「ロクリスのティマイオス」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
 
* プラトンが、先行する対話篇『[[ソピステス|ソピステース (ソフィスト)]]』『[[政治家 (対話篇)|ポリティコス (政治家)]]』で、後期の新しい概念・思想を、従来のソクラテスではなく、「エレアからの客人」という新しい人物に語らせている。
== 『ティマイオス』・『クリティアス』での記述 ==
プラトンの『ティマイオス』、『クリティアス』によると、ティマイオスは[[アテナイ]]の[[パンアテナイア祭]](7月頃)の最中に、[[シラクサ|シュラクサイ]]の政治家[[ヘルモクラテス]]、アテナイの[[哲学者]][[ソクラテス]]らと共に、アテナイの名門の出の[[クリティアス (プラトンの祖父)|クリティアス]]の客人として招待されている。
 
ティマイオスは[[ロクリス]](ゼピュリオンのロクリス)の重要な地位の人物で、財産・家柄ともに優れ、数学・天文学を初めとする自然科学にも精通していると[[ソクラテス]]によって讃えられている。また『ティマイオス』の作中で、[[パルメニデス]]、[[ピュタゴラス学派]]、[[エンペドクレス]]といったイタリア半島系の哲学思想と、プラトンの[[イデア論]]などを折衷・統合した宇宙論を展開しており、作品の題名になるほど主要な役割を果たしている。