「子貢」の版間の差分

m
編集の要約なし
(孔子との関係を加筆)
m編集の要約なし
'''子貢'''(しこう)は[[孔子]]の弟子にして、[[孔門十哲]]の一人。本名は'''端木賜'''(たんぼくし)。姓が端木、名は賜、[[字]]が子貢。[[衛]]の人。弁舌に優れ衛、[[魯]]でその外交手腕を発揮する。また、[[司馬遷]]の『[[史記]]』ではによれば子貢は魯や斉の宰相を歴任したともされる。さらに「貨殖列伝」にその名を連ねるほど商才に恵まれ、孔子門下で最も富んだ。孔子死後の弟子たちの実質的な取りまとめ役を担った。
 
== 子貢の弁舌 ==
すると子貢は「人は誰でも皆天が高いことを知っておりますが、では天の高さはどのようなものか、と聞かれたら皆知らないと答えるでしょう。わたしは仲尼の賢さを知っておりますが、その賢さがどのようなものであるのかは知らないのです」と孔子の偉大さを天の高さになぞらえて答えた。
 
また、[[史記]]の記述によれば、[[魯]]を救うために[[越 (春秋)|越]]、[[呉 (春秋)|呉]]、[[斉 (春秋)|斉]]、[[晋 (春秋)|晋]]に使いし後の縦横家顔負けの弁舌をふるって魯を救い、呉を滅ぼし、越を覇者たらしめ、斉と晋を守ったとされる。
== 孔子との関係 ==
 
96

回編集