「クラーケン」の版間の差分

画像の差し替え。元の"ド・モンフォール"作x2枚→ともに英国刊行の模作。R・ハミルトン著書のをトップ画に、ギブソン著書のを下に。File:Olaus B, tengeri szörnyek.jpgカルタ・マリナの怪物でクラーケン説あり
(エルヴァル・オッド(『ヘルヴォルとヘイズレク王のサガ』削除)→ 『矢のオッドのサガ』→‎ダイオウイカ:  "ハーパー・リー"→"ヘンリー" <ref>+ (ダイオウイカ属の鑑定は Verill))
タグ: コメントアウト 曖昧さ回避ページへのリンク
(画像の差し替え。元の"ド・モンフォール"作x2枚→ともに英国刊行の模作。R・ハミルトン著書のをトップ画に、ギブソン著書のを下に。File:Olaus B, tengeri szörnyek.jpgカルタ・マリナの怪物でクラーケン説あり)
{{Otheruses}}
{{multiple image
[[ファイル:Colossal octopus by Pierre Denys de Montfort.jpg|thumb|250px|[[フランス]]の[[軟体動物学|軟体動物学者]][[ピエール・デニス・ド・モンフォール]] ([[:en:Pierre Denys de Montfort|en]]) が描いた準最大種「コロッサル蛸」([[1801年]]公表)。<br />船乗りが「このような巨大・頭足類にノルウェー近海やアイスランド沖・アフリカ南部のアンゴラ沖などにて襲われた」と記録している。]]
|perrow=1/2
| align = right
| total_width = 400
| image_style = border:none;
| header=クラーケン対巨大ダコ
| image1=Naturalistslibra25-p326a-kraken.jpg
| alt1=船を襲うクラーケン
| caption1=(上)頭足類クラーケン。</br>{{Refn|group="注"|"クラーケン。セピア属、イカ・タコ類とされる(ドニ=モンフォール画に模す)<!--"The Kraken supposed a sepia or cuttlefish (from Denys Montford)" [sic.].-->"という見出しがついている。原文の"cuttle fish"は、現在は「コウイカ類」を指すが、ここでは当時の語義にならい「イカ・タコ類」とした。当時はタコもセピア属に分類され、英語で"eight-armed cuttle-fish"と呼んだのである<ref name="packard"/>。}}。"
{{right|{{small|— {{仮リンク|ウィリアム・ホーム・リザーズ|en|William Home Lizars|label=W・H・リザーズ}}刻。R・ハミルトン著〈ナチュラリスト・ライブラリー〉文庫本『水陸両生食肉目』(1839年)より。}}<ref name=hamilton-plate-xxx>{{harvp|Hamilton|1839}}. Plate XXX, [https://www.biodiversitylibrary.org/page/18065353#page/389/mode/1up p. 326a]</ref>}}水陸両生食肉目
| image2=Le_Poulpe_Colossal.jpg
| alt2=巨大ダコが船を襲う版画
| caption2={{right|{{small|—{{仮リンク|ピエール・ドニ・モンフォール|en|Pierre Denys de Montfort|label=ドニ=モンフォール}} (画)、{{仮リンク|エティエンヌ・クロード・ヴォワサール|fr|Étienne Claude Voysard|label=ヴォワサール}}(刻)。[[1801年]]刊行}}<ref name=denys-montfort-colossal>{{harvp|Denys-Montfort|1801|p=256}}, Pl. XXVI</ref>}}
| image3=Colossal octopus by Pierre Denys de Montfort.jpg
| alt3=巨大ダコが船を襲う色彩画
| caption3={{right|{{small|—インク画、[[ウォッシュ (絵画技法)|ウォッシュ]]水彩<!--cn-->。モンフォール画の複製{{sfnp|Lee|1875|pp=100–103}}}}}}<!--飛ぶ海鳥などがいない-->
| footer=(左)準最大種「コロッサル蛸」(フランス名:プールプ・コロッサル)が船を襲う図{{Refn|group="注"|アフリカ南部のアンゴラ沖にて襲われたとする船乗りの絵をもとにしている{{sfnp|Lee|1875a|pp=100–103}}<ref>{{harvp|Nigg|2014|p=147}}: "The hand-colored woodcut is a reproduction of art in the Church of St. Malo in France".</ref>。}}。(右)同じく彩色付きの複製画。
}}
 
'''クラーケン'''([[ノルウェー語]]等:{{Lang|nob<!--etc.-->|'''Kraken'''}})は[[北ヨーロッパ|北欧]]に伝わる「[[海]]の[[怪物]]」。巨大[[タコ]]として描かれる[[図像]]が定着している<ref name="heibonsha-sekaidaihyakka"/>。
 
 
=== 姿・大きさ ===
[[File:Olaus B, tengeri szörnyek.jpg|thumb|300px|オラウス地図の二頭の怪物:(左)"獰猛な歯"のほうは「豚鯨」、(右)"眼光爛爛とした角を持つ"ほうは「髭鯨」とゲスナーが命名している<ref name="olaus-carta-monstra"/><ref name="gesner"/>。左はあるいはクラーケン?<ref name="nigg"/>{{Refn|group="注"|ただし、オラウスが後に書いた書籍によると、これらは同じ種で、目を守るために牙もついており、突出可能でしなうことのできる多数の角も持つとしている<ref name="olaus-eng"/>。}}。
{{right|{{small|—オラウス・マグヌス, ''[[カルタ・マリナ]]'' (1539)年}}}}]]
 
クラーケンの姿や大きさについては諸説がある。
巨大なタコやイカといった頭足類の姿で描かれることが多いが、ほかにも、[[シーサーペント]](怪物としての大海蛇)や[[ドラゴン]]の一種、[[エビ]]、[[ザリガニ]]などの[[甲殻類]]、[[クラゲ]]や[[ヒトデ]]等々、様々に描かれてきた。
 
全ての伝承で“危険な存在”とされている訳ではなく、温和かつ無害に描かれることもある。また、クラーケンの排泄物は香気を発して餌となる魚をおびき寄せているともいわれる。
[[File:Giant octopus attacks ship.jpg|thumb|400px|alt=Kraken of the imagination|「想像上のクラーケン」<!--"Kraken of the imagination"--> {{right|{{small|— ジョン・ギブソン(1887年)}}<ref name="gibson"/>}}]]
 
[[19世紀]]、フランスの[[軟体動物学|軟体動物学者]]{{仮リンク|ピエール・ドニ・モンフォール|en|Pierre Denys de Montfort|label=ピエール・ドニ=モンフォール}}が、地上最大の生物「クラーケン蛸」{{efn2|クラーケンはプリニウスが伝えるアルボル・マリヌス(上述)等と同一だと脚注している。}}と<ref name="heibonsha-sekaidaihyakka-denis-montfort"/>、それに次ぐ軟体動物「コロッサル蛸」{{efn2|文字通りならば[[コロッサス]]的巨大さの蛸。}}の発表をおこなった{{Refn|group="注"|船を海中に引きずり込むという怪物クラーケンの正体を大ダコと断定し〈地上で最大の凶暴な生物〉という恐しいイメージを定着させた"<ref name="heibonsha-sekaidaihyakka-denis-montfort"/>とあるが、厳密には2種類の大型タコ種を述べており、絵も「コロッサル蛸」との文字入りである。}}。その頃[[南部アフリカ|アフリカ南部]]は[[アンゴラ]]沖にで船が巨大な頭足類に襲われたとする事例があり、これをコロッサル蛸の仕業と位置づけ、人や船を襲うという伝聞通りの場面の版画とともに掲載している{{efn2|ドニ=モンフォールに[[ガイウス・プリニウス・セクンドゥス|大プリニウス]]が伝える、船をも襲う人食いダコ(ポリュプス)。}。これを模したクラーケンの版画も刊行され{{efn2|上掲画像のR・ハミルトンの著〈ネイチャーズ・ライブラリー(文庫)〉『』、他にもギブソン著書(後述[[# 図像学| §図像学]]の図)がある。}}、クラーケンには、大ダコであるというイメージが定着した。[[ヴィクトル・ユーゴー]]、[[ジュール・ヴェルヌ]]、[[H・G・ウエルズ]]の小説にも登場することとなった<!--<ref
 
== 注釈 ==
{{notelist2}}
 
 
== 出典 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist|refs=
<ref name="gesner">{{cite book|last=Gesner |first=Conrad |author-link=:en:Conrad Gesner |title=Fisch-Buch |location=Frankfurt-am-Main |publisher=Wilhelm Serlin |year=1670|url=https://books.google.com/books?id=X81YAAAAcAAJ&pg=RA1-PA124 |pages=124–125 |quote= |series=Gesnerus redivivus auctus & emendatus, oder: Allgemeines Thier-Buch 4}}</ref>
 
<ref name="gibson">{{cite book|last=Gibson |first=John |author-link=<!--John Gibson d. 1887--> |chapter=Chapter VI: The Legendary Kraken |title=Monsters of the Sea, Legendary and Authentic |location=London |publisher=T. Nelson |year=1887 |url=https://www.biodiversitylibrary.org/page/54285093|chapter-url=https://www.biodiversitylibrary.org/page/54285093#page/84/mode/1up |via=Biodiversity |pages=79–86 (plate, p. 83) |archive-url=https://archive.org/details/monstersofsealeg00gibs/https://www.biodiversitylibrary.org/page/54285093#page/84/mode/1up/83/mode/1up |archive-date=2017-08-24 |quote= }}</ref>
 
<ref name=szabo>{{cite book|last=Szabo |firstVicki E. |author-link=<!--Vicki E. Szabo--> |title=Monstrous Fishes and the Mead-Dark Sea: Whaling in the Medieval North Atlantic |location=Leiden |publisher=BRILL |year=2008 |archive-url=https://archive.org/details/rvaroddssaga00boergoog |archive-date=2008-05-13 |url=https://books.google.com/books?id=DTiwCQAAQBAJ&pg=PA217 |page=217 |isbn=<!--904743241X, -->9789047432418}}</ref>
 
<ref name=heibonsha-sekaidaihyakka>{{Cite web |url =https://kotobank.jp/word/クラーケン-1161440 |title = 世界大百科事典 第2版の解説 |publisher = コトバンク |accessdate = 2018-02-18 }}</ref>
<ref name=heibonsha-sekaidaihyakka-denis-montfort>{{Cite web |url =https://kotobank.jp/word/ドニ・モンフォール,P.-1379418 |title = 世界大百科事典 第2版の解説 |publisher = コトバンク |accessdate = 2021-01-17 }}</ref>
 
<ref name="nigg">{{cite book|last=Nigg |first=Joseph |author-link=<!--Joseph Nigg (writer)--> |others=David Matthews, Anke Bernau, James Paz |chapter=The Kraken |title=Sea Monsters: A Voyage around the World's Most Beguiling Map |location= |publisher=University of Chicago Press |year=2014 |chapter-url=https://books.google.com/books?id=BT2NAgAAQBAJ&pg=PA145 |pages=145–146 |isbn=<!--0226925188, -->9780226925189}}</ref>
 
<ref name="olaus-eng">{{cite book|author=Olaus Magnus |author-link=:en:Olaus Magnus |editor-last=Foote |editor-first=Peter |editor-link=Peter Foote |title=Historia de Gentibus Septentrionalibus: Romæ 1555 |others=<!--Peter Fisher (translator) (born 1934)-->Fisher, Peter;, [[:en:Humphrey Higgins|Higgens, Humphrey]] (trr.) |trans-title=Description of the Northern Peoples : Rome 1555|location= |publisher=Hakluyt Society |date=1998 |url=https://books.google.com/books?id=8uEkAQAAMAAJ&q=sprouts+horns |page=1092 |quote=}}</ref>
 
<ref name="olaus-carta-monstra">{{citation|author=Olaus Magnus |author-link=:en:Olaus Magnus |editor-last=Brenner |editor-first=Oscar |editor-link=:de:Oskar Brenner |title=Die ächte Karte des Olaus Magnus vom Jahre 1539 nach dem Exemplar de Münchener Staatsbibliothek |work=Forhandlinger i Videnskabs-selskabet i Christiania |location= |publisher=Trykt hos Brøgger & Christie |date=1887<!--21 September 1886--> |orig-date=1539 |url=https://books.google.com/books?id=elFLAAAAYAAJ&pg=RA12-PA7 |page=7 |quote=monstra duo marina maxima vnum dentibus truculentum, alterum cornibus et visu flammeo horrendum / Cuius oculi circumferentia XVI vel XX pedum mensuram continet}}</ref>
 
<ref name="packard">{{cite journal|last=Packard |first=A. S. |author-link=Alpheus Spring Packard |title=Kraken |journal=The Connecticut School Journal |volume=2 |number=3 |date=March 1872 |url=https://books.google.com/books?id=azw6AQAAMAAJ&pg=PA78 |pages=78–79 |jstor=44648937}}</ref>
}}