「VDM」の版間の差分

m
+: uk
(en)
m (+: uk)
その仕様記述言語[[VDM-SL]]は[[1996年]]に[[ISO]]標準(ISO_IEC_13817-1)となっている。VDM-SLをオブジェクト指向拡張したVDM++も、[[欧州連合]]ESPRIT計画のAFRODITEプロジェクトで開発された。
 
[[en:Vienna Development Method]]
{{stub}}
 
[[en:Vienna_Development_Method]]
[[uk:Віденський_метод_розробки]]
62,338

回編集