「嗚呼!バラ色の珍生!!」の版間の差分

=== ネット局による備考として ===
*秋田放送・福井放送・四国放送は番組開始から半年間ネットされていたが、視聴率低迷とローカルセールス枠だった為、1995年4月から『[[世界・ふしぎ発見!]]』(※但し、福井放送は95年4月から半年間は『[[ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!]]』の遅れ放送などを放送したが、1995年10月から『世界・ふしぎ発見!』の放送開始した。)に切り替えたが、1999年4月、マジカル・土曜ドラマ・水曜ドラマのネットCMを1分減らし、ネットCM3分枠が加わったことと、終了が19:58になった為、再び、秋田放送・福井放送・四国放送はネット復帰した。
*その他、STVテレビでは年数回、よみうりテレビでは一時期別時間に移動させ、自社製作番組(STVテレビでは『[[どさんこワイド|どさんこゴールデン]]』、よみうりテレビでは、クイズ番組「電脳!CQバトラー」=日本テレビでも深夜に遅れ放送したことがある=)を放送していた時期があった。広島テレビ放送でも自社製作のドキュメンタリー番組やプロ野球中継のためSTVテレビと同様の措置を取ったことがある。
*テレビ新潟では1996年5月9日に『[[夕方ワイド新潟一番]]』の4時間スペシャルを放送のため休止した(ちなみにこの回だけの司会に徳光が務めた)。これ以外にもローカル特番を放送した際に振替放送はなかった。
*1996年から2000年9月までは[[スカイパーフェクTV!]]の[[CS★日テレ]]でも放送されていた。
匿名利用者