「グウィリム・プー」の版間の差分

記事に加筆
({{複数の問題}}ほか)
(記事に加筆)
 
|参照方法=2021年10月27日 (水) 15:14 (UTC)
}}
'''キャプテン・グウィリム・プー'''('''Captain Gwilym Puw'''、時々または'''ウィリアム・ピュー'''として英語化されるc.[[1618年]] - c.[[1698年]])は、[[ウェールズ]]のカトリックの[[王党派詩人]]、[[王党派]]の将校、北ウェールズの{{仮リンク|オームズ湾|en|Creuddyn Peninsula}}からの著名な[[国教忌避]]の家族の一員。
 
[[ウェールズ語]]の詩が多作な作家であり、主にカトリックの信仰を擁護していた。また、カトリックの典礼作品を[[教会ラテン語]]から母国のウェールズ語に翻訳している。
 
1648年に、イングランドである[[チャールズ1世 (イングランド王)|チャールズ1世]]への忠誠とローマの[[カトリック教会]]への献身を組み合わせたウェールズ語の詩を作曲した。彼は、イギリスを苦しめている政治的悪は、「真の宗教」の放棄に対する神の罰であると言う事から始める。そして、「古い信仰」が普及した時では、人々は遥かに幸せだったと続ける。しかし、良い時間は来ている。[[イングランド]]の[[円頂党]]は破滅的な敗北によって正方形となり、王は「黄金のベールの下」に戻るだろう。[[ミサ]]はもう一度歌われ、司教は主人を昇格させる。明らかに、幕屋の王位にある諸王の王への神秘的な仄めかしがあり、これが詩全体の根底にあるテーマである。
----
:''この記事には、[[パブリックドメイン]]にある[[カトリック百科事典]]XV巻 Copyright © 1912の文章が組み込まれています。''