「ユヴァル・ネーマン」の版間の差分

m
編集の要約なし
(interwiki)
m
'''ユヴァル・ネーマン'''(Yuval(יובל נאמן Yuval Ne'eman,[[1925年]][[5月14日]] - [[2006年]][[4月26日]])は[[イスラエル]]の[[物理学者]]、後にイスラエルの科学大臣、エネルギー省大臣などを務めた。[[マレー・ゲルマン]]と同時期に、[[クオーク]]模型の考えを発表した一人である。
 
[[テルアビブ]]に生まれた。[[テクニオン工科大学]]を卒業した後、軍人になった。[[ロンドン]]の駐在武官となった後、キングスカレッジの研究生として[[アブドゥス・サラム]]のもとで物理学を学んだ。[[1962年]]にマレー・ゲルマンとは独立して[[ハドロン]]が3種類の粒子からなるモデルを提案した。アメリカなどで研究する一方、[[1965年]]から[[テルアビブ大学大学の]]に物理学部を設立し学部長になった。[[1975年]]からテルアビブ大学の学長、[[1982年]]から科学大臣、エネルギー省大臣などを務めた。
 
[[category:イスラエルの人物|ねえまん ゆうある]]
[[category:イスラエルの物理学者|ねえまん ゆうある]]
[[category:ユダヤ人|ねえまん ゆうある]]
{{生没年|ねえまん ゆうある|1925年|2006年}}
 
5,880

回編集