「元気爆発ガンバルガー」の版間の差分

→‎大魔界: セリフの中に書くのは無粋かと。必要なら別に書くべきでは?
(→‎大魔界: セリフの中に書くのは無粋かと。必要なら別に書くべきでは?)
*ヤミノリウスIII世(闇野響史):[[曽我部和恭]]
:エルドランによって封印されているゴクアークが、自分の代理として人間界に送り込んだ魔導士。魔導士ではあるが、彼も魔界獣の一種。普段は青空小学校理科準備室の骨格標本に潜んでいる。活動する時は理科室の備品を取り込んで実体化。時にジャーナリストの闇野響史やバスガイドの闇野りう子に変身して活動。ゴクアークがガンバーチームに敗れた後、意識体を取り込み、超魔界獣を生み出す力も手に入れた。
:一時的に記憶喪失に陥った際、闇野の姿で虎太郎達の担任「立花亜衣子」に助けを求めるが、この際に彼女から思いを寄せられるようになる。亜衣子に改心するようしつこく迫られながらも魔王への忠誠心は変わらず、三大魔王の復活にも成功した。しかし絶対的な魔王の力に屈せず、犬にされてもなお戦おうとする3人の姿を間近で見、さらに魔王たちが地球を破壊しようとするに至ってついに三大魔王と訣別(本来の目的が大魔界へ変える事であって、地球破壊ではなかったため)。「'''私は、いい人などではない。だが…! この地球を壊させはしない!<!--(劇中屈指の名セリフと評するファンも多い)-->'''」と言い放った彼は魔王の力に一度は倒れるも、藤兵衛と共にガンバーチームに協力。最終決戦を影で支える大きな力となった。
:戦い終わって二度と姿を現さないと約束していずこかへ去った彼だが、最終回のEDでウェディングドレスを眺める亜衣子の背後には、人間・闇野響史の姿があった。
 
775

回編集