「賈充」の版間の差分

当初、賈充は李婉(魏の李豊の娘)を娶っていたが、李豊が謀反の罪で司馬師に殺害されると、郭槐(郭配の娘。郭配は[[郭淮]]の弟)を後妻に迎えた。李氏が死去すると、李氏の娘は父との合葬を願い出たが、賈南風が許さなかったため、賈南風の死後にようやく合葬することができた。また、李氏は『女訓』を著した。
 
賈充には男子がおらず、彼の死後本来ならその血統は断絶するところであったが、妻の郭槐が強く願い出た事もあり、特例として娘の賈午の息子である外孫の[[賈謐|韓謐]]を、後継者として迎え入れる事が迎え入れら許された<ref>『晋書』巻40「充遂無胤嗣。及薨,槐輒以外孫韓謐爲黎民子,奉充後。」</ref>。
 
賈南風は司馬炎の没後、司馬衷(恵帝)の皇后となったが、権力闘争を繰り広げた結果、西晋を衰退させ([[八王の乱]])、最後は[[司馬倫]](趙王)から自害に追い込まれ、賈一族も皆殺しとなった。