「ろう付け」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎代表的な硬ろう: りん銅ろうの説明)
'''ろう付け'''(鑞付け、ろうづけ、brazing)とは、[[金属]]を[[接合法|接合]]する方法である[[溶接]]の一種。接合する部材(母材)よりも融点の低い[[合金]](ろう)を溶かして一種の[[接着剤]]として用いる事により、母材自体を溶融させずに複数の部品、電気機器の配線等を接合する方法。'''蝋付け'''と表記のに利用される場合もあるが当て字である。[[はんだ付け]](soldering)と併せが有名である。これに対し、ろう付けに用いる合金を[[ろう]](鑞接、ろうせつ、brazing and soldering)も呼ぶ。部材自体を溶融させない、金属加工分野、融点は[[銀]]異なる異種容易に接合する事用いた銀ろうでき最も多用されている。
 
はんだ付けに用いる合金を「軟ろう」といい、電気機器の配線等を接合するのに利用される[[はんだ]]が有名である。これに対して、ろう付けに用いる合金を[[硬ろう]]といい、金属加工の分野では[[銀]]の合金を用いた銀ろうが最も多用されている。
 
==沿革==
匿名利用者