「仮種皮」の版間の差分

編集の要約なし
(誤解を与える表記を修正 仮種皮≠果肉質)
'''仮種皮'''(かしゅひ)とは[[種子]]の表面をおおっている付属物。種衣とも呼ばれる。花の[[珠柄]](しゅへい)または[[胎座]](たいざ)が発達して[[種子]]の外側を覆い種皮のようにみえる構造。
 
一般的な植物の[[果肉]]は[[子房]]壁に由来する[[果皮]]が成長多肉化形成されるが、仮種皮を果肉として発達させる[[果実]]も存在する。例として[[イチイ]]、[[ドリアン]]、[[リュウガン]]、[[ザクロ]]、[[アキー]]がある。<!-- 生物学的にはこれらの仮種皮からなる実は[[果実]]ではなく'''偽果'''(ぎか)と呼ばれる。偽果とは果皮が果実に発達する「真果」に対して、果皮以外の部分が果実に発展した物の総称である。←仮種皮が果肉を構成しても、子房組織由来ですので偽果ではありません。子房以外の部分が果実の構成に加わって、初めて偽果となります。 -->
 
[[image:TXbaccata.jpg|thumb|left|250px|ヨーロッパ[[イチイ]]の種子は果肉質の'''仮種皮'''(赤い部分)に包まれている。]]