「小倉藩」の版間の差分

m (Link修正, replaced: 御家騒動御家騒動)
 
[[慶長]]5年(1600年)関ヶ原の戦いで[[細川忠興]]は東軍に属して戦い、居城である[[丹後国]][[田辺城 (丹後国)|田辺城]]は父[[細川幽斎]]が勅命により講和するまで西軍に頑強に抵抗した([[田辺城の戦い]])。その功により戦後細川氏は丹後田辺・豊後杵築合わせて18万石から、豊前一国と[[豊後国]][[国東郡]]・[[速見郡]]都合39万9千石に大幅加増され、小倉藩を立藩した。当初は[[中津城]]に入城したが、すぐに毛利氏の旧小倉城の跡地に[[大名|大大名]]の居城として相応しい規模の城郭と城下町の建設を開始し、慶長7年(1602年)小倉城に藩庁を移した。[[宮本武蔵]]と[[佐々木小次郎]]との決闘が当時は小倉藩領だった[[巌流島]]<!--(現在は山口県下関市域)-->で行われたのはこの細川氏の時代である。
 
元和6年(1620年)、細川家2代忠興は隠居し、三男[[細川忠利|忠利]]が、親[[細川忠興]]より家督を譲られ第2代小倉藩主となる。その後、忠利は[[寛永]]9年(1632年)[[加藤忠広]]の改易に伴い、さらに加増され[[熊本藩]]54万石に加増・移封された。
 
=== 小笠原氏時代 ===
同年、[[播磨国]][[明石藩]]より、忠利の義兄である[[小笠原忠真]]<ref>忠真は細川忠利の正室[[保寿院|千代姫]]の実兄であり、細川氏移封時の引き継ぎも配慮されたと推測されている([[山本博文]]『江戸城の宮廷政治』講談社学術文庫 P191)</ref> が入部し、小倉城主として豊前北部15万石を領した。なおその際、支城の豊前中津城には忠真の甥[[小笠原長次|長次]]が8万石で入部し[[中津藩]]が、同じく豊後[[杵築城]]には忠真の弟[[小笠原忠知|忠知]]が4万石で入部し[[杵築藩]]が成立した。
 
忠真の母は[[松平信康]]の娘で[[徳川家康]]の外曾孫にあたることから、以後小倉[[小笠原氏]]は西国[[譜代大名]]の筆頭として九州の玄関口を抑える、いわば「九州探題」の役割を果たし[[外様大名]]の監視にあたったが、これが幕末における小倉城落城の遠因ともなった。宮本武蔵の嗣子[[宮本伊織]]は、父ともに出陣した[[島原の乱]]の軍功などにより知行4000石の小倉藩筆頭[[家老]]となり忠真を支え、以後宮本家は代々その地位を世襲した。2代[[小笠原忠雄|忠雄]]は[[寛文]]7年(1667年)藩主相続の際、弟の[[小笠原真方|真方]]に[[小倉新田藩]](千束藩)1万石を[[内分分知]]した。
[[安永]]6年(1777年)[[犬甘知寛]](いぬかい ともひろ)が家老に就任し藩財政改革を行った。犬甘の努力により[[寛政]]10年(1798年)頃には財政も好転し銀8千貫の貯蓄ができるまでになったが、反対派の陰謀により[[享和]]3年(1803年)に失脚、無実の罪により入牢しそこで非業の死を遂げた。その後藩内では重臣間の派閥争いが続くこととなった。
 
文化8年([[1811年]])第6代藩主[[小笠原忠固]]の時代に[[白黒騒動|文化の変]]とも[[白黒騒動]]とも呼ばれる[[お家騒動|御家騒動]]が勃発
 
[[文政]]3年(1820年)には郡代[[杉生貞則]]による産業振興策が始まり、[[今川 (福岡県)|今川]]の河川改修、各地の道路整備、[[豊前市#港湾|宇島港]]築港などが行われた。
匿名利用者