「漢字直接入力」の版間の差分

いづれの方法でも、数打鍵の組合せに対しては、1つの文字のみが対応する。(G-codeでしたね^^;)
(D-codeはG-codeの誤りでは?)
(いづれの方法でも、数打鍵の組合せに対しては、1つの文字のみが対応する。(G-codeでしたね^^;))
[[仮名漢字変換]]では、人間がキーボードなどから入力した読みをコンピュータが解析して漢字仮名混じり文に変換しているが、漢字直接入力では使う漢字(平仮名、片仮名、記号なども含む)を人間の側で直接指定する。よって、誤変換(人間の意に反した入力)は起こり得ず、習熟者は画面を全く見ずに入力することもできるようになるが、入力者が知らない漢字は入力することができない。しかし、それは手書きならば当り前のことであり、知らない漢字まで出せてしまう方がおかしい、という意見もある。
 
漢字直接入力は、文字を指定する方法により、以下のように分けられる。いづれの方法でも、数打鍵の組合せに対しては、1つの文字のみが対応する。
*2~4打鍵の組合せにより指定するもの([[T-code]]、[[TUT-code]]、[[G-code]]、[[超絶技巧入力]]など)
*文字の読みにより指定するもの([[風 (日本語入力システム)|風]]および互換FEP)
131,366

回編集