「放蕩」の版間の差分

More used with only one reference definition: 2 new references and 2 new reference calls.
(More used with only one reference definition: 2 new references and 2 new reference calls.)
 
'''放蕩'''(ほうとう)とは、自分の思うままに振る舞うこと<ref name="#1">広辞苑第五版p.2438【放蕩】</ref><ref name="#2">大辞泉</ref>。やるべきことをやらず、[[飲酒]]や[[遊び]]にうつつをぬかすこと。
 
== 概説 ==
放蕩とは自分の思うままに振る舞うことであり、やるべきことをやらず自分のやりたい放題にして、家の[[財産]]などを蕩尽すること(使い尽くしていくこと)である。特に、[[酒]]にふけったり、女遊びにふけることを指すことが多い<ref>広辞苑第五版p.2438【放蕩】< name="#1"/ref><ref>大辞泉< name="#2"/ref>。
 
放蕩を繰り返す人は「放蕩者」「放蕩息子」「放蕩児」などと呼ばれている。