「新潟駅」の版間の差分

m
(→‎今後の予定: 出典を追加。)
元々のエントランスで、「'''万代口'''(ばんだいぐち)」。南口開設に際して区別するため、万代橋(現表記は「[[萬代橋]]」)側にあることから、この愛称が付けられた。
 
万代口改札には、みどりの窓口、券売機の他、[[コンビニエンスストア]]([[KIOSK]])がある。かつては待合室([[メディアステーションbanana]])、旅行センター([[びゅうプラザ]])、飲食店、[[立ち食いそば・うどん店|立食いそば店]]、旧万代口地下1階にCoCoLo万代等があったが新潟駅高架化工事に伴い[[2020年]][[10月]][[8日]]を以って旧万代口駅舎が閉鎖され解体工事に入ったため現在は上記の4施設は閉鎖しており、新万代口駅舎及び改札の供用開始までは仮設改札(仮万代口改札)として運用しているため[[2021年]][[11月]]現在飲食店、商業施設等はないが、[[2022年]][[6月]]ごろ新万代口駅舎の高架1階で新たな商業施設が部分的に開業する予定でありそこから段階的に商業施設の整備を進めていき[[2024年]]春ごろに商業施設が全面開業する予定である、なお商業施設の整備は2022年[[1月]]ごろから始まる予定である。
 
新万代口改札の供用開始時期についてはまだ不明である。