「針葉樹林」の版間の差分

編集の要約なし
m (「実際に目にする針葉樹林はほとんどが人工林」なのは日本での事例。タイガは自然林。日本POVも甚だしいが、私は毛が生えた程度ではないので編集で対応。)
編集の要約なし
 
日本で極相として針葉樹林があるのは、以下のような所である。
*山岳地帯の[[亜高山帯針葉樹林]]
 
 
*[[照葉樹林]]帯では[[モミ]]、[[ツガ]]などの針葉樹が混じるが、これらが多いところでは、外からは針葉樹林のように見える。特に、モミ林はまとまった面積を占めることがあり、これを暖帯と温帯の間に位置すると見なし、中間温帯と称することがある。森林を構成する種の組成としては、照葉樹林である。
 
743

回編集