「付き馬」の版間の差分

編集の要約なし
 
 
== あらすじ ==
男がひとり、[[吉原遊廓|吉原]]のとある妓楼の前で男が何か考え込んでいる。近くの店の妓夫(ぎゆう=男性従業員)が気になって声をかけると男は叔母さんが金貸しをしているんだが叔母さんの自分はわりに、理としてここの店に[[掛取引|掛け取り]](=借金の回収)に来たけどね、『明日まで待ってくれ』って言われたんだ。うちは、家が遠方にあり、なので今から帰って明日出直すのはバカバカばかばかしい。それよりは、近くでひと晩を過ごし、翌朝掛け取りに来たほうが合理的だと思っのだがあいにく金を持ってきていない。それ、と事情を説明した上で、相談があるんだよ。ひと晩あたしをあんたの店で遊ばせてくれないかな? 明日掛け取りした金で支払いをするから」と答え持ちかける。帳場が諒承したため男は登楼し、その夜はどんちゃん騒ぎを繰り広げる。
 
妓夫を通じ、その店の[[帳場]]が了解したため、男は登楼し、どんちゃん騒ぎを繰り広げる。翌朝、男が顔を洗っていると、昨夜の妓夫が料金を取りにやって来る。男は「じゃあ、これから取りに行くから、ついて来てくれ」と答え、妓夫を連れて店を出る。男は昨日と、ことば巧みに妓夫を吉原店ではなく外へ連れ出し、[[銭湯]]へ妓夫で朝風呂連れて行き浴びさらに飯屋で定食屋湯豆腐で酒を飲みながらの朝食をすすめる。妓夫はそのたびに、妓夫が代金を立て替えさせられる。店を出た後も男はとで倍にれこれて返ゃべりながら男を連れ回。ななか金を払っても心配する」とい妓夫はいらいらを隠せだめる
 
しかし、いつの間にか吉原大とうとう雷を出まで来、遊廓の外にいしまっとに気づいたろで妓夫は「いつになったら払っていただけるのか」と怒り出すと、男は「ここの近所にいるあたしの伯父おじさんに金を借りて支払いを済ませよう提起し言って[[西浅草|田原町]]まで妓夫を連れてゆき1ちょっと待っていてくれるよう頼んで一軒の早桶屋(=[[棺|早桶]]の注文販売を手がける葬祭業者)にひとりで入っていく。
 
男は店主に向かい、通りの向こうに立っている男の兄貴が死んだので早桶をこしらえてくれと小声で頼み、店主が引き受けると「このおじさんがこしらえてくれるとよ」と妓夫を店に呼び入れた上、「ちょっと用事があるから」と姿を消してしまう。
男は店主を呼び出し、小声と大声を使い分けて次のように話す。「(小声で)通りの向こうに男がいるでしょう。あいつの兄貴が、ゆうべ(=昨夜)亡くなりましてね、急に早桶が必要になったのですが、……(大声で)何とかこしらえていただけませんでしょうか?……(小声で)腫(は)れの病で死んだんでね、『図抜け大一番小判型』なんていう、ものすごい奴が必要になりましてね。……(大声で)何とかひとつお願い……え、大丈夫ですか!?(大声のまま、妓夫の方を向き) おーい、なんとかしてくれると言ってるぞ! ……(小声で)あいつ(=妓夫)は兄貴が死んで混乱しているから、変なことを言いかねないが、ひとつよろしく」男は妓夫と店主を引き合わせると、「用事があるから」と言って姿を消す。
 
男の声店主が金「何とかこらえくれると思ただけませんでしょうか」「大丈夫ですか」しか聞かなかったいる妓夫男が金の算段早桶まとめ注文されたと勘違し、高圧的な態度込ん「出してただきましょう」る店主の会話はなかなかかみ合わず金を待つ。やがて主は男注文通りの巨大な職人たちが作った早桶を出して運んでくる。仰天した妓夫は仰天すると同時、男が遊郭でだまされてただで遊びた飲み食ためについていた嘘に今までだまされてしまっ気づく。妓夫の話を聞いた店主は妓夫に対し「見抜けねえてめえも間抜けだ」と激怒し、「こんな早桶は、よそには回せねえ。手間賃はともかく、早桶の材料費置いていけと妓夫に迫る。金はないと妓夫が「あり金は全部、さっきの男に使われた」と告げ答えると、店主は早桶の職人を呼び、たちに向かって
 
「おい、廓内(なか)まで付き馬に行け」