「エポキシド」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''エポキシド'''は三員環の[[エーテル]]であるオキサシクロプロパンを構造式中に持つ化合物の総称で、最も単純なものは[[エポキシエタン]]である。反応性に富み、極性を持った化合物と付加反応を起こす。そのため、様々な化合物を作るための材料として実験室や工場で用いられている。例えばエポキシドに水を酸触媒で付加するとvic-[[アルコール (化学)|アルコール]]ができる他、第一級のグリニャール試薬と反応させて物質を酸に通すと増炭して新たな第一級のアルコールができる。
15,265

回編集