「シャシ (自動車)」の版間の差分

内容の整理
(内容の整理)
[[自動車]]における'''シャシ'''(''chassis'')は、自動車の車体(ボディ)を除くすべての機構を指す。シャーシ、シャシーとも表記される。
 
== 概要 ==
シャシという用語は、[[フレーム]]に[[エンジン]]([[内燃機関]])、[[トランスミッション]]、[[ドライブシャフト]]、[[ディファレンシャル]](差動装置)、[[サスペンション]](懸架装置)など一連の[[駆動装置]]を組み込んだものをいう。漢字では車台(しゃだい)と表記される。
 
ボディ(車体、ボデー)(英語では[[コーチワーク]]([[:en:coachwork|coachwork]])ともいわれる)は構造の点からはまったく必要のないもので、単にシャーシ上に乗っているだけのものである。トラックなどの商用車を製造する業者は、シャーシのみ、運転席とシャーシのみ、のといった車両を出荷している。これにより、別途特別仕様のボディ(車体)[[架装]]できる。この例として、[[キャンピングカー]]、[[消防自動車]]、[[救急車]]などがあげられる。
 
== 構成 ==
* 動力発生装置(パワーユニット)……ガソリンエンジン・ディーゼルエンジンなど
シャシは、ガソリン・エンジン、ディーゼル・エンジンなどの「動力発生装置(パワーユニット)」、エンジンが発生させた動力を車輪に伝える「伝動装置(ドライブトレイン)」、それ以外を「走行装置(ランニング・システム)」という。走行装置には、車台を支える[[フレーム形式 (自動車)|フレーム]]、[[タイヤ]]、[[車輪|ホイール]]、自動車の進行方向を変えるための「かじ取り装置([[ステアリング|ステアリング・システム]])」、走行中、速度を制限したり、車を止めたり、坂道でも動かないようにするための「制動装置([[ブレーキ|ブレーキ・システム]])」、
* 伝動装置(ドライブトレイン)……エンジンが発生させた動力を車輪に伝える
その他、計器類、[[ヘッドライト]](灯火類)、[[方向指示器]]や[[ブレーキ警告灯]]などの表示灯、[[ホーン]](警音器)などで構成される。
* 走行装置(ランニング・システム)
 
** [[フレーム形式 (自動車)|フレーム]]
*動力発生装置(パワーユニット)
** [[タイヤ]]
*伝動装置(ドライブトレイン)
** [[車輪|ホイール]]
*走行装置(ランニング・システム)
** かじ取り装置([[ステアリング|ステアリング・システム]])
**[[フレーム形式 (自動車)|フレーム]]
** 制動装置([[ブレーキ|ブレーキ・システム]])
**[[タイヤ]]
* その他
**[[車輪|ホイール]]
** 計器類
**かじ取り装置([[ステアリング|ステアリング・システム]])
** [[ヘッドライト]]
**制動装置([[ブレーキ|ブレーキ・システム]])
** [[方向指示器]]
*その他、計器類、[[ヘッドライト]]、[[方向指示器]]や[[ブレーキ警告灯]]、[[ホーン]]など
** [[ホーン]]
 
など
==歴史的な発展過程==
 
==自動車での使用状況==
現在では乗用車の多くは[[モノコック構造]]を使用し、フレームを使用している乗用車は数少なくなってきている。
 
フレーム構造は[[トラック]]等重量物を扱うものでは主流であり、[[ピックアップトラック]]やそれをベースとした[[SUV]]では現在でも使用されている。
 
== 自動車での使用状況 ==
現在では乗用車の多くは[[モノコック|モノコック構造]]を使用しており、フレームを使用している乗用車は数少なくなってきている。
フレーム構造はただし、[[トラック]]などの重量物を扱うもの自動車ではフレーム構造が主流であり、[[ピックアップトラック]]やそれをベースとした[[SUV]]では現在でも使用されている。
フレーム構造ではないSUV、つまり、モノコック構造の乗用車をベースに作られたSUVは[[クロスオーバー車]]、[[CUV]]、[[XUV]]などとよばれるようになっている。
 
== 関連項目 ==
* [[プラットフォーム (自動車)]]
* [[フレーム形式 (自動車)]]
 
{{car-stub}}
2,456

回編集