「羞恥心」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
成人になると、性的な場面や社会的な業績、成果といったものにとりわけ関係するようになる。しかしながら慣れ、[[高齢化]]、[[認知症]]の進行等に関係して薄れてくることもある。例えば明らかにルールに違反している[[裏金]]を、常態化することで恥ずかしいとも思わずに処理したり、または[[羞恥プレイ]]のような特殊な性癖に転化して、明らかに社会のルールに違反する行為などは、羞恥心の希薄化を発生させる。
 
==起源==
[[集団]]への[[所属欲求]]である。所属欲求は、時としてその集団に属さない者から、理解しがたい羞恥の基準を生み出す。[[ルーズソックス]]を着用しなければ羞恥を感じる女子高校生、[[半ズボン]]を着用したら羞恥を感じる小学生男子は、自己の所属する集団の特殊な羞恥基準に囚われていると言える。
 
==関連項目==
824

回編集