「共産主義革命」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
{{共産主義}}
'''共産主義革命'''(きょうさんしゅぎかくめい communist revolution)とは共産主義・社会主義者が中心となって国民を扇動し、それまでの[[保守]]的な体制を倒すことを意味する。その手段は平和的・民主的な手法から暴力的・破壊的な方法まで様々である。現在の日本では[[日本共産党]]や[[社会民主党]]が平和的かつ民主的な革命を目指しているが国内の[[左翼団体]]の中には未だ暴力的革命を信奉しているグループもある。
'''共産主義革命'''(きょうさんしゅぎかくめい communist revolution)
 
==現状== -->
<!-- 定義が必要
==由来==
マルクス・エンゲルスが『共産主義者宣言』でその必然性をうたったことによる。
==歴史==
1871年の革命以来、ロシア革命、中国共産党革命、キューバ革命などがある
==現状== -->
1989年(平成元年)の[[ドイツ再統一|東西ドイツ統一]]、また旧[[ソビエト連邦]]の崩壊後、[[カール・マルクス]]及び[[ウラジーミル・レーニン|レーニン]]に始まった[[共産主義]]の歴史は一応の終息を見、[[資本主義]]の完全勝利はいよいよ時間の問題とされるようになった。それを[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の政治経済学者[[フランシス・フクヤマ]]は「[[歴史の終わり]]」と称し、批評している。