「インレー」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
;[[アマルガム]]
:詳細は[[アマルガム修復]]を参照。1980年代までは盛んに使われたが、現在では安全性のためにあまり使われない。日本の公的保険適用からも外された。海外では、安価な治療法としてよく使われる
;金[[銀]][[パラジウム]]合金
:アマルガムに代わって広く使われるようになった。通称「金パラ」。日本の公的保険適用。いわゆる銀歯である。従来から、歯科金属アレルギーは、パラジウムが一因であるとされてきた<ref>{{Cite web |title=歯科金属アレルギーにおけるアレルギー抗原の発現機構を解明 |url=https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2021/12/press20211227-01-mhc.html |website=東北大学 -TOHOKU UNIVERSITY- |access-date=2022-08-05 |language=ja}}</ref>。また、銀歯は銀イオンを発生させて歯を黒くする特徴もある<ref>{{Cite web |title=「国民皆歯科健診」議連の中心・山田宏議員が本誌に語っていた“虫歯治療後進国”日本「銀歯は外国人にびっくりされる!」(SmartFLASH) |url=https://news.yahoo.co.jp/articles/0076cfb71cb47e22e994853400272e4df9ee8d76 |website=Yahoo!ニュース |access-date=2022-08-05 |language=ja}}</ref>。
:アマルガムに代わって広く使われるようになった。通称「金パラ」。日本の公的保険適用。いわゆる銀歯である。
;[[ニッケル]][[クロム]]合金
:金属アレルギーが起きやすいため、あまり使われない。日本の公的保険適用。
 
* 水銀中毒
 
== 外部リンク ==
 
* [https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2021/12/press20211227-01-mhc.html 歯科金属アレルギーにおけるアレルギー抗原の発現機構を解明] - 東北大学プレスリリース(2021年12月27日)
{{Commonscat}}
{{補綴}}