「ビージャール」の版間の差分

編集の要約なし
(en:Bijar (city)(11:02, 23 April 2022‎)の一部分の翻訳)
タグ: 曖昧さ回避ページへのリンク
 
編集の要約なし
 
{{Infobox settlement
'''ビージャール'''({{lang-fa|بیجار}}; {{lang-ku|بیجاڕ|translit=Bîcar}})<ref>{{cite news |title=قائیمقام و ئەنجوومەنی شاری بیجاڕ رێککەوتن دژایەتی یەکدی نەکەن |url=https://www.rudaw.net/sorani/middleeast/iran/121220161?keyword=&isArchive=True |access-date=18 March 2020 |work=Rûdaw |date=13 December 2016}}</ref><ref>{{cite news |title=Kurd hunera xwe arzan difroşin |url=https://yeniozgurpolitika.net/kurd-hunera-xwe-arzan-difrothin/ |access-date=18 March 2020 |work=Yeni Özgür Politika |date=23 April 2014}}</ref>とは、[[イラン]]の[[コルデスターン州]][[ビージャール郡]]の[[都市]]で、郡中央市である。2011年の調査では、人口47,926人、14,970世帯。<ref>{{IranCensus2006|12}}</ref>
| official_name = ビージャール
| native_name = بيجار
| settlement_type = 市(シャフル)
|image_skyline =Modern Bidjar rug.jpg
| imagesize = 250
| image_caption = ビージャール産の絨毯
| image_flag =
| mapsize = 150px
| pushpin_map = Iran
| coordinates = {{coord|35|52|22|N|47|36|10|E|region:IR|display=inline,title}}
| subdivision_type = 国
| subdivision_name = {{flag|Iran}}
| subdivision_type1 = [[イランの州|州]]
| subdivision_type2 = [[イランの郡の一覧|郡]]
| subdivision_type3 =
| subdivision_name1 = [[コルデスターン州]]
| subdivision_name2 = [[ビージャール郡]]
| subdivision_name3 =
| established_title =
| established_date =
| leader_title =
| leader_name =
| area_footnotes =
| area_total_km2 =
| elevation_m =
| population_urban = 50,014<ref>[https://www.amar.org.ir/english Statistical Center of Iran > Home]</ref>
| population_metro =
| population_est =
| population_est_as_of =
| population_as_of = 2016年
| population_density_km2 = auto
| area_code =
| website =
| footnotes =
| timezone = [[イラン標準時|IRST]]
| utc_offset = +3:30
| timezone_DST = [[イラン夏標準時|IRDT]]
| utc_offset_DST = +4:30
}}
 
'''ビージャール'''({{lang-fa|بیجار}}; {{lang-ku|بیجاڕ|translit=Bîcar}})<ref>{{cite news |title=قائیمقام و ئەنجوومەنی شاری بیجاڕ رێککەوتن دژایەتی یەکدی نەکەن |url=https://www.rudaw.net/sorani/middleeast/iran/121220161?keyword=&isArchive=True |access-date=18 March 2020 |work=Rûdaw |date=13 December 2016}}</ref><ref>{{cite news |title=Kurd hunera xwe arzan difroşin |url=https://yeniozgurpolitika.net/kurd-hunera-xwe-arzan-difrothin/ |access-date=18 March 2020 |work=Yeni Özgür Politika |date=23 April 2014}}</ref>とは、[[イラン]]の[[コルデスターン州]]の[[都市]]で、[[ビージャール郡]]の[[都市]]で、郡中央市であに定められている。20112016当時調査では、人口47は50,926014、14,970世帯<ref>{{IranCensus2006|12}}</ref>
標高1,940mに存在するビージャールは、イランの屋根と呼ばれている。<ref name="Toiran">{{cite web|title=Bijar|url=http://www.toiran.com/en/city-bijar|access-date=8 October 2017|website=Toiran}}</ref>
 
標高1,940mに存在するビージャールは標高1,940mの地点に位置し、イランの屋根と呼ばれている。<ref name="Toiran">{{cite web|title=Bijar|url=http://www.toiran.com/en/city-bijar|access-date=8 October 2017|website=Toiran}}</ref>
 
== 人口統計 ==
町には主に[[南部クルド語]]を話す[[クルド人]]が住んでいるが、クルド語の方言である[[ソラニー]]も話されている。<ref>{{Cite web|title=Language distribution: Bijar|url=http://iranatlas.net/index.html?module=module.language-distribution.kordestan#eyJ0IjoieCIsImkiOiIyYzg5NmZiZWU2ZmNiZTNmNWQ3ODZkNGNjNzEyNDZjZCIsInMiOjE1OTc0ODcwNzUyODl9|url-status=live|access-date=15 August 2020|publisher=Iran Atlas|archive-url=https://web.archive.org/web/20171204171130/http://iranatlas.net/index.html?module=module.language-distribution.kordestan |archive-date=2017-12-04 }}</ref>
町には主に[[南部クルド語]]を話す[[クルド人]]が住んでいるが、かなりの少数派が[[ソラニー]]を話す。
<ref>{{Cite web|title=Language distribution: Bijar|url=http://iranatlas.net/index.html?module=module.language-distribution.kordestan#eyJ0IjoieCIsImkiOiIyYzg5NmZiZWU2ZmNiZTNmNWQ3ODZkNGNjNzEyNDZjZCIsInMiOjE1OTc0ODcwNzUyODl9|url-status=live|access-date=15 August 2020|publisher=Iran Atlas|archive-url=https://web.archive.org/web/20171204171130/http://iranatlas.net/index.html?module=module.language-distribution.kordestan |archive-date=2017-12-04 }}</ref>
 
{{bar box|title=ビージャールの住民の言語の構成割合|width=400px|titlebar=#ddd|left1=言語|right1=割合|float=|bars={{bar percent|[[南部クルド語]]|blue|90}}
{{bar percent|[[ソラニー]]|gold|7.9}}
{{bar percent|[[New Persianペルシア語]]|orange|2}}
{{bar percent|[[アラム語]]|gray|0.1}}}}
 
 
== 歴史 ==
ビージャールの名前が最初に資料に現れたのは15世紀であり、[[サファヴィー朝]]の最初の支配者君主である[[イスマーイール1世]]に属が支配する村として、15世紀に初めて町に言及記録された。ビージャールは19世紀に町になった。第一次世界大戦時に[[ロシア]]、[[イギリス]]、[[オスマン]]帝国に包囲・占領され、1918年の飢饉の援助もあり、戦前の人口20,000人を半減させたている。<ref name="ir">{{cite web|title=Bijar|url=http://www.iranicaonline.org/articles/bijar-a-town-and-a-sahrestan-county-in-the-kurdistan-province-of-iran|website=Encyclopædia Iranica|access-date=8 October 2017}}</ref>
 
19世紀にビージャールの規模は発展し、[[第一次世界大戦]]前には約20,000人の住民が生活していた。しかし、第一次世界大戦時に[[ロシア]]、[[イギリス]]、[[オスマン]]帝国に町は包囲・占領され、続く飢饉によって人口は半減した。<ref name="ir"/>
 
== 産業 ==
ビージャールは[[ペルシア絨毯]]の主要な生産地の一つとして知られている。ビージャールの絨毯は耐久性に優れていることで知られ、ヘラーティ(菱形)、メダリオン、花の文様があしらわれている。<ref>{{Cite web |url=https://www.carpetencyclopedia.com/styles-origin/persian-carpets/bidjar |title=Bidjar |accessdate=2022-05}}</ref>絨毯はビージャールとその周囲の村落で作られており、工場の生産に依らない家内工業が営まれている。<ref name="ir"/>
 
== 建築 ==
Qam Cheqayの歴史的な城塞(ビージャールの北東45km)45kmに存在するガム・チョガは、おそらく[[メディア王国]]時代に遡り、ると思われるコルデスターン州で最も古い城塞の遺跡である。城はり、[[サーサーン朝]]時代まで使用され、コルデスターンの古代建築の一例になっている
 
ビージャールの東45kmのHasan Abad(ヤースーキャンド)に位置する、もう一つの歴史的建築物Emamzadeh Aqilは、現存する[[セルジューク朝]]時代の建築の一つである。崩落したドームを持つこ備える、縦6m、横6.5mの方形の建物(6*6.5)には、[[クーフィー体]]の文字で書かれた[[クルアーン]]が収められている。
 
13世紀のモンゴルのイラン侵入中に、[[チンギス・ハン]]は町の近くに城を建設した。<ref name="Toiran" />これは、現在はビージャール[[サナンダジュ]]を結ぶ街の途上には墟になっている。城があり、<ref>{{cite web|title=Changiz Castle|url=http://www.tellmeaboutiran.com/index.php/en/provinces/west/kurdistan/bijar/changiz-castle|website=Tell Me About Iran|access-date=8 October 2017|archive-url=https://web.archive.org/web/20171009043706/http://www.tellmeaboutiran.com/index.php/en/provinces/west/kurdistan/bijar/changiz-castle|archive-date=9 October 2017|url-status=dead}}</ref>[[13世紀]]に[[モンゴル帝国]]がイランに侵入した際に建てられたため、「チンギス城」と呼ばれている。<ref name="Toiran" />
 
独特のデザインのビージャール外観で知られる屋根付き[[バザール]]は、町の魅力の一つである。[[ガージャール朝]]期に建てられた屋根付きのバザールは、コルデスターンの州都サナダジュの古いサファヴィー朝時代のバザールよりも、は施設であかに新しいビジャールのバザールは主要な南北を通る屋根付きの通路、東部分(Timcheh-e Haj Shahbaz)、西部分(Timcheh-e Amir Toman)で構成される。より古いサファヴィー朝時代に建設されたバザールも存在していたが、第一次世界大戦期に焼失した。<ref name="Toiran" />
 
== 脚注 ==