「エクリチュール」の版間の差分

==哲学用語==
 
[[パロール]](話し言葉)に対して用いられる、哲学用語の一つ。現代に入ってエクリチュールとパロールの二項対立とその差異に注目したのはフランス現代思想家の[[ジャック・デリダ]]である。よって哲学思想においてエクリチュールと呼ぶときは、まず西欧社会に潜んでいた[[パロール]]本位主義に潜んでいた倒錯を暴くための、アンチテーゼのシステムが問題なる。それは脱構築のための最初の手立った。(詳細は「[[脱構築]]」を参照)
 
しかし、同じフランスの思想家、例えば[[モーリス・ブランショ]]においては、本質的に死を含む言語活動として、また[[ロラン・バルト]]においては快楽の知的媒介として機能している。エクリチュールは話し言葉に対して、書き言葉の特質に注目したさいに用いられるタームなのである。したがって、その思想家の数だけ、その意義が存在すると言っても過言ではないため、留意が必要である。
563

回編集