「発話障害」の版間の差分

m
(仮リンクの除去とスタブタグの除去を戻す(定義のみで解説なし))
タグ: 取り消し
発話障害もしくは発話障害者は伝統的に'''[[wikt:唖|唖]]''' / '''[[wikt:啞|啞]]''' (おし、おうし)と呼ばれていたが、この語は現代では余り用いられない。[[漢語]]では'''唖'''(あ)もしくは'''唖者'''(あしゃ)というが、単独ではあまり使われず、後述する'''聾唖'''(ろうあ)・'''聾唖者'''(ろうあしゃ)の形で使われることが多い。ただし、[[当用漢字]]外である「唖 / 啞」(および「聾」)は[[平仮名|ひらがな]]書きされることが多い。
 
[[英語]]では'''ダム''' (dumb) で、たとえば[[ダンベル]] ([[wikt:dumbbell|dumbbell]]、鉄あれい) は「しゃべらない[[鈴]](音の鳴らない鈴型のもの)」という意味である。ただし、特に[[アメリカ英語]]で「[[馬鹿]]」と言う意味があるため忌避され、ミュートネス (muteness) や、[[婉曲]]に「スピーチが害された (speech-impaired)」とも言う。
 
== 分類 ==