「緑の政治」の版間の差分

編集の要約なし
m (style)
編集の要約なし
「[[新しい社会運動]]」が主な源流になっていることもあり、既存の保守派・右翼(右派)か進歩派(革新派)・左翼(左派)か、という軸で分類されること自体に消極的な場合が多い。しかし、[[新左翼]]や[[アナキズム|アナキスト]]からの参加者が多く見られたこともあり、[[中道左派]]から左翼の一形態として捉えられることが多い。
 
ただし、もう一つの流れとして、[[緑の保守主義]]が存在する。実際、[[同盟90/緑の党|ドイツの緑の党]]は、初期に多くの保守派を含んでいた。保守の思想に依拠する[[環境運動|環境保護運動]]の源流は、[[ナチス・ドイツ]]にまでさかのぼる([[エコファシズム]])。
 
みどりの政治の支持者には、草創期のドイツの緑の党における有力メンバーの一人で芸術家の[[ヨーゼフ・ボイス]]が[[人智学]]に強い関心を持っていたなど
* [[現代]]の[[文明]]や[[消費社会]]への批判
* [[物質主義]]からの脱却や[[サブカルチャー]]・[[カウンターカルチャー]]への関心([[学問]]の分類で言えば[[カルチュラル・スタディーズ]]に近似)
* [[エコロジー]]や[[先住民]]の保護などの文脈から[[代替医療]]や[[スピリチュアリティ]](主にアメリカで言えば[[ニューエイジ]])などへの関心
を強く志向する人々が多く含まれる<ref>ただし、いわゆる「スピリチュアル・グリーン」に批判的な、みどりの政治の支持者も存在する。</ref>こともあり、[[無神論]]的ないし[[近代]][[合理主義]]的な[[共産主義]]、特に[[マルクス・レーニン主義]]に対しては、[[国家]]観や[[民主主義|民主政治]]観などで一線を画するものと考えられている。
 
みどりの政治は、[[民主社会主義]]・[[社会民主主義]]と関心が一致する場合が多く、しばしば[[連立政権]]を組む事例([[赤緑連合]]。1998年から2005年の[[ドイツ]]における[[ドイツ社会民主党]]・[[同盟90/緑の党]]連立政権など)も見られるが、[[反戦運動]]の流れを汲むこともあり、国家との関係において[[軍事]]や[[国家主義]]に対して否定的な傾向を有する。このため、国家の介入による公平を重視し、[[軍事力]]についても必ずしも否定的でない民主社会主義・社会民主主義の勢力とは、[[安全保障]]をめぐって対立する場合も見られる。さらに中道左派~左派政党は[[労働組合]]を支持母体としていることが多く、とりわけ[[重化学工業]]や[[電力会社]]の[[産業別労働組合]]からは雇用安定の立場から環境問題解決案に抵抗を示されることも少なくない<ref>[https://www.jil.go.jp/kokunai/topics/mm/20090909b.html CO2排出削減目標に懸念の声/基幹労連定期大会]独立行政法人労働政策研究・研修機構2009年9月9日付</ref><ref>[https://www.sankei.com/politics/news/170218/plt1702180006-n1.html 電力総連など労組、民進に「2030年原発ゼロ」再考を申し入れ][[産経新聞]]2017年2月18日付</ref>。
 
== 脚注 ==