「若きライン川上流に」の版間の差分

編集の要約なし
'''[[リヒテンシュタイン]]の[[国歌]]'''の名は、'''若きラインの河畔川上流'''([[ドイツ語]]:<em lang="de">Oben am jungen Rhein</em>)。
 
作詞者に関しては公式文書が残されていないが、伝承によると、リヒテンシュタインの南西部の町バルツァースに1852年から1856年まで[[神父]]として赴任していたドイツ人、ヤコブ・ヤウホが[[1850年]]に作詞したものと言われている。元々は、5番まであったが、[[1963年]]に議会の決議において2番までとされ、現在の形になった。表題にある「若き」とは、[[スイス]]からリヒテンシュタイン、[[オーストリア]]、[[ドイツ]]、[[オランダ]]を経て[[北海]]へと注ぐ[[ライン川]]の流れを人生にたとえた表現で、リヒテンシュタインの辺りがライン川の「上流」にあたることを意味すると共に、リヒテンシュタインが将来に向けてさらに発展していくことを示唆している。
匿名利用者