「スリックタイヤ」の版間の差分

m
m
路面状況によって性能が著しく変化するため、レース戦略やレーサーの好みに応じて、レースにおいては複数の種類が運用される。これらは長時間走行性維持性能や短時間における走行性能、路面の舗装の違い等に対応し、様々なものが使用される。
 
スリックタイヤは溝がないため濡れた路面における使用は非常に危険であり、この場合はスリックタイヤに溝を加工したカット・スリック、または雨専用のタイヤ[[レインタイヤ]]が使用される。
 
タイヤ競争が激化していた時代には、各カテゴリにおいて予選用に寿命の短い予選用タイヤ(Qタイヤ)なども用意されていたが、F1では1998年のレギュレーション変更により、[[グルーブドタイヤ]]の使用が義務付けられた。
557

回編集