「タンチョウ」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[種小名]]''japonensis''は「日本産の」の意。北海道東部で繁殖する[[個体群]]と、中華人民共和国北東部や[[極東ロシア|ロシア極東部]]で繁殖する個体群に分かれる<ref name="masatomi_b">正富宏之「タンチョウ」『日本動物大百科 3 鳥類I』(日高敏隆編、平凡社、1996年)132 - 133頁</ref>。[[アムール川]]流域で繁殖し、冬季になると[[江蘇省]]沿岸部や[[朝鮮半島]]ヘ南下して越冬する<ref name="momose2014" />。
 
日本では北海道東部([[道東]])に周年生息(留鳥)し、[[襟裳岬]]以東の[[太平洋]]岸や[[根室海峡]]沿岸部、[[オホーツク総合振興局|オホーツク地区]]、1982年以降は[[国後島]]<ref>{{Cite journal|和書|author=正富宏之, 百瀬邦和 |title=1989年の繁殖期におけるタンチョウの営巣 |journal=山階鳥類研究所研究報告 |ISSN=0044-0183 |publisher=山階鳥類研究所 |year=1989 |volume=21 |issue=2 |pages=265-279 |naid=130003572747 |doi=10.3312/jyio1952.21.265 |url=https://doi.org/10.3312/jyio1952.21.265}}</ref>や[[歯舞諸島]]、2004年以降は[[宗谷総合振興局|宗谷地区]]でも繁殖している<ref name="momose2014" />。越冬地は主に[[釧路湿原]]周辺だったが、近年は[[十勝平野]]西部や根室地区での越冬例が確認・増加している<ref name="momose2014" />。[[日本野鳥の会]]の観察によると、繁殖地は道東から、かつて棲息していた北海道他地区へ広がりつつあり、2020年には[[明治]]時代以来となる[[ウトナイ湖]]周辺での繁殖確認を公表した<ref>[https://www.wbsj.org/activity/press-releases/press-2020-10-01/ 勇払原野一帯では130年ぶり ウトナイ湖サンクチュアリでタンチョウのヒナを確認] 日本野鳥の会プレスリリース(2020年10月1日)2020年10月7日閲覧</ref>。[[道北]]の[[サロベツ原野]]でも2018年に営巣跡が発見されており、採取された羽の[[ミトコンドリアDNA]]解析により、[[ユーラシア大陸]]から飛来した個体と北海道内に生息する個体が[[つがい]]をなした可能性が指摘されている<ref>{{Cite journal|author=Erika KAWASAKI, Makoto HASEBE, Ji-Hee HWANG, Eun-Young KIM, Kisup LEE, Kunikazu MOMOSE, Hiroki TERAOKA |title=Origin of a pair of red-crowned cranes (Grus japonensis) found in Sarobetsu Wetland, northwestern Hokkaido, Japan: a possible crossbreeding between the island and the mainland population |journal=Journal of Veterinary Medical Science |ISSN=1347-7439 |publisher=日本獣医学会 |year=2021 |volume= |issue= |pages= |naid= |url= https://doi.org/10.1292/jvms.21-0500}}</ref><ref>「タンチョウ 道北で交雑か/酪農学園大など 大陸の個体と営巣確認」『北海道新聞』朝刊2022年1月11日1面</ref>。
 
{{要出典範囲|日本で最も有名な生息地は釧路湿原一帯であるが極稀に石狩平野の上空を飛来することがあり、鳴き声が聞かれる。2015年5月31日に札幌上空で飛来が確認された|date=2021年6月}}。