「公儀介錯人」の版間の差分

link
(架空の役職で実在しません)
(link)
 
[[子連れ狼]]の世界には、以下のような大名・諸藩統制のための役職があり、互いに牽制しあっていた。いずれも原作者・小池一夫の設定による架空の役職である。
*各藩に潜入して大名廃絶・改易の理由を探り出す、「お庭番」の別名がある「公儀探索人」([[黒鍬一族]]
*不穏な動きのある大名など幕政の邪魔になる要人を、剣客や「[[ (子連れ狼)|草]]」を用いて暗殺する「公儀刺客人」([[表柳生・裏柳生|柳生一族]]
*廃絶を命じた大名の切腹に当たり介錯をする、対要人の死刑執行役である「公儀介錯人」(拝一族)
 
匿名利用者