「ビーア・カルロフ・ドーニア」の版間の差分

More used with only one reference definition: 1 new reference and 1 new reference call.
m (Botによる: {{Normdaten}}を追加)
(More used with only one reference definition: 1 new reference and 1 new reference call.)
 
元は[[農民]]の父と[[貴族]]の母の間に生まれた農民であった。[[ゲオルク (ザクセン公)|ザクセン公ゲオルク]]が内乱(※1)を抑える為に置いた悪名高い傭兵隊「[[ランツクネヒト]]Black Band」連隊により、1515年に妻を無残に殺害され村を焼かれたことから貴族や仲間たちと共に反乱軍を結成した。
 
街を完全に破壊し火を放ち、略奪を行い、住民を虐殺し、船上のオランダ人達を海に投げ落とし「オランダ人の十字架(Kruis der Hollanders)」と言われるほどに暴れまわったが、[[ハプスブルク家]]の攻勢は止まらなかった。1519年に体調不良を起こし、Wierd Jelckamaに部隊の指揮を引き継ぎ引退した<ref name="#1">Kok, Jacobus (1791). "Pier Gerlofs Donia". Vaderlandsch Woordenboek. 24 (P–R). Amsterdam: Johannes Allart. pp. 17–21.</ref>。
 
1520年10月28日、ビーアは[[フリースラント]]のスネーク市Grootzand 12のベッドで亡くなった。<ref>Fries Scheepvaart Museum, Object number 1992-257</ref><ref>Kalma, J.J. (1970). (ed.) de Tille, ed. Grote Pier Van Kimswerd. Netherlands. p. 50. ISBN 90-70010-13-5.</ref>マティーニ教会に埋葬され、その墓は教会の北側に存在する<ref>Geldersche Volks-Almanak Published 1853</ref><ref>Kok, Jacobus (1791). name="Pier Gerlofs Donia#1". Vaderlandsch Woordenboek. 24 (P–R). Amsterdam: Johannes Allart. pp. 17–21.</ref>。息子のGerloffは子供を作らず亡くなったが、娘のWobbleは結婚し子孫を残している。
 
=== 脚注 ===