「喜びの琴事件」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
[[1963年]]1月、[[芥川比呂志]]、[[岸田今日子]]、[[小池朝雄]]、[[神山繁]]、[[加藤治子]]ら、有望な中堅俳優が集団で脱退し、[[福田恆存]]と組んで現代演劇協会附属・[[劇団雲]]を創立したのは、文学座にとって大きな痛手であった。そんな中、[[1964年]]正月公演用の戯曲が三島に委嘱され、「喜びの琴」が提供された。
 
「喜びの琴」は、[[言論統制法]]を[[内閣]]が制定しようとしている時代を背景にしており、[[反共]]思想を固く信じる若い[[公安]]巡査を主人公にした、政治色の強い作品であった。劇中に起こる「[[上越線]]転覆事件」は「[[松川事件]]」を連想させる内容であり、同年9月に「松川事件」の首謀者とされた国労関係者20名の無罪が確定したばかりであった。
 
1963年11月、文学座内での話し合いの末、上映中止が決定されると三島は文学座を退座し、直後に[[朝日新聞]]紙上にて、評論「文学座の諸君への公開状~『喜びの琴』の上演拒否について」を発表、事件の顛末を書くとともに痛烈な内容でしめくくった。
匿名利用者