「古公亶父」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
'''古公亶父'''(ここうたんぽ)は[[周王朝]]初代[[武王 (周)|武王]]の曽祖父。[[姓]]は'''姫(き)'''。先祖の[[后稷]]、公劉<ref> の業を納め、国人から慕われた。古公ともよばれる。詩経では大王。
異民族の侵略から逃れるために一族を連れて彼の一族が治めていたとされる漆、ショ(サンズイ偏に且)という川のほとりにあった、豳(ヒン)の地から[[岐山]]の麓に逃れたとされる。
 
 
古公亶父の死後、季歴が後を継いだ。
 
<ref name=[[后稷]]の業を継いだ人。彼の息子の代に豳に定住した。>
 
[[Category:中国史の人物|ここうたんぽ]]
96

回編集