「モンゴル民主化運動」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''国民革命'''(こくみんかくめい)とは、[[モンゴル国]]において、[[1989年]]から[[1990年]]にかけて、[[都市]]在住の[[知識人]]に主導された、非共産化革命を指す。[[無血]]で行われたのが特徴。
 
[[1985年]]以降、[[ジャムビィン・バトムンフ]][[第1書記]]が進めていた[[体制内改革]]により、その土壌は作られていた。
 
1989年、交通労働者が打った[[ストライキ]]により、端を発する。
1990年1月、[[人権]]尊重を求める意見書が発表され、[[モンゴル民主連合]]、[[モンゴル社会民主主義運動]]、[[モンゴル進歩連合]]が結成される。[[モンゴル人民革命党]][[政治局]]員の解任要求も提出され、民意により、初めて政治局員が解任される。
 
1990年3月15日、モンゴル人民革命党[[中央委員会]]第8回総会で、[[ユムジャーギィン・ツェデンバル]]元[[第1書記]]の下で政治迫害された人々に対する[[名誉]]回復と、[[ソ連]]滞在中の同第1書記の党籍剥奪を決定。[[ジャムビィン・バトムンフ]]第1書記の辞任を承認すると共に、ツェデンバル第1書記の下で改革的過ぎると批判されていた[[ゴンボジャヴィーン・オチルバト]]を第1書記に選出。
 
1990年4月、[[複数政党制]]の採用と、国家[[権力]]からモンゴル人民革命党中央委員会を排除することを要求。
824

回編集