「パスタサ県」の版間の差分

m
編集の要約なし
(パスタサ川)
m編集の要約なし
 
|official_name = パスタサ県
|other_name =
|native_name = {{Lang|es|Provincia de Pastaza}}
|nickname =
|settlement_type = [[エクアドルの行政区画|]]
|total_type =
|motto = 新しい県、新しい地平線
<!-- Smaller parts (e.g. boroughs of a city) and seat of government -->
|seat_type = 県都
|seat = [[プーヨ (エクアドルパスタサ県)|プーヨ]]
|parts_type = [[エクアドルの郡|郡]]
|parts_style = coll
|population_density_blank1_sq_mi =
<!-- General information --------------->
|timezone1 = [[エクアドルの標準|ECT]]
|utc_offset1 = -5
|coor_pinpoint =<!-- can be used to specify exactly where/what the coordinates refer to -->
|area_code_type =
|area_code =
|iso_code = EC-Y
|blank_name_sec1 =
|blank_info_sec1 =
'''パスタサ県'''(パスタサけん、Provincia de Pastaza)は、東部アマゾン地帯に位置する[[エクアドル]]東部の[[エクアドルの行政区画|県]]。人口は83,933人(2010年現在)。県都は[[プーヨ (パスタサ県)|プーヨ]]で、1899年5月12日に設立。この市には現在、舗装道路が開通しており、最近発展している。[[バーニョス]]から州への道は、[[パスタサ川]]に沿っている。
 
== 概要 ==
パスタサ川は西から県へ流れており、周囲が平坦になるに伴ってうねりながらアマゾン川の支流であるナポへと注ぐ。パスタサの自然な産物には、バナナ、グレープフルーツ、タバコ、ココア、コーヒーがある。茶は、いくつかの英国の会社によって首尾良く栽培されており、80年代中頃には、この会社のうちの1つが、イギリス王室のマーガレット王女によって訪問を受け、名誉となった。
 
県内の植物は、絶対的に壮大である。数カ所の地方公園は、無数のランをこの土地からこれらの公園へ入れることにより、開発されており、公園の入場料は比較的安くなっている。年間で雨期がほとんどを占めており、雨のうちの大多数は午後遅くであるが、一日中降ることもある。北アメリカと比べると雨は暖かい。
 
パスタサ県は、エクアドル国内で最大の県であり、生物が多様である。
パスタサ県は、エクアドル国内で最大の県であり、生物が多様である。パスタサ県の北にはナポ県、オレリャナ県、南にはモロナ・サンティアゴ県、東にはペルー、西にはトゥングラワ県、モロナ・サンティアゴ県がある。県内には約62,110人の住民がいる。パスタサ県内には、SHUAR(シュワル族)、KICHWA(キチュワ族)、SHIWIAR(シウィアル族)、ACHUAR(アチュアル族)、ANDOA(アンドア族)、ZAPARA(サパラ族)、WAORANI(ワオラニ族)と、計7の先住民族が暮らしている。
 
パスタサ県は、エクアドル国内で最大の県であり、生物が多様である。パスタサ県の北にはナポ県、オレリャナ県、南にはモロナ・サンティアゴ県、東にはペルー、西にはトゥングラワ県、モロナ・サンティアゴ県がある。県内には約62,110人の住民がいる。パスタサ県内には、SHUAR(シュワル族)、KICHWA(キチュワ族)、SHIWIAR(シウィアル族)、ACHUAR(アチュアル族)、ANDOA(アンドア族)、ZAPARA(サパラ族)、WAORANI(ワオラニ族)と、計7の先住民族が暮らしている。
 
== 隣接する県 ==
パスタサ県の北には[[ナポ県]]、[[オレリャナ県]]、南には[[モロナ・サンティアゴ県]]、東にはペルー([[ロレート県]])、西には[[トゥングラワ県]]、モロナ・サンティアゴ県がある。
 
== 郡 ==