「変身忍者 嵐」の版間の差分

江戸時代、日本征服を目論む忍者集団'''血車党'''が、化身忍者を率いて活動を開始した。化身忍者の秘法を編み出した父を血車党に殺害された青年'''ハヤテ'''は、自らも肉体を改造し、'''変身忍者嵐'''として血車党に立ち向かう。
 
『[[仮面ライダー]]』のヒットを受け製作された、変身ヒーローに[[時代劇]]の要素を加えた作品。また一部のファンの間では原作者と製作会社が一緒の為か”時代劇版仮面ライダー”とも呼ばれている。しかし裏番組に『[[ウルトラマンA]]』があったために視聴率的には苦戦し、てこ入れとして嵐が光線技を使用したり、敵が化身忍者から西洋妖怪に変更されるなど、当初の路線とはやや離れる結果となった。ゲストには当時現役だった[[高見山大五郎|高見山]](現・[[高見山大五郎|東関親方]])、[[ファイティング原田]]、[[沢村忠]]が出演した。更にヒロインを演じた林寛子は後に[[テレビ朝日]]制作、[[ネットチェンジ|腸捻転解消]]後ではあるが、同じANN系列・石ノ森原作のドラマ『[[がんばれ!レッドビッキーズ]]』に主演している。<!--皮肉にも制作局の毎日放送はのちに腸捻転解消でTBS系になり1996年~99年、2001年~02年にウルトラシリーズを制作することになる-->
 
=== 漫画版 ===
匿名利用者