「水路業務法」の版間の差分

編集の要約なし
(Reverted 2 edits by 126.208.143.247 (talk): LTA:HEATHROW (TwinkleGlobal))
タグ: 取り消し
{{Law}}
{{日本の法令
| 題名 = 水路業務法
| 通称 = なし
| 番号 = 昭和25年4月17日法律第102号
| 効力 = 現行法
| 種類 = 行政手続法
|内容=水路測量によって海上交通の安全確保
| 内容 =
| 関連 = [[測量法]]
|リンク= [https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=325AC0000000102 e-Gov法令検索]
| リンク =
| 公布 = 昭和25年4月17日
}}
 
この'''水路業務法'''(すいろぎょうむほう、昭和25年4月17日法律第102号)は、[[水路測量]]の成果その他の[[海洋]]に関する科学的基礎資料を整備し、もつて海空交通の安全の確保に寄与するとともに、国際間における[[水路]]に関する情報の交換に資することを目的とする<ref name=":0">{{Egov law|id=325AC0000000102}}</ref>した[[日本]]の[[法律]]
'''水路業務法'''(すいろぎょうむほう)は、1950年4月17日に[[公布]]された[[日本]]の[[法律]]<ref>{{Cite web |title=日本法令索引 |url=https://hourei.ndl.go.jp/#/detail?lawId=0000042432&searchDiv=1&current=1 |website=hourei.ndl.go.jp |access-date=2022-07-18}}</ref>。昭和25年法律第102号。
 
== 概要構成 ==
* 第1章 - 総則(第1条~第5条)
この法律は、[[水路測量]]の成果その他の[[海洋]]に関する科学的基礎資料を整備し、もつて海空交通の安全の確保に寄与するとともに、国際間における[[水路]]に関する情報の交換に資することを目的とする<ref name=":0">{{Egov law|id=325AC0000000102}}</ref>。
* 第2章 - 水路測量及び海象観測の実施等(第6条~第20条)
* 第3章 - 水路測量及び海象観測の成果(第21条~第25条)
* 第4章 - 水路に関する業務の受託(第26条)
* 第5章 - 削除
* 第6章 - 罰則(第28条~第30条)
* 附則
 
|== 外部リンク = =
この法律において「水路測量」とは、[[水域]]の[[測量]]及びこれに伴う[[土地]]の測量並びにその成果を[[航海]]に利用させるための[[地磁気]]の測量をいう<ref name=":0" />。
* [https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=325AC0000000102&openerCode=1 水路業務法]e-Gov法令検索
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 外部リンク ==
* {{Egov law|id=325AC0000000102}}
{{Law-stub}}
{{DEFAULTSORT:すいろきようむほう}}
[[Category:日本の法律]]