「内藤清長」の版間の差分

編集の要約なし
(リンク付・その他)
編集の要約なし
'''内藤 清長'''(ないとう きよなが、[[1565年]]没?)は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の武将。[[内藤義清]]の子。[[内藤家長]]の父。[[内藤信成]]の養父で外祖父に当たる。[[内藤正成]]の伯父。通称は'''弥次衛門'''。[[官位]]は'''右京進'''という
 
[[三河国|三河]]の[[内藤氏]]は[[藤原秀郷]]または[[藤原道長]]の末裔を称する[[内藤氏]]の一派であると自称するが、具体的な事跡が明らかになるのは清長の父の義清の代からである。清長は[[松平清康]]、[[松平広忠]]に仕え、戦において甥の正成ら一族と共に活躍し、特に弓の名手として知られていた。しかし、広忠の長子で彼の義理の孫に当たる[[徳川家康|松平家康]]の代に、[[三河一向一揆]]との戦いにおいて[[本多正信|本多弥八郎]](正信)らと共に主家から離反し、主君と戦った。戦乱が鎮まると彼は蟄居を命ぜられて、間もなく没した。
匿名利用者