「ウァレリアヌス」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
ウァレリアヌスは軍人皇帝時代に即位した他の皇帝とは違い、[[ガイウス・ユリウス・カエサル]]や[[グナエウス・ポンペイウス]]と共に[[第一回三頭政治]]を行なった[[マルクス・リキニウス・クラッスス]]と同じリキニウス氏族に属する、由緒ある[[元老院 (ローマ)|元老院]]議員の一族の出自と言われているが確証は無い。ウァレリアヌスの前半生もはっきりとしないが、エグナティア・マリニアナ([[:en:Mariniana|en]])と結婚して、2人の息子を儲けた。すなわち、後のローマ皇帝[[ガッリエヌス|プブリウス・リキニウス・エグナティウス・ガッリエヌス]]と[[小ウァレリアヌス|ウァレリアヌス・ミノル]]である。
 
[[238年]]の[[ローマ内戦 (238年)|ローマ内戦]]中には、当時の六皇帝のひとり[[ゴルディアヌス1世]]によって、ウァレリアヌスは[[プリンケプス・セナトゥス]]に選出された。当時の皇帝[[ゴルディアヌス1世]]はウァレリアヌスを通じて、元老院と交渉したとわかっている。[[244年]]に[[シャープール1世]]との[[ミシケの戦い]]で、ゴルディアヌス1世の孫[[ゴルディアヌス3世]]が死去すると(ピリップスのクーデターともいわれる)、[[ピリップス・アラブス]]が軍中で皇帝宣言を行った。[[249年]]にピリップスがデキウスに殺された。[[251年]]、皇帝[[デキウス]]の時代に[[ケンソル]](監察官)に選出、また、[[ライン川]]沿岸の[[ノリクム]]および[[ラエティア]]両属州の総督に任じられた。デキウスが[[アブリットゥスの戦い]]で戦死した後も、引き続いて総督職を維持したが、デキウスの後継皇帝の[[トレボニアヌス・ガッルス]]に対して[[マルクス・アエミリウス・アエミリアヌス]]が反乱を起こして、トレボニアヌス・ガッルスおよびその共同皇帝[[ガイウス・ウィビウス・ウォルシアヌス]]が殺害されると、アエミリウスを追討するため、軍を率いて南下。その後、アエミリウスが自軍内の兵士に殺害されると、[[253年]]にウァレリアヌスはローマ皇帝となった
 
[[244年]]に[[シャープール1世]]との[[ミシケの戦い]]で、ゴルディアヌス1世の孫[[ゴルディアヌス3世]]が死去すると(ピリップスのクーデターともいわれる)、[[ピリップス・アラブス]]が軍中で皇帝宣言を行った。
 
[[249年]]にピリップスがデキウスに殺された。
 
[[251年]]、皇帝[[デキウス]]の時代に[[ケンソル]](監察官)に選出、また、[[ライン川]]沿岸の[[ノリクム]]および[[ラエティア]]両属州の総督に任じられた。
 
デキウスが[[アブリットゥスの戦い]]で戦死した後も、引き続いて総督職を維持したが、デキウスの後継皇帝の[[トレボニアヌス・ガッルス]]に対して[[マルクス・アエミリウス・アエミリアヌス]]が反乱を起こして、トレボニアヌス・ガッルスおよびその共同皇帝[[ガイウス・ウィビウス・ウォルシアヌス]]が殺害されると、アエミリウスを追討するため、軍を率いて南下。その後、アエミリウスが自軍内の兵士に殺害されると、[[253年]]にウァレリアヌスはローマ皇帝となった。
 
皇帝となったウァレリアヌスは息子ガッリエヌスを共同皇帝としてローマ帝国の西半分を任せ、自らはペルシア([[サーサーン朝]])とのリメスに面した帝国の東半分を受け持った。