「マルガレーテ・フォン・エスターライヒ (1346-1366)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
 
マインハルト3世の死から8か月後の[[1364年]]2月、マルガレーテは[[ボヘミア王]][[ヨハン・フォン・ルクセンブルク]]の息子[[モラヴィア辺境伯領|モラヴィア辺境伯]][[ヨハン・ハインリヒ・フォン・ルクセンブルク|ヨハン・ハインリヒ]]と再婚した。ヨハン・ハインリヒはマルガレーテの最初の夫の母チロル女伯マルガレーテの最初の夫であったが、虚弱で無能を理由に結婚を解消された。ただし、その後を考慮すると、これらの理由は不当なものであったといえる。ヨハン・ハインリヒにとって、マルガレーテは3番目の妃であった(最初がチロル女伯マルガレーテ、2番目がマルガレーテ・フォン・ラーティボーア)。この結婚でも子供は生まれなかった。
 
マルガレーテは[[1366年]][[11月14日]]に20歳で死去した。再婚から3年経っていなかった。[[ブルノ]]の{{仮リンク|聖トマス教会 (ブルノ)|label=聖トマス教会|en|Church of St. Thomas (Brno)}}に埋葬され、後に2度目の夫ヨハン・ハインリヒもここに埋葬された。
 
== 参考文献 ==
 
{{DEFAULTSORT:まるかれて}}
[[Category:オーストリア公アルブレヒト2世 (オーストリア公)の子女]]
[[Category:ハプスブルク家]]
[[Category:14世紀オーストリアの女性]]
[[Category:14世紀ドイツの女性]]
[[Category:チェコの貴族]]
[[Category:チロルの人物]]
[[Category:1346年生]]
[[Category:1366年没]]