「内藤清長」の版間の差分

「清長の息女が主君・広忠の落胤であった信成を産んだ」という記述は「寛政譜」にはありません[弓の名手として
(加筆・訂正)
(「清長の息女が主君・広忠の落胤であった信成を産んだ」という記述は「寛政譜」にはありません[弓の名手として)
'''内藤 清長'''(ないとう きよなが、[[1565永禄]]7[[8月12日]]没?)[[1564年]])は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の[[武将。[[内藤義清]]の子[[内藤家長]]の。[[内藤信成]]の養父で外祖父に当たる。[[内藤正成]]の伯父義清。通称は'''弥次衛門'''。[[官位]]は'''右京進'''という
 
==来歴・人物==
[[三河国|三河]]の[[内藤氏]]は[[藤原秀郷]]または[[藤原道長]]の末裔を称する[[内藤氏]]の一派であると自称するが、具体的な事跡が明らかになるのは清長の父の義清の代からである。清長は[[松平清康]]、[[松平広忠]]に仕え、戦において甥の正成ら一族と共に活躍し、特に弓の名手として知られ、織田勢が上野城を攻めた際に、彼は甥の[[内藤正成]]ら一族と共に防戦し、数十人の織田勢をを射殺する戦功を立てた。しかし、広忠の長子で彼の義理の孫に当たる[[徳川家康|松平家康]]の代に、[[三河一向一揆]]との戦いにおいて[[本多正信|本多弥八郎]](正信)らと共に主家から離反し、主君と戦った。戦乱が鎮まると彼は蟄居を命ぜられて、間もなく没した。
 
*注 生没年は「藩翰譜」に拠る。[[遠江国]]二俣において64才で亡くなったという。「寛政譜」では、二俣城を守備して武田勢と戦い、某年8月12日にこの地で卒したとしている。
[[三河国|三河]]の[[内藤氏]]は[[藤原秀郷]]または[[藤原道長]]の末裔を称する[[内藤氏]]の一派であると自称するが、具体的な事跡が明らかになるのは清長の父の義清の代からである。清長は[[松平清康]]、[[松平広忠]]に仕え、戦において甥の正成ら一族と共に活躍し、特に弓の名手として知られ、織田勢が上野城を攻めた際に、彼は数十人の織田勢をを射殺する戦功を立てた。しかし、広忠の長子で彼の義理の孫に当たる[[徳川家康|松平家康]]の代に、[[三河一向一揆]]との戦いにおいて[[本多正信|本多弥八郎]](正信)らと共に主家から離反し、主君と戦った。戦乱が鎮まると彼は蟄居を命ぜられて、間もなく没した。
 
子は[[内藤家長]]。また[[内藤信成]]の養父である。
一方、清長が晩年になって生まれた嫡子の家長は三河一向一揆戦において家康方に滞まり、また家康の義理の叔父に当たったために、家康の手計らいで内藤氏の家名は存続した。[[江戸幕府]]の成立後には内藤氏は[[譜代]]の大名となった。また、「[[寛政重修諸家譜]]」によると、
特に知られ
清長の息女が主君・広忠の落胤であった信成を産んだとされ、彼が自分の外孫の信成を養子として、教育を施したといわれている。この信成は後に叔父の家長に内藤氏の家督を譲り渡し、新たに「[[松平内藤氏]]」を興している。この系統は江戸期に譜代、または[[親藩|準々親藩]]の大名として存続している。
 
{{people-stub}}
 
[[Category:内藤氏|きよなか]]
匿名利用者