「改造社」の版間の差分

m
脚注位置を修正。山本実彦の文章は1934年発表なので、1944年の解散について触れられるはずがありません。
編集の要約なし
タグ: Refタグつき記述の除去
m (脚注位置を修正。山本実彦の文章は1934年発表なので、1944年の解散について触れられるはずがありません。)
 
 
== 沿革 ==
[[1919年]]([[大正]]8年)4月、[[山本実彦]]により創業。総合雑誌『[[改造 (雑誌)|改造]]』を創刊し、[[バートランド・ラッセル]]、[[マーガレット・サンガー]]、[[アルベルト・アインシュタイン]]を相次いで日本に招いて話題を集めた<ref>{{Cite web|url=http://www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/publication/yamamotosanehiko.html |title=「改造」の十五年 |author=[[山本実彦]] |website=[[日本ペンクラブ]] |accessdate= 2020-10-20 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20151120034922/http://japanpen.or.jp/e-bungeikan/publication/yamamotosanehiko.html | archivedate=2015-11-20 |deadlinkdate=2020-10-20}}</ref>。当時[[京都府立洛北高等学校・附属中学校|京都府立第一中学校]]の中学生だった[[湯川秀樹]]は、この時のアインシュタインの講演を聞いて[[物理学]]へ進んだ
当時[[京都府立洛北高等学校・附属中学校|京都一中]]の中学生だった[[湯川秀樹]]は、この時のアインシュタインの講演を聞いて[[物理学]]へ進んだ。
 
[[1926年]](大正15年)からは1冊1円の全集本『現代日本文学全集』(全63巻)の刊行を開始、昭和初年の出版界に「[[円本]]ブーム」を引き起こした。[[岩波書店]]の[[岩波文庫]](1927年創刊)に対抗し、[[1929年]]([[昭和]]4年)から[[文庫本]]「[[改造文庫]]」を発行した。『[[マルクス・エンゲルス全集]]』(最終的に全27巻(30冊(7-2、7-3、16-2があるため)、別巻1、補巻1)を刊行し、[[岩波書店]]などの五社連盟版と競合する事になったが、実際に刊行できたのは改造社版だけであった。[[1944年]](昭和19年)に[[軍部]]の圧力により解散させられた<ref>{{Cite web|url=http://www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/publication/yamamotosanehiko.html |title=「改造」の十五年 |author=[[山本実彦]] |website=[[日本ペンクラブ]] |accessdate= 2020-10-20 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20151120034922/http://japanpen.or.jp/e-bungeikan/publication/yamamotosanehiko.html | archivedate=2015-11-20 |deadlinkdate=2020-10-20}}</ref>。1944年7月10日、[[情報局]]は、[[中央公論新社|中央公論社]]と改造社に自発的廃業を指示し、両社は月末に解散した。
 
[[第二次世界大戦]]後に改造社は再建され、雑誌『改造』も復刊したが、「改造文庫」は復興しなかった。ただし、改造文庫として出版していた書目を中心にB6型の「改造選書」を刊行していた。創業者・経営者の山本実彦は政治家としても活動したが、1952年に死去。[[1955年]]、[[労働争議]]から雑誌『改造』を休刊することとなった。[[1955年]][[1月22日]]編集局全員を解雇すると、1月22日[[青野季吉]]・[[丹羽文雄]]らが「改造不執筆同盟」を結成し、2月18日「改造を守る会」に発展し、解決に努力したが、『改造』は2月号で廃刊された。[[山本七平]]によると、「アメリカ式経営」の導入を標榜する若社長がそれを強行し、社内を大混乱に陥らせたのが出版社として衰退した大きな理由のひとつだという。