「尾張四観音」の版間の差分

恵方と四観音道等を補足
編集の要約なし
(恵方と四観音道等を補足)
'''尾張四観音'''(おわりしかんのん)とは、[[尾張国]]の代表的な四つの[[観音]]のことである。[[荒子観音]]・[[甚目寺]]観音・[[竜泉寺]]観音・[[笠寺観音]]。[[名古屋城]]から見て[[恵方]]の方角にあり、毎年[[節分]]の時期になるといずれかの寺が多くの人を指す言葉賑わう。それぞれを結ぶ道として'''四観音道'''がある。
いずれも開基から千数百年以上を経た古刹である(蛇足ながら、[[日本三大観音]]のひとつである[[大須観音]]が尾張四観音に入らないのは、[[江戸時代]]初期に[[徳川家康]]の命令で[[美濃]]から[[名古屋]]に移転してきた比較的新しい観音であることに起因する)。
 
[[名古屋城]]を中心にほぼ四方に分散する形で立地しており、毎年[[節分]]の時期になると(名古屋城から見て)その年の[[恵方]]にあたる寺が多くの参詣者で賑わう。それぞれを結ぶ道として'''四観音道'''があったが、このうち笠寺と竜泉寺を結ぶ道が現存し、[[千種区]]内の地名にもなっている。
 
{{Buddhism stub}}
831

回編集