「警察官職務執行法」の版間の差分

編集の要約なし
m (外部リンクの修正 http:// -> https:// (www.sankei.com) (Botによる編集))
編集の要約なし
{{日本の法令
|題名=警察官職務執行法
|番号=昭和23年7月12日法律136号
|通称=警職法
|効力=現行法
|種類=[[行政手続法]]
|内容=警察官が職務執行のためにとるべき手段
|制定時題名=警察官等職務執行法
|関連=[[刑事訴訟法]]、[[警察法]]、[[犯罪捜査規範]]
|リンク=[https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=323AC0000000136 e-Gov法令検索]
}}
 
'''警察官職務執行法'''(けいさつかんしょくむしっこうほう、[[英語]]:The Police Duties Execution Act<ref name="lawtranslation2013">{{Cite web |url=http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail/?id=2229&vm=04&re=01&new=1 |title=日本法令外国語訳データベースシステム-警察官職務執行法 |trans-title=The Police Duties Execution Act |accessdate=2017-06-14 |author=日本法令外国語訳データベースシステム |coauthors=日本法令外国語訳推進会議 |date=2013-03-28 |publisher=法務省 |page=1 }}</ref>)は、[[警察官]]が「個人の生命、身体及び財産の保護、犯罪の予防、公安の維持並びに他の法令の執行等の職権職務を忠実に遂行するために、必要な手段を定めることを目的とする」法律(同法1(1条1項)である。警察の責務を達成するための手段を定めるものとして、警察官の[[即時強制]]に関する[[一般法]]として制定する。'''警職法'''と略される。
 
==構成==