo]])<ref name="{{R|nat090919"/>}}
* [[SKE48 ZERO POSITION 〜チームスパルタ!能力別アンダーバトル〜]](2014年10月4日 -、[[TBSチャンネル|TBSチャンネル1]])
* [[お宝ちゃん]](2020年10月3日 -、[[テレビ愛知]]) - リポーター:古畑・鎌田・谷<ref>{{Cite web2|url=https://web.archive.org/web/20201002024148/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1600483245|title=10月〜テレビ愛知 新番組「お宝ちゃん」スタート!SKE48古畑&鎌田&谷、レギュラー出演決定のお知らせ|work=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|publisher=SKE|date=2020-09-19|accessdate=2020-09-20}}</ref>
* [[AKBINGO!]](2008年10月9日 - 2019年9月25日 不定期出演、日本テレビ)<ref>「[https://web.archive.org/web/20210417014117/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1231243917&select=media SAKAE TARO、AKBINGO!]」2009年1月6日付、「[https://web.archive.org/web/20210417014244/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1232346150&select=media SAKAE TARO、AKBINGO!]」1月19日付、公式サイト、2013年1月3日閲覧</ref>
* [[地元応援バラエティ このへん!!トラベラー]] 名古屋版(2009年7月8日 - 2012年9月25日、中京テレビ)
** 地元応援バラエティ このへん!!トラベラー 各地域版(脚注参照<ref group="注">{{Efn2|[[福岡放送]]:2009年8月3日(小野・松下)、2010年3月15日・22日(須田・高柳)<br />[[東北放送]]:2009年8月27日、2010年3月18日(松井珠・松井玲)、2010年8月26日・9月2日(いずれもチームKII)<br />テレビ東京:2010年3月23日(桑原・高田)、2010年7月12日(石田・高柳)、2010年11月15日(木下・木本)、2011年12月12日(古川)<br />[[朝日放送テレビ|ABCテレビ]]:2010年4月3日(木﨑・向田)、2010年7月16日(須田・平松)<br />[[北海道テレビ放送]]:2010年4月14日(石田・若林)</ref>}}
* [[週刊AKB]](2009年7月10日 - 2012年11月30日 不定期出演、テレビ東京)
* [[ボニータ!ボニータ!! 〜名古屋ガールズコレクション〜]](2009年10月11日 - 2010年3月28日、テレビ愛知) - 大矢・桑原・松井珠・松井玲
* [[ana-ana girl's]](2010年10月7日 - 2011年3月31日、中京テレビ) - 高田・平田+メンバー1名
* [[SKE48のアイドル×アイドル]](2010年12月7日 - 12月28日、中京テレビ)
* [[昼まで待てない!]](2011年4月2日 - 2016年4月2日、名古屋テレビ) - 斉藤・加藤る(2013年12月 - 2016年4月)・佐藤聖( - 2014年2月)・岩永(2013年12月 - 2015年2月)・木下(2014年5月 - 2014年11月)・佐藤実( - 2015年3月)・中西( - 2015年3月)<ref group="注">{{Efn2|6名の中から毎回2名出演。2013年3月までは出演者は週替わりで、正規メンバー・研究生の区別なく出演しており、中西、佐藤実の出演頻度が高かった。</ref>}}
* [[SKE48大学ナビ]](2011年4月7日 - 9月29日、名古屋テレビ) - メンバー2名が東海地方の大学を紹介
* [[声優バラエティー SAY!YOU!SAY!ME!]](2011年4月8日 - 9月30日、テレビ愛知) - 松下・秦+メンバー1名が月替わり
* [[SKE48 ムスメにいかが!?]](2011年7月9日 - 2013年3月9日、東海テレビ)
* [[アゲぽよボウル48]](2011年9月25日・10月30日・11月27日、テレビ愛知)
* [[SKE48のマジカル・ラジオ]](2011年10月12日 - 12月28日、日本テレビ)<ref name="{{R|egg111008"/>}}
* [[AKB48コント「びみょ〜」|ひかりTV presents AKB48 コント びみょ〜]](2011年11月17日 - 2012年2月23日 不定期出演、[[ひかりTV]])
* [[SKE48のマジカル・ラジオ|SKE48のマジカル・ラジオ2]](2012年4月4日 - 6月27日、日本テレビ)
* [[なるほどプレゼンター!花咲かタイムズ]](2012年4月7日 - 7月28日、CBCテレビ) - 小木曽・高柳・古川・小林亜・柴田・原
* SKE48 野球場へようこそ! → 燃竜(もえどら)ナイト<ref>2015年シーズンよりタイトル変更。</ref>(2012年3月30日 - 2015年、CBCテレビ)<ref group="注">{{Efn2|CBCプロ野球中継「[[侍プロ野球#CBC(中日戦)|燃えよドラゴンズ!]]」の副音声番組。</ref>}}
* [[SKE48のマジカル・ラジオ|SKE48のマジカル・ラジオ3]](2013年1月21日 - 4月8日、日本テレビ)
* [[SKE48のおやすみ名言道場]](2013年4月2日 - 9月28日、中京テレビ)
* [[SKE48の世界征服女子|SKE48の世界征服女子 season2]](2013年4月3日 - 2014年3月26日、中京テレビ)
* [[AKB48のあんた、誰?]](2013年4月18日 - 不定期出演、[[NOTTV]])<ref group="注">{{Efn2|2013年7月15日 - 18日放送分はSKE48がやってくる!スペシャル「SKE48のあんた、誰だぎゃあ?」を放送。</ref><ref group="注">}}{{Efn2|2013年8月6日 - 8日放送分はまたまたSKE48がやって来た!スペシャル「SKE48のあんた、誰だぎゃあ?」を放送。</ref><ref group="注">}}{{Efn2|2013年9月18日放送分は「SKE48のあんた、誰だぎゃあ?」を放送。</ref>}}
* [[AKB映像センター]](2013年4月22日 - 9月30日 不定期出演、[[フジテレビジョン|フジテレビ]]) - 大場美・北川綾・木本・須田・松井玲・松井珠・松村
* [[SKE48のよくばり課外授業!]](2013年4月29日 - 9月30日、東海テレビ) - 古川+メンバー4名
* [[AKB子兎道場]](2013年7月5日 - 2014年3月28日、テレビ東京)
* [[NEWS 5 PLUS]] → [[Station!]]<ref>{{Efn2|NEWS 5 PLUSの放送終了に伴い、2014年1月6日より新番組に移行。</ref>}} → [[ぎふサテ!]](2013年8月5日 - 2020年9月29日)、[[岐阜放送]]) - 水曜日の「SKE48の岐阜県だって地元ですっ!」に出演<ref group="注">{{Efn2|Station!内の情報コーナー。同名ラジオ番組のテレビスピンオフ企画。岐阜県出身メンバーを中心に出演。</ref>}}<ref>[http://www.zf-web.com/ske48gifujimoto/ Station!内番組紹介ページ]</ref>
* [[特捜指令!アイチ★ポリス|アイチ☆ポリス SEASON3]](2013年8月6日 - 2014年2月4日、メ〜テレ) - 松井玲+メンバー1〜2名
* [[Rの法則]](2013年9月16日 - 2018年 不定期出演、[[NHK教育テレビジョン|NHK Eテレ]]) - 佐藤す・木本・江籠・宮前
* SKE48のヒット商品けんきゅ〜女学園(2011年10月21日、中京テレビ)
* SKE48が行く!S再生K可能Eエネルギー探しの旅(2012年3月3日、中京テレビ) - 小野・加藤る・木下・中西・梅本・柴田
* [[Uta-Tube]]スペシャル SKE48全チーム大集合!(2012年8月24日、NHK総合<ref group="注">{{Efn2|名古屋放送局制作、東海3県・北陸4県のみの放送だったが、同年9月22日深夜に全国ネットで再放送された。</ref>}}
* Uta-Tube SKE48 [[第63回NHK紅白歌合戦|紅白歌合戦]]密着スペシャル(2013年1月14日、NHK総合<ref group="注">{{Efn2|名古屋放送局制作、東海3県・北陸4県のみの放送だったが、同年1月31日深夜に全国ネットで再放送された。</ref>}}
* [[NHKプレマップ]]『岐阜発ドラマ「父の花、咲く春」もっと楽しみ隊!』(2013年3月15日 - 3月17日、NHK総合<ref group="注">{{Efn2|名古屋放送局制作、中部7県のみの放送</ref>。}}) - 加藤る・古川
* もっと楽しみ隊 「父の花、咲く春」 〜岐阜の魅力&ドラマの舞台裏SP〜(2013年3月21日、NHK総合<ref>[http://www.nhk.or.jp/nagoya/tv/other_20130321-01_detail/ 名古屋放送局制作]、中部7県のみの放送</ref>) - 加藤る・古川
* [[MUSIC JAPAN|MJ]] presents AKB48 ドキュメント3.11(2013年3月21日、NHK総合) - 松井玲・松井珠
* MJ presents SKE48リクエストスペシャル(2013年9月21日、NHK BSプレミアム)
* AKB48選抜総選挙スペシャル(2013年9月28日、NHK BSプレミアム)
* Uta-Tube SKE48 [[第64回NHK紅白歌合戦|紅白歌合戦]]密着スペシャル(2014年1月13日、NHK総合<ref group="注">{{Efn2|名古屋放送局制作、東海3県・北陸4県のみの放送だったが、同月17日深夜に全国ネットで再放送された。</ref>}}
* 美浜海遊祭2014×SKE48ライブ 夏の乱(2014年8月17日、東海テレビ)
* Uta-Tube SKE48 [[第65回NHK紅白歌合戦|紅白歌合戦]]密着スペシャル(2015年1月17日、NHK総合<ref group="注">{{Efn2|名古屋放送局制作、東海3県・北陸4県のみの放送だったが、同年2月26日深夜に全国ネットで再放送された。</ref>}}
* BSフジ×SKE48 〜神対測定〜(2015年3月29日、BSフジ)
* まるナツ2015 SKE48 めざせ!美浜の観光大使〜美浜海遊祭直前スペシャル〜(2015年7月17日・24日・8月7日、東海テレビ)
* [[SKE48 1+1は2じゃないよ!|SKE48♥1+1は2じゃないよ!]](2010年11月9日 -、[[東海ラジオ放送|東海ラジオ]])
* [[SKE48 1+1は2じゃないよ!|SKE48♥1+1+1は3じゃないよ!]](2011年4月17日 -、東海ラジオ)
* [[SKE48の岐阜県だって地元ですっ!]](2013年7月1日 -、[[岐阜放送ラジオ|ぎふチャン]])<ref>[http://www.zf-web.com/talkvariety/ske48/ ぎふチャン番組紹介ページ]</ref> - 北野・大谷・上村+ゲストメンバー数名<ref group="注">{{Efn2|過去のレギュラー:高柳・福士・山下ゆ・加藤る・竹内彩・鎌田</ref>}}
* [[SKE48 1+1は2じゃないよ!|SKE48♥1×1は1じゃないよ!]](2014年10月2日 -、東海ラジオ)
* [[オールタイムリクエスト TRI-ON]](2020年11月8日 -、東海ラジオ)<ref group="注">{{Efn2|2021年2月(ファーストシーズン)までは毎月1回メンバー1名が担当(2021年1月は2回、3月は担当無し)。2021年4月(セカンドシーズン)からは土曜・日曜の不定期放送となったため、SKE48メンバーが担当するかは不明。</ref>}}
* はたごん&まりかのじょんならんラジオ♥(2021年4月2日 -、[[エフエム香川|FM香川]]) - 髙畑・谷
* [[SKE48 なるべくしゃべりたい]](2022年1月3日 -、[[CBCラジオ]])<ref>「[https://radichubu.jp/ske48/contents/id=40512 SKE48の担当する長寿番組、いきなり終了告知?]」Radi Chubu(ラジチューブ)、2021年12月22日付、2021年12月27日閲覧</ref>
'''過去のレギュラー番組'''<!--単独出演・ゲスト出演不要-->
* [[神田朱未のわたしのすきなこと。]](2009年11月1日 - 2013年3月31日、FM愛知)<ref group="注">{{Efn2|出演者 - 平松・松下・古川、2011年10月より石田・梅本、同11月より桑原と交代</ref>。}}<ref>「[https://web.archive.org/web/20110218074956/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1256200031&select=media FM AICHI「神田朱未のわたしのすきなこと」]」公式サイト、2009年11月22日、2013年1月3日閲覧</ref>
* [[SUNSHINE SAKAE presents RADIO SPLASH]](2010年4月1日 - 2015年12月31日、FM愛知)<ref>「[https://web.archive.org/web/20110218052848/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1270092449&select=media FM AICHI新番組出演のお知らせ]」公式サイト、2010年4月1日、2013年1月3日閲覧</ref>
* SKE48放課後倶楽部(2010年7月7日 - 2013年1月30日、[[シティエフエムぎふ|FMわっち]])<ref>「[https://web.archive.org/web/20110218024133/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1278422359&select=media FMわっち「SKE48放課後倶楽部」放送開始のお知らせ]」公式サイト、2010年7月6日、2013年1月3日閲覧</ref> - 加藤る・山田澪・上野・山田恵
* [[AKB48の"私たちの物語"]](2011年6月24日 - 2019年3月9日 不定期出演、[[NHK-FM放送|NHK-FM]])
* [[高柳明音(SKE48)の暗黙の了解]](2013年4月7日 - 2015年3月29日、[[エフエム東京|TOKYO FM]]) - 高柳+ゲストメンバー数名
* [[神田朱未のわたしのすきなこと。|わたしのすきなこと。2nd]](2013年4月7日 - 2015年3月29日、FM愛知) - 江籠・野口・磯原<ref group="注">{{Efn2|過去のレギュラー:加藤る・木下・梅本・斉藤・竹内舞・木﨑・菅・中西・古川・矢方</ref>}}
* [[AKB48のオールナイトニッポン]](2013年4月27日 - 2019年2月21日 不定期出演、[[ニッポン放送]])
* [[もちろんSKE!!]](2013年5月7日 - 2015年9月29日、[[ベイエフエム|bayfm]])
* [[アイアプレゼンツ SKE48&HKT48のアイアイトーク]](2013年10月2日 - 2018年3月28日<ref group="注">{{Efn2|SKE48メンバーの出演は2018年3月21日で終了。</ref>}}、ニッポン放送) - 隔週で2名出演
* [[ナガオカ×スクランブル]](2014年4月3日 - 2016年3月31日、CBCラジオ) - 竹内舞・内山・惣田・谷<ref group="注">{{Efn2|過去のレギュラー:矢方・佐藤実・松村は木曜アシスタントとして週替りで、古川は木曜内包番組の「[[古川愛李の木曜はアイリの晩]]」のパーソナリティーとしてそれぞれ出演。</ref>}}
* [[神田朱未のわたしのすきなこと。|もっと!わたしのすきなこと。]](2015年4月5日 - 2019年10月27日、[[エフエム愛知|@FM]]) - 相川・太田・北川愛<ref group="注">{{Efn2|過去のレギュラー:江籠・一色・後藤楽・小畑・上村・水野・鎌田・白井琴・竹内彩・髙畑・岡田・坂本・白雪</ref>}}
* [[らじらー!|らじらー! サンデー]](2015年4月12日 - 2018年3月25日、[[NHKラジオ第1放送]]) - 隔週出演
* [[100%SKE48!|ラジカルNEOナイト 100%SKE48]](2015年12月1日 - 2019年12月25日<ref name="rneo296">{{Cite web2|title=Radio NEO改編情報|url=http://radio-neo.com/news/296|website=Radio Neo 79.5|accessdate=2019-12-19|language=ja}}</ref>、[[Radio NEO]])<ref group="注">{{Efn2|2017年10月3日より番組名変更。以前の番組名は『100%SKE48!』だった。</ref>}}
* SKE48 みこってぃ れおなのラジオの時間やに!(2016年1月9日 - 2019年5月25日、[[いなべエフエム]])<ref group="注">{{Efn2|土曜日18:00 - 18:30(2016年9月まで17:00 - 17:30)。土曜日0:00 - 1:00の再放送時に本放送分と反省会『やにトーク!』を放送。2017年6月3日より番組名変更。以前の番組名は『SKE48 みこってぃ まいまい れおなのラジオの時間やに!』だった。</ref>}} - 内山・井田+ゲストメンバー
* [[SKE48・ねねの!カウントダウン3・2・1!!!|SKE48♡ねねの!カウントダウン3・2・1!!!]](2016年10月1日 - 2017年9月30日、東海ラジオ)
* [[はーさん! ねねの! すんどめ!|SKE48の!これであなたもなうぃいねぇぇぇ!]](2017年10月4日 - 2019年3月27日、東海ラジオ)<ref group="注">{{Efn2|『'''[[はーさん! ねねの! すんどめ!]]'''』の毎週水曜日15時台の[[フロート番組|内包番組]]として放送。</ref>}}
* [[オールナイトニッポン0(ZERO)#エンタメナイト|オールナイトニッポン0(ZERO)〜エンタメナイト〜]](2021年5月1日 -2021年10月2日、ニッポン放送)- 毎月第1土曜日に放送<ref>“[https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/202104260000631.html SKE48、ANN0の週替わりパーソナリティーに 毎月第1土曜を担当]”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年4月26日) 2021年4月26日閲覧。</ref>
* [[SKE48 観覧車へようこそ!!]](2009年4月6日 - 2021年12月27日、CBCラジオ)<ref>「[https://web.archive.org/web/20210417014134/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1239004813&select=media CBCラジオ番組『SKE48観覧車へようこそ!!』放送スタートのお知らせ]」公式サイト、2009年4月6日付、2013年1月3日閲覧</ref>
 
'''過去の単発番組'''<!--単独出演・ゲスト出演不要-->
* SKE48の[[オールナイトニッポンR (週替わり)|オールナイトニッポンR]]<ref group="注">{{Efn2|2011年3月11日に放送が予定されていたが、[[東北地方太平洋沖地震]]([[東日本大震災]])による[[報道特別番組]]に切り替わり休止。後日、放送分が再編集され[[オールナイトニッポンモバイル]]で配信された。</ref>}}(2010年7月9日<ref group="注">{{Efn2|出演者 - 木﨑・松井珠・松井玲・矢神・石田・高柳・向田</ref>}}・2011年11月11日<ref group="注">{{Efn2|出演者 - 小野・桑原・平松・松井玲・金子</ref>}}、2012年1月20日<ref group="注">{{Efn2|出演者 - 木﨑・矢神・小木曽・高柳・向田</ref>}}・6月2日<ref group="注">{{Efn2|出演者 - 須田・松井珠・松井玲・石田・高柳・秦・松本</ref>}}・10月6日<ref group="注">{{Efn2|出演者 - 菅・須田・松井珠・高柳・泰・松村</ref>}}、2013年1月26日<ref group="注">{{Efn2|出演者 - 大矢・桑原・高田・平松・矢神・赤枝・石田・小木曽・高柳・古川・向田・上野・木本・原</ref>}}、2014年3月22日<ref group="注">{{Efn2|ニッポン放送「[[アイアプレゼンツ SKE48&HKT48のアイアイトーク]]」で行われた、出演権を賭けた対決企画の勝者特典。出演者 - 須田・木本・古畑・松井玲</ref>}}、2016年1月23日<ref group="注">{{Efn2|ニッポン放送「アイアプレゼンツ SKE48&HKT48のアイアイトーク」で行なわれた、出演権を賭けた対決企画の勝者特典。出演者 - 北川綾・惣田・柴田・谷</ref>}}、ニッポン放送)
* SKE48の[[オールナイトニッポン]](2011年7月26日<ref group="注">{{Efn2|出演者 - [[パレオはエメラルド#選抜メンバー|「パレオはエメラルド」選抜メンバー]]16人。</ref>}}、ニッポン放送)
* [[wktkラヂオ学園]](2012年12月15日<ref group="注">{{Efn2|出演者 - 秦・古川</ref>}}、2013年3月17日<ref>{{Efn2|[[NHK名古屋放送局]]のスタジオから公開生放送された。</ref><ref group="注">}}{{Efn2|出演者 - 鬼頭・阿比留</ref>}}・12月21日<ref group="注">{{Efn2|出演者 - 岩永・木下</ref>}}、2014年3月8日<ref group="注">{{Efn2|出演者 - 古川</ref>}}・4月26日<ref group="注">{{Efn2|出演者 - 松井玲</ref>}}・5月31日<ref group="注">{{Efn2|出演者 - 中西・大場美・斉藤</ref>}}・9月13日<ref group="注">{{Efn2|出演者 - 松井玲</ref>}}・10月18日<ref group="注">{{Efn2|出演者 - 柴田</ref>}}、NHKラジオ第1放送)
* SKE48の[[オールナイトニッポン45周年特別企画#オールナイトニッポンGOLD オールナイトニッポン45周年特別企画|オールナイトニッポンGOLD]](2013年7月26日<ref group="注">{{Efn2|出演者 - 木﨑・矢方・高柳</ref>}}、ニッポン放送)
* オールナイトニッポンGOLD〜魚街(うおまち)[[静岡県]][[焼津市]]スペシャル〜(2016年11月11日、ニッポン放送) - 青木・松村
* LINE LIVE × SKE48(2016年12月1日<ref group="注" {{Efn2|name="cbclinelive">|CBCラジオ開局65周年記念コラボ特番。ラジオとLINE LIVEの同時配信。</ref>}}、CBCラジオ) - 江籠・市野・福士
 
=== ラジオドラマ ===
 
'''過去のレギュラー番組'''
* [[おしゃべりやってまーす#第13期(2009年4月20日 - 2010年12月)|おしゃべりやってまーす 第48放送]](2010年3月24日 - 2011年5月4日、K'z Station)<ref group="注">{{Efn2|同年5月18日から『[[おしゃべりやってまーす#現在のパーソナリティー|おしゃべりつづけまーす ハピ☆ホリ〜Happy Holic Days〜]]』に移行。</ref><ref group="注">}}{{Efn2|2013年3月20日より『おしゃべりやってまーす 第48放送メモリーズ』として第1回 - 46回放送分(2010年3月24日 - 2011年5月4日)が再配信された。</ref>}} - 中西・平松・古川
* ブロードバンド東海ラジオ SKE48 1+1は2じゃないよ!(2010年11月9日 - 2015年7月31日、東海ラジオHP上でのストリーミング配信<ref>「[http://radio.commufa.jp/tokai/ske/ コミュファラジオ ブロードバンド東海ラジオ SKE48 1+1は2じゃないよ!]」 公式サイト</ref>)
* SKE48の私立SPA!学園(2011年1月27日 - 2012年10月22日、[[ニコニコ生放送]])
* [[おしゃべりやってまーす#第15期(2011年5月 - 2011年9月)|おしゃべりやってまーす 第48放送2nd]](2011年5月16日 - 2013年3月25日、K'z Station)<ref group="注">{{Efn2|2013年5月6日より『おしゃべりやってまーす 第48放送2ndメモリーズ』として第1回 - 69回放送分(2011年5月16日 - 2013年3月25日)が再配信された。</ref>}} - 加藤る・佐藤実・上野
* [[おしゃべりやってまーす#第15期(2011年5月 - 2011年9月)|おしゃべりつづけまーす ハピ☆ホリ〜Happy Holic Days〜]](2011年5月18日 - 2013年3月27日、K'z Station)<ref group="注">{{Efn2|2013年5月1日より『おしゃべりつづけまーす ハピ☆ホリ メモリーズ』として第1回 - 74回放送分(2011年5月18日 - 2013年3月27日)が再配信された。</ref>}} - 中西・平松・古川
* ノブコブ&ゼブラ天使のキュイン×2バラエティ(2012年1月12日 - 2012年8月30日、サプライズチャンネル) - 小野・高田・出口・平田・古川
* ゼブラ天使&ノブコブのキュイ生(2012年6月5日 - 2012年7月3日、[[ニコニコ動画]]) - 高田・出口
* ノブコブ&ゼブラエンジェルのキュイン×2バラエティ(2012年9月6日 - 2013年4月25日、サプライズチャンネル) - 桑原・高田・出口・佐藤聖・古川・梅本・小林亜・鬼頭
* [[おしゃべりやってまーす#第18期(2013年4月 - 2014年3月)|おしゃべりやってまーす]](2013年4月1日 - 2014年3月31日、K'z Station) - 佐藤実・斉藤
* おしゃべりつづけまーす ハピ☆ホリ → おしゃべりつづけまーす ゆる☆ふる<ref group="注">{{Efn2|2013年8月14日更新分にてタイトル変更。またタイトル変更を行なうのに当たり、5月15日 - 7月3日更新分まで「梅風る生(仮)」の仮タイトルが付けられていた。</ref>}}(2013年4月3日 - 2014年4月2日、K'z Station) - 加藤る・中西・古川・古畑
* ノブコブとゼブラエンジェルの友ぱち3on3(2013年5月16日 - 2014年2月27日、サプライズチャンネル) - 出口・佐藤聖・古川・梅本・小林亜・鬼頭
* 旅打ちエンジェル!!ゼブラの旅打ち珍道中(2014年8月7日 - 2016年3月17日、サプライズチャンネル)
* SKE48ゼブラエンジェルのガチバトル ぱちばん!!(2016年5月5日 - 2019年3月21日、サプライズチャンネル) - 山内・荒井・大場美・斉藤・佐藤佳・須田・谷
* コレカケルアレ(2016年6月30日〈パイロット版〉・2016年7月5日 - 2018年3月27日、[[LINE LIVE]])
* SKE48のダシヌキ(2016年9月16日、ニコニコ生放送) - 荒井+ゲストメンバー<ref>{{Cite news|url=https://news.dwango.jp/idol/18092-1609|title=SKE48ニコ生新番組でメンバーがファンと口喧嘩|newspaper=ドワンゴジェイピーnews|publisher=ドワンゴ|date=2016-09-19|accessdate=2016-10-01}}</ref><ref group="注">{{Efn2|レギュラー番組の予定だったが、1回しか配信されていない。</ref>}}
* [[SKE48 むすびのイチバン!#SKE48の裏むすび!|SKE48の裏むすび!]](2017年7月24日 - 9月11日、SHOWROOM)
* [[SKE48 むすびのイチバン!#SKE48 金のおむすび|SKE48 金のおむすび]](2018年4月3日 - 2019年3月26日、SHOWROOM)
* SKE48 あなたの期待に応えまSHOWROOM特番(2016年9月20日、SHOWROOM) - 北川綾・江籠・熊崎
* SKE48の旅好き!powered by HotelsCombined(2016年11月11日、FRESH!) - 大場美・江籠・二村・荒井
* LINE LIVE × SKE48(2016年12月1日<ref group="注" {{Efn2|name="cbclinelive"/>}}、LINE LIVE ) - 江籠・市野・福士
* SKE48 MV COLLECTION〜箱推しの中身〜発売記念特番(2016年12月9日、LINE LIVE)
* SKE48のThe NIGHT(2017年1月20日、[[AbemaTV]] ) - 大場美・松村・須田
** 「選挙へ行こう」ドキュメントムービー<ref name="senkyo">{{Cite web2|url=http://aichi-18senkyo.jp/|title=愛知県参議院議員通常選挙 「18歳選挙で意思を示す時」|publisher=愛知県選挙管理委員会|accessdate=2016-07-07}}</ref>
*** #1「はじめての選挙」篇、#2「どうやって投票する?」篇、#3「期日前投票」篇、#4「投票へ行こう」篇
** オフィシャル啓発ムービー<ref name="{{R|senkyo" />}}
*** 「私は行きます」篇、「初めての選挙」篇(ダイジェスト版)
* [[ローソン]]
** SKE48 ローソンにいらっしゃいキャンペーン(中部地区限定)<ref name="lawson1">{{Cite press release|url=http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000020129.html|title=中部ローソンと「SKE48」が年間を通じてタイアップ!!企画第1弾として中日ドラゴンズともタイアップした店頭キャンペーンを開催!|publisher= 株式会社ローソン |date=2016-07-04|accessdate=2016-07-07}}</ref>
*** 第1弾 萌えよ!燃えよ!ドラゴンズ企画(2016年7月5日 - 7月18日) - 北川・松井珠・熊崎・後藤楽<ref name="{{R|lawson1" />}}
*** 第2弾 ガッツけ!ガッツだ!中部応援企画(2016年9月13日 - 9月26日) - 北川・松井珠・江籠・古畑・熊崎・後藤楽<ref>{{Cite press release|url=http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000020129.html|title=中部ローソンと「SKE48」のタイアップキャンペーン第2弾!!SKE48が頑張るあなたを応援します!|publisher= 株式会社ローソン |date=2016-09-12|accessdate=2016-09-12}}</ref>
*** スペシャルパッケージ SKE48の恵方巻(3本入)(2016年12月 - 2017年2月) - 江籠・北川綾・熊崎・古畑<ref>{{cite press release|url=https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000020129.html|title=中部ローソン限定「スペシャルパッケージSKE48の恵方巻(3本入)」ついに、SKE48のオニコスプレのビジュアルを公開!!|publisher= 株式会社ローソン |date=2017-01-10|accessdate=2018-05-23}}</ref>
* イオンカード(SKE48)(2018年11月13日 -、[[イオンクレジットサービス]]) - 松井珠・須田・大場美・惣田・古畑<ref>{{cite news|url=https://natalie.mu/music/news/307640|title=SKE48の10周年記念イオンカード誕生!松井珠理奈は「総選挙」と復帰後の心境語る|newspaper=音楽ナタリー|publisher=ナターシャ|date=2018-11-12|accessdate=2018-11-14}}</ref>
* [[第25回参議院議員通常選挙]](2019年7月、愛知県選挙管理委員会) - イメージキャラクター「ミライミツメ隊」(松井珠、須田、後藤楽)<ref>{{Cite news|url= https://thetv.jp/news/detail/196174/ |title= SKE48・松井珠理奈、須田亜香里、後藤楽々が参院選の投票を呼び掛けるポスターに登場 |newspaper= ザテレビジョン |publisher= KADOKAWA |date= 2019-07-04 |accessdate= 2019-07-04 }}</ref>
*[[ロキ・コンサルティング]]「I Check プロジェクト」SKE48×I Check プロジェクト篇(2020年9月 -) <ref group="注">{{Efn2|[[東京メトロポリタンテレビジョン|TOKYO MX]]限定CM</ref><ref name="}}{{R|icheck" />}} - 須田、古畑、熊崎、惣田、佐藤佳、井上
* [[大垣共立銀行|OKB大垣共立銀行]]「みんなで踊ろうOKBソング」篇(2018年11月13日 - ) - 太田、北野、鎌田、熊崎、佐藤佳<ref>{{cite web2|url=https://web.archive.org/web/20201104023413/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1604456324|title=大垣共立銀行新CMに SKE48 メンバーによる「OKB5」が登場!本日より放送開始!!|website=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|publisher=Zest|date=2020-11-02|accessdate=2020-11-05}}</ref>
 
** 2010年12月26日、2011年9月24日、12月10日、2012年6月10日、2016年6月25日、10月10日、2017年4月29日、10月1日 - [[白川公園 (名古屋市)|白川公園]]
** 2011年7月11日 - 愛知県[[美浜町 (愛知県)|美浜町]] 小野浦海水浴場
* [[広小路通 (名古屋市)|広小路]]生誕事業イベント〜わくわく!ぞくぞく!広ぶらエコぶら350〜(2009年3月20日・21日、[[栄 (名古屋市)|栄広場]])<ref name="{{R|ske090319"/>}}
* 春コレ!2009オフィシャルサポーター(2009年3月20日・21日、[[オアシス21]])<ref name="ske090319">「[https://web.archive.org/web/20210417014242/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1237467429&select=event 3月20日、21日開催各イベント参加のお知らせ]」公式サイト、2009年3月19日付、2013年1月3日閲覧</ref>
* なごや商業フェスタ2009オフィシャルサポーター(2009年4月9日、愛知県芸術劇場大ホール)<ref>「[https://web.archive.org/web/20210417014120/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1234698962&select=stage SKE48な・ご・や商業フェスタ2009 のオフィシャルサポーターに決定!!]」公式サイト、2009年2月15日付、2013年1月3日閲覧</ref>
* アイドルユニットサマーフェスティバル2010(2010年8月30日 - 31日、[[渋谷公会堂|渋谷C.C.Lemonホール]])<ref>「[https://web.archive.org/web/20210417014315/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1277475639&select=event 「アイドルユニットサマーフェスティバル2010」参加のお知らせ]」公式サイト、2010年6月25日付、2013年1月3日閲覧</ref>
* [[第一興商]]Presents「DAMスペシャルナイター」(2010年9月10日、[[福岡ドーム|福岡Yahoo! Japanドーム]])<ref>「[https://web.archive.org/web/20210417014128/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1283329760&select=event 第一興商Presents「DAMスペシャルナイター」参加のお知らせ]」公式サイト、2010年9月1日付、2013年1月3日閲覧</ref>
* {{仮リンク|ソウル国際ドラマアワード|ko|서울 드라마 어워즈|label=SEOUL INTERNATIONAL DRAMA AWARDS 2010}}(2010年9月10日、[[大韓民国|韓国]][[ソウル特別市]]・[[KBSホール (韓国)|KBSホール]]) - 木﨑・松井玲・石田・小木曽・高柳・向田・若林<ref group="注">{{Efn2|授賞式で海外特別ゲストとして招かれ、「強き者よ」「青空片想い」を日本語で歌う姿が韓国の地上波テレビで生中継された。韓国では、2004年1月の[[韓国での日本大衆文化の流入制限#第4次開放(2004年1月1日)|日本大衆文化第4次開放]]で日本語の歌の放送を許したが放送局側で録画だけに制限しており、生中継されたのはこれが初めてであった。事前に放送通信審議委員会を通した上で、放送が決定された。</ref>}}<ref>「[http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2010/09/13/0800000000AJP20100913000800882.HTML 韓国地上波放送で日本歌手が日本語の歌、初の生放送]」聯合ニュース、2010年9月13日付、2011年2月8日閲覧</ref><ref>「[https://web.archive.org/web/20210417014207/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1283563068&select=event 『SEOUL INTERNATIONAL DRAMA AWARDS 2010』参加のお知らせ]」公式サイト、2010年9月7日、2013年1月2日閲覧</ref>
* [[鈴鹿医療科学大学]] 学園祭(2010年11月7日) - チームKII<ref>「[https://web.archive.org/web/20210417014214/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1287712640&select=event 鈴鹿医療科学大学 学園祭「碧鈴祭」参加のお知らせ]」公式サイト、2009年10月22日付、2013年1月3日閲覧</ref>
* 愛知県高校生フェスティバル「BIGフェスティバル」(2010年11月14日、[[愛知県体育館]]) - チームS<ref>「[https://web.archive.org/web/20210417014058/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1288841741&select=event 「BIGフェスティバル」参加]」公式サイト、2010年11月7日付、2013年1月3日閲覧</ref>
* 第48回交通安全子ども自転車大会(2013年7月25日、名古屋市・[[名古屋市国際展示場]]) - 中西・岩永・梅本
* 美浜海遊祭2013 SKE48 SPECIAL LIVE SHOW(2013年8月2日、美浜町・小野浦海水浴場前特設ステージ)<ref>[http://www.tokai-tv.com/marugoto/ske.html SKE48 SPECIAL LIVE SHOW] 東海テレビ「まるナツ!2013」2013年8月2日閲覧</ref> - 正規メンバー+北川綾+松村+山田み
* a-nation island powered by ウイダーinゼリー 〜IDOL NATION 2013〜(2013年8月10日、東京・国立代々木競技場第一体育館) - 石田・大矢・木﨑・新土居・松井珠・向田・矢方・大場美・須田・高柳・古川・木下・木本・菅・古畑・松井玲<ref group="注">{{Efn2|松井玲はAKB48メンバーとしても出演。</ref>}}
* 三重県フェア(2013年8月18日、名古屋市・[[イオンモールナゴヤドーム前]] 1階セントラルコート) - 佐藤聖・出口・内山
* お台場合衆国2013「SKE48 めざましライブ」(2013年8月26日、東京都港区・お台場合衆国 Open Summer スタジアム) - 石田・磯原・大矢・木﨑・向田・矢方・大場美・柴田・須田・高柳・梅本・木下・木本・菅・古畑・松井玲
* 世界コスプレサミット2015「錦通りレッドカーペットパレード」(2015年8月1日、名古屋市中区) - 石田・熊崎・髙寺
* TOKYO IDOL FESTIVAL 2015(2015年8月1日、東京都江東区・Zepp DiverCity)
* 美浜海遊祭2015 SKE48 SPECIAL LIVE SHOW(2015年8月13日、愛知県美浜町・小野浦海水浴場前特設ステージ)<ref group="注">{{Efn2|正規メンバー(宮澤・谷を除く)+研究生。</ref>}}
* キャラホビ2015 SUNSHINE SAKAE 「SKE48」スペシャルステージ(2015年8月23日、幕張メッセ国際展示場) - 北川綾・二村・矢方・石田・内山・江籠・神門・斉藤・小畑・後藤楽・野島・一色・上村・白井琴・菅原・水野
* アニメイト栄一日宣伝大使トークイベント(2015年9月18日、名古屋市・名古屋パルコ) - 竹内舞・都築・熊崎・酒井・一色
* [[東海旅客鉄道]](JR東海) [[リニア・鉄道館]] 特別親善大使(2015年4月21日 - )<ref>{{Cite press release|url=http://museum.jr-central.co.jp/_pdf/20150422.pdf|title=SKE48 リニア・鉄道館 特別親善大使に就任!|format=PDF|publisher=東海旅客鉄道|date=2015-04-21|accessdate=2015-04-23}}</ref><ref>「[http://mainichi.jp/select/news/20150422k0000m040049000c.html JR東海リニア・鉄道館:特別親善大使にSKE48を任命]」毎日新聞、2015年4月21日付、2015年4月21日閲覧</ref>
* [[エスカ地下街|ESCA]] 45th広報大使(2016年3月28日 - )<ref>「[http://www.esca-sc.com/ske_esca/index.html ワクワク!エスカレーション | ESCA]」2016年3月28日付、同日閲覧</ref>
* [[愛知県]][[選挙管理委員会]] [[第24回参議院議員通常選挙]] 選挙啓発メッセンジャー<ref name="{{R|messenger" />}}
* 沖縄マンゴー大使(2017年7月14日 - )
* 第70回[[全国植樹祭]]あいち2019PR隊「チーム森ずきんちゃん」(2017年10月13日 - )
 
== オーディション ==
* 合格者・不合格者のうち'''太字'''となっているのは2021年7月1日現在、在籍しているメンバー<ref name="{{R|profile" />}}
'''主な実施要項'''(多少異なることがある)
* 応募資格:SKE48メンバーとして芸能活動でき、日常的にSKE48劇場へ通い活動ができる者。10歳以上のプロダクションに所属していない女性、経験不問<ref name="audition">「[https://ske48.co.jp/news/detail/39773 SKE48第11期生オーディション開催のお知らせ]」公式サイト、2021年12月20日閲覧</ref>。
 
=== 第4期生オーディション ===
応募総数5888名、最終審査2010年9月30日、合格者16名、競争倍率368倍<ref name="web100930">「[https://web.archive.org/web/20110218013911/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1285816102&select=audition 第4期生オーディション最終結果のお知らせ]」公式サイト、2010年9月30日付、2013年1月3日閲覧</ref><ref>[https://sp.ske48.co.jp/gra_member_JWiWiqXzXY.html SKE48を卒業するメンバー9人の軌跡を紹介!!] - SKE48 Mobileサイトにて4期生原望奈美の合格日記載、2013年4月13日付</ref>、同年10月5日にお披露目・ステージデビュー<ref group="注">{{Efn2|木本のみ、10月3日に4thシングル選抜メンバーとして先にお披露目・デビューした。</ref>}}<ref>Narinari.com(Exciteニュース)「[http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20101004/Narinari_20101004_14333.html SKE48選抜入り木本花音にどよめき、新シングルやW松井のユニットも発表。]」2010年10月4日、ナタリー(Exciteニュース)「[http://www.excite.co.jp/News/music/20101006/Natalie_7935.html SKE48、地元・名古屋ライブで第4期生16名をお披露目]」2010年10月6日</ref>
 
合格者:犬塚あさな、梅本まどか、金子栞、木本花音、小林亜実、小林絵未梨、酒井萌衣、柴田阿弥、高木由麻奈、竹内舞、'''都築里佳'''、中村優花、野々山茉琳、原望奈美、水埜帆乃香(現芸名・帆乃香)、山下ゆかり
* 応募期間:2016年8月10日 - 9月9日<ref>{{Cite web2|url=http://ske48-audition.secureserv.jp/pc/|title=SKE48 第8期生オーディション|work=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|publisher=AKS|date=2016-08-09|accessdate=2016-10-29|archiveurl=https://web.archive.org/web/20160821123700/http://ske48-audition.secureserv.jp/pc/|archivedate=2016-08-21}}</ref>
* [[SHOWROOM (ストリーミングサービス)|SHOWROOM]]部門(2016年10月20日17時00分 - 10月26日21時59分)<ref name="8thsr">{{Cite news|url=http://www.musicman-net.com/artist/61919.html|title=SKE48 第8期生オーディション、SHOWROOM部門の開催決定|newspaper=Musicman-NET|publisher=エフ・ビー・コミュニケーションズ,マグネット|date=2016-10-18|accessdate=2016-10-29}}</ref>
** 当イベントでの配信内容、獲得ポイント数、順位等は直接は合否に関係しないが、審査の参考とされる<ref name="{{R|8thsr" />}}
* 最終審査2016年10月29日、合格者23名<ref>{{Twitter status|AKB48Shihainin|792361748011429891}} {{accessdate|2016-10-29}}</ref>、2016年11月19日8期研究生として19名がお披露目<ref name="{{R|8th_ohirome" />}}
合格者:渥美彩羽、石川咲姫、'''石黒友月'''、'''井上瑠夏'''、大芝りんか、岡田美紅、川合杏奈、'''北川愛乃'''、'''倉島杏実'''、小林佳乃、'''坂本真凛'''、'''佐藤佳穂'''、白雪希明、'''仲村和泉'''、野々垣美希、'''野村実代'''、'''深井ねがい'''、森平莉子、矢作有紀奈
* 主な不合格者・辞退者:福田朱里(STU48)<ref>{{cite web2|url=https://sp.ske48.co.jp/sp/fpage/p:nonogaki_170815|title=旬刊 SKE48 Vol.3 野々垣美希【前編】|work=SKE48 Mobile|publisher=AKS|accessdate=2017-09-30}}</ref>、平田詩奈(ドラフト3期生)<ref>{{cite web2|url=https://www2.ske48.co.jp/blog_pc/detail/id:20180620175605066/|author=平田詩奈|date=2018-06-20|title=しぃちゃんBlog #15|website=SKE48公式ブログ|publisher=AKS|accessdate=2018-08-31}}</ref>
=== 第9期生オーディション ===
* 応募期間:2018年9月17日 - 11月4日<ref>{{Cite web2|url=http://ske48-audition.secureserv.jp/pc/|title=SKE48 第9期生オーディション|work=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|publisher=AKS|date=2018-09-16|accessdate=2018-09-16}}</ref>
* SHOWROOM部門:2018年11月27日17時00分 - 12月5日19時59分{{refnest|group="注"Efn2|当イベントでの配信内容、獲得ポイント数、順位等は直接は合否に関係しないが、審査の参考とされる<ref>{{cite press release|url=https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000234.000026205.html|title=SKE48第9期生オーディション SHOWROOM部門の開催が決定!11/27(火)より候補者たちが個人配信!|publisher=SHOWROOM|date=2018-11-26|accessdate=2018-11-26}}</ref>。}}
* 最終審査:2018年12月9日<ref>{{Cite tweet|user=SHOWROOM_jp|author=SHOWROOM|number=1071609592784683009|title=本日12月9日(日)19時〜20時の間でSKE48 第9期生オーディション通過者のお礼配信が決定!|date=2018-12-09|accessdate=2018-12-19}}</ref>、仮合格者24名<ref>{{cite web2|url=http://tokai-tv.com/musubi/20181218.html|title=むすびのイチバン 2018年12月18日放送|publisher=東海テレビ放送|date=2018-12-19|accessdate=2018-12-19}}</ref>、2018年12月31日9期研究生として20名がお披露目<ref name="{{R|9th" />}}
合格者:'''青海ひな乃'''、'''赤堀君江'''、安達玲奈、'''荒野姫楓'''、'''池田楓'''、石川花音、'''入内嶋涼'''、大橋真子、大場紗也加、'''岡本彩夏'''、'''川嶋美晴'''、白井友紀乃、杉山菜田里、'''鈴木愛菜'''、'''鈴木恋奈'''、'''竹内ななみ'''、'''田辺美月'''、'''中坂美祐'''、'''平野百菜'''、'''藤本冬香'''
 
=== 第10期生オーディション ===
* 応募期間:2019年7月25日 - 9月1日<ref>{{Cite web2|url=https://web.archive.org/web/20210417014137/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1562302677&select=audition|title=SKE48第10期生オーディション開催のお知らせ|work=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|publisher=ゼスト|date=2019-07-04|accessdate=2019-07-05}}</ref>
* SHOWROOM部門:10月23日17時00分 - 11月1日19時59分<ref name="SKE48-10">{{Cite web2|url=https://web.archive.org/web/20210417014307/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1571040467&select=audition|title=SKE48第10期生オーディション審査途中経過のお知らせ|work=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|publisher=ゼスト|date=2019-10-15|accessdate=2019-10-15}}</ref><!--{{refnest|group="注"Efn2|当イベントでの配信内容、獲得ポイント数、順位等は直接は合否に関係しないが、審査の参考とされる}}-->
* 三次審査:11月上旬<ref name="{{R|SKE48-10" />}}
* 最終審査(WEB投票):11月10日 - 11月17日<ref name="SKE48-10_01">{{Cite web2|url=https://web.archive.org/web/20210417014324/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1573209236&select=audition|title=SKE48第10期生オーディション最終審査のお知らせ|work=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|publisher=ゼスト|date=2019-11-08|accessdate=2019-11-08}}</ref>、2019年11月19日、合格者12名(1名辞退)、オーディション特設サイトにて発表<ref name="SKE48-11_19">{{Cite web2|url=https://web.archive.org/web/20201101004305/https://www.ske48.co.jp/news/?id=1574154004&select=audition|title=SKE48第10期生オーディション最終審査結果発表|work=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|publisher=ゼスト|date=2019-11-19|accessdate=2021-03-04}}</ref>。
合格者:'''青木莉樺'''、'''五十嵐早香'''、'''石塚美月'''、'''伊藤実希'''、加藤結、木内俐椛子、'''鬼頭未来'''、'''澤田奏音'''、'''杉山歩南'''、'''西井美桜'''、'''林美澪'''
=== 第11期生オーディション ===
* 応募期間:2021年12月20日 - 2022年1月16日<ref name="SKE48-11">{{Cite web2|url=https://ske48.co.jp/news/detail/39773|title=SKE48第11期生オーディション開催のお知らせ|work=SKE48 OFFICIAL WEB SITE|publisher=ゼスト|date=2021-12-19|accessdate=2021-12-20}}</ref>
* 一次審査<ref name="{{R|SKE48-11" />}}
* 二次審査:2022年2月上旬 - 中旬<ref name="{{R|SKE48-11" />}}
* 最終審査:2022年2月下旬<ref name="{{R|SKE48-11" />}}
<!--合格者:-->
 
2014年2月の『AKB48グループ大組閣祭り』で発表された異動により、芝はSKE48劇場支配人研究生となり、映像ディレクターだった[[今村悦朗]]がSKE48劇場支配人候補生となった。
 
2015年1月および3月のAKB48のコンサートで発表された異動により、今村が同年10月に[[新潟市]]にオープンする予定のNGT48劇場支配人として転出、湯浅がSKE48劇場支配人に復帰、芝がSKE48劇場副支配人となった<ref group="注">{{Efn2|芝は当初、AKB48劇場支配人への転出が発表されたが、本人の希望により副支配人として残留する運びとなった。</ref>}}
 
== 受賞・認定記録 ==