「インレー」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
=== 金属 ===
[[File:MO inlay of 3.jpg|thumb|right|金のインレー]]
[[金属]]のインレーは広く使われている。強度は高く割れにくいが、長期的には変形を起こし、歯との間に隙間が生まれ、[[2次カリエス]](虫歯の再発)の可能性がある。[[銀色]]([[金]]合金では[[金色]])で、審美性が悪い。銀色のものを俗に'''銀歯'''、金色のものを俗に'''金歯'''と言われることが多い。18Kや20Kで用いられる金歯は、金ならではのしなやかさがあり、隙間が生まれにくいほか、他の歯を痛めることも少ない。金合金以外は、長期的には[[錆|錆び]]て溶出し、[[金属アレルギー]]を起こすことがある。[[熱伝導性]]が高く、熱いまたは冷たい飲食物に対し過敏になることがある。世界的には銀歯を使用することは減ってきているが日本では未だに銀歯を用いることが多い。なお、金歯は世界的にみてもよく使われ、セラミックなどをもってしても今だ金を越える材料はない。
;[[アマルガム]]
:詳細は[[アマルガム修復]]を参照。1980年代までは盛んに使われたが、現在では安全性のためにあまり使われない。日本の公的保険適用からも外された。海外では、安価な治療法としてよく使われる。
:金属アレルギーが起きやすいため、あまり使われない。日本の公的保険適用。
;金合金
:生体親和性が高く安全性が高く、しなやかな材質で適合性が非常に高い。辺縁封鎖性が良く、2次虫歯のリスクが低い。そのため、歯科医師などの多くは、金合金で治療することが多い。世界的にもよく使われる
 
=== 白色の材料 ===
65

回編集