「鉄鍋のジャン!」の版間の差分

[[中華料理|中華]][[調理師|料理人]]である少年・秋山醤が本作の主人公。料理にケチを付けるために店に訪れた料理評論家を彼が料理の味を以て論破したり、彼の下へ挑戦しに訪れる料理人達を相手に料理勝負を繰り広げたりする。若手の中華料理人同士の大会が開催されるパートでは、主人公もこれに参加し、トーナメント方式で他の料理人達を相手にバトルを繰り広げる。
 
この点では他の並み居る料理漫画作品群と然程変わり映えはしないが、本作ならではの大きな特徴・読者の間で特に話題になる点として、「極悪非道な人格を持つ」「悪役顔のキャラクター」が主人公を務めているという点が挙げられる。その主人公と敵対するサブキャラクター達も、彼に負けず劣らずの悪役顔ばかりが揃っている。力強く、勢いがある西条の絵柄も、登場人物達の極悪非道ぶりを説得力あるものにしている。また、作中に登場する食材やその料理法も、実際に作ってみて美味いかどうかはさて置いてのインパクトを重視したものが多い。そして、本作に登場する女性キャラクターはその殆どが[[巨乳|巨乳・爆乳]]に描かれており、レギュラーキャラクター・ゲストキャラクター問わずサービスカットが多いことでも有名。以上の点から、他の料理漫画にはない、独特の雰囲気を醸し出した怪作に仕上がっている。料理漫画ではお約束になっている「料理勝負は後に出したほうが必ず勝つ法則」は、この作品では必ずしも当てはまらない。(料理対決の戦術として、あえて「先に」食べさせ描写もある)なお、若手料理人を対象とした大会が開催されるパートは、本作の連載当時に巷でブームになった[[フジテレビジョン|フジテレビ]]のテレビ番組『[[料理の鉄人]]』の影響を強く受けている。
 
週刊少年チャンピオン2006年50号(2006年11月9日発売)より、本作の続編『[[鉄鍋のジャン!R頂上作戦]]』の連載が開始された。
匿名利用者